396件中 11 - 20件表示
  • 土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界

    土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界から見た永六輔永六輔

    『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』(どようワイドラジオトーキョー えいろくすけそのしんせかい)は、TBSラジオで毎週土曜午前8:30 - 13:00に放送されていた、永六輔がパーソナリティのラジオ番組である。本稿では歴代土曜ワイドの概要についても記載するが、初代の『永六輔の土曜ワイドラジオTokyo』以外は各番組個別記事でも詳述している。新聞のラテ欄においては『永六輔の土曜ワイド』と書かれていた。土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界 フレッシュアイペディアより)

  • 徹子の部屋

    徹子の部屋から見た永六輔永六輔

    1978年から2013年まで約36年間、年内最後の放送はすべてタモリであった(その他に1977年8月11日放送分に出ており、出演回数は39回(特番2回を含む。加山雄三(44回)に次いで、同じく39回の永六輔と同率で2位)。タモリが当番組にゲストとして出演する際には、今ではテレビでほとんど見られなくなった何らかの「密室芸」の披露をしていたが、1980年代の放送では、「マヨネーズ石狩鍋」や「たくあんを洗った水で作ったクリームソーダ」、「チョコレートしゃぶしゃぶ」、「あんこ鍋」など、通常では考えられないゲテモノ料理を2人で作って食べるのが恒例となっていた。徹子の部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た永六輔永六輔

    2015年11月3日、腸閉塞の疑いで入院。13日にいったん退院した後、27日に再び入院、30日に開腹手術を受けた。軽い腸閉塞で、がんの転移もなく、手術は成功した。12月9日に退院。21日放送のTBSラジオ『六輔七転八倒九十分』へのゲスト出演が予定されていたが、リンパ節除去手術の影響で声がかすれることから出演を見送った。その後、2016年2月4日放送分の『徹子の部屋』に永六輔とともにゲスト出演している。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 久米宏

    久米宏から見た永六輔永六輔

    1990年4月 - TBSラジオの特別番組『大沢悠里のそれ行け!ラジオ天国』に出演。パーソナリティの大沢悠里、永六輔とラジオをテーマに鼎談を行う。久米宏 フレッシュアイペディアより)

  • 井上頌一

    井上頌一から見た永六輔永六輔

    早稲田大学第一文学部に在学中の1966年、永六輔が放送作家養成のための私塾「ニコニコ堂」を開くことを大学の新聞で知り応募。WAHAHA本舗を主宰する喰始や脚本家の松原敏春、現在TBSの『サンデーモーニング』を構成する平松邦宏とは、このときの同門。井上頌一 フレッシュアイペディアより)

  • 青のレクイエム (元ちとせの曲)

    青のレクイエム (元ちとせの曲)から見た永六輔永六輔

    表題曲は2006年の日本映画「初恋」の主題歌。また、本人が出演するパイオニアのピュアビジョンのTVCF曲としても流れている。カップリング曲は永六輔・中村八大の「遠くへ行きたい」をカバーしたもの。青のレクイエム (元ちとせの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 宵々山コンサート

    宵々山コンサートから見た永六輔永六輔

    「高石ともや & ザ・ナターシャー・セブン」のマネージャー・プロデューサーの榊原詩朗、高石ともや、永六輔の3人が、京都の祇園祭の前日を「宵山(よいやま)」と言うことに因み、さらにその前日の7月15日を「宵々山(よいよいやま)」と呼ぶことを提案し、コンサートを企画した。場所は京都の円山公園音楽堂。宵々山コンサート フレッシュアイペディアより)

  • 若い季節 (映画)

    若い季節 (映画)から見た永六輔永六輔

    作詞:永六輔、小野田勇、岩谷時子、青島幸男若い季節 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 革新自由連合

    革新自由連合から見た永六輔永六輔

    革新自由連合(かくしんじゆうれんごう)とは、1977年の第11回参院選を前に、永六輔、田原総一朗など、非自民・護憲の「革新」的な知識人・文化人・タレントが結成した政党。略称「革自連」(かくじれん)。革新自由連合 フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷ジァン・ジァン

    渋谷ジァン・ジァンから見た永六輔永六輔

    渋谷ジァンジァンでは、中村伸郎の一人芝居『授業』(イヨネスコの不条理劇で11年間上演された)、シェイクスピア・シアター(出口典雄主催、演出。1970年代当時は画期的だったジーンズなど現代服姿の若手俳優によるシェイクスピア連続上演)、淡谷のり子や美輪明宏、高橋竹山などのライブ、永六輔のトークなど、断続的公演ながら長期にわたっての人気を得たプログラムが多数あった。イッセー尾形の一人芝居も、このジァン・ジァンで始められたものである。人気のあるプログラムでは、開場の数時間前から地下に続く階段に座り込んで待ち、座席を確保しようとする客も少なくなかった。渋谷ジァン・ジァン フレッシュアイペディアより)

396件中 11 - 20件表示

「永六輔」のニューストピックワード