286件中 11 - 20件表示
  • 黒い花びら

    黒い花びらから見た永六輔永六輔

    水原弘のデビューシングルにして代表曲のひとつであり、また第1回日本レコード大賞の受賞作品としても知られる。作詞は永六輔、作曲は中村八大による。黒い花びら フレッシュアイペディアより)

  • サヨナラ東京

    サヨナラ東京から見た永六輔永六輔

    A面の「サヨナラ東京」とB面の「君が好き」の二曲とも、永六輔が作詞し、中村八大の作曲によるもので、坂本九の数々の曲を手がけた黄金コンビの作品でもある。坂本は「サヨナラ東京」で1964年の第15回NHK紅白歌合戦に出場している。サヨナラ東京 フレッシュアイペディアより)

  • 見上げてごらん夜の星を

    見上げてごらん夜の星をから見た永六輔永六輔

    夜間高校生たちのさまざまな青春像がテーマ。音楽はいずみたくで、本作がミュージカル処女作。台本・演出は自身もボランティアとして江東区の定時制高校に通った永六輔。当時音楽鑑賞団体の舞台監督であった永が、日本ではなじみの薄いミュージカルを広めようと、いずみに企画を持ちかけた。初演当時は集団就職時代で、全国から上京した若者たちは働きながらも向学心に燃える者が少なくなかった。定時制高校に通う坂本と昼間部の生徒ユミコは、教室の机を通じた文通をきっかけに交流してゆく。物語はそのような定時制高校生の生活を描き、普通高校へのコンプレックスを感じ、苦労をしながらも学べる喜びと楽しさが表現されている。テーマソング『見上げてごらん夜の星を』が坂本九の歌でヒットし、全国の高校演劇部で上演回数がもっとも多くなるなど、ミュージカルのスタンダード的存在になった。見上げてごらん夜の星を フレッシュアイペディアより)

  • 宵々山コンサート

    宵々山コンサートから見た永六輔永六輔

    「高石ともや & ザ・ナターシャー・セブン」のマネージャー・プロデューサーの榊原詩朗、高石ともや、永六輔の3人が、京都の祇園祭の前日を「宵山(よいやま)」と言うことに因み、さらにその前日の7月15日を「宵々山(よいよいやま)」と呼ぶことを提案し、コンサートを企画した。場所は京都の円山公園音楽堂。宵々山コンサート フレッシュアイペディアより)

  • ばらえてい テレビファソラシド

    ばらえてい テレビファソラシドから見た永六輔永六輔

    永六輔が久々に出演したバラエティで、音楽バラエティショーの先駆けとなったNHK『夢であいましょう』の演出を担当した末盛憲彦が手掛けた。永は民放初の冠ラジオ番組『誰かとどこかで』(TBSラジオ)がスタートした1967年以降はテレビよりもラジオに活動の重点を置いており、テレビ出演には距離を置いていたが、『夢であいましょう』の頃から信頼関係のある末盛と番組を制作できるのならということで出演を許諾。1978年12月27日に年末特別番組として放送された。ばらえてい テレビファソラシド フレッシュアイペディアより)

  • 革新自由連合

    革新自由連合から見た永六輔永六輔

    革新自由連合(かくしんじゆうれんごう)とは、1977年の第11回参院選を前に、永六輔、田原総一朗など、非自民・護憲の「革新」的な知識人・文化人・タレントが結成した政党。略称「革自連」(かくじれん)。革新自由連合 フレッシュアイペディアより)

  • オオタスセリ

    オオタスセリから見た永六輔永六輔

    その後、オオタが永六輔の番組に出演した際にこの曲を流したところ、番組や彼女のブログにはリスナーから多くの反響が寄せられ、自ら作ったCD-R1000枚があっという間に完売する事態になり、ビクターよりメジャー流通で発売する事となった。オオタスセリ フレッシュアイペディアより)

  • 青のレクイエム (元ちとせの曲)

    青のレクイエム (元ちとせの曲)から見た永六輔永六輔

    表題曲は2006年の日本映画「初恋」の主題歌。また、本人が出演するパイオニアのピュアビジョンのTVCF曲としても流れている。カップリング曲は永六輔・中村八大の「遠くへ行きたい」をカバーしたもの。青のレクイエム (元ちとせの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 季節の栖

    季節の栖から見た永六輔永六輔

    さだが作詞家、人間として尊敬している永六輔との合作。季節の栖 フレッシュアイペディアより)

  • 喰 始

    喰始から見た永六輔永六輔

    日本大学芸術学部在学中に永六輔主宰の作家集団に所属し、テレビ番組『ゲバゲバ90分』で放送作家デビュー。以降、バラエティー番組の制作に携わる。喰始 フレッシュアイペディアより)

286件中 11 - 20件表示