286件中 21 - 30件表示
  • 週刊金曜日

    週刊金曜日から見た永六輔永六輔

    2006年11月19日、日比谷公会堂で教育基本法改正反対などを訴える集会「ちょっと待った! 教育基本法改悪 共謀罪 憲法改悪 緊急市民集会」を主催する。参加者は本多勝一、佐高信、永六輔、中山千夏、矢崎泰久、石倉直樹(劇団「他言無用」団員)。なお筑紫哲也、姜尚中も参加予定であったが、欠席している。週刊金曜日 フレッシュアイペディアより)

  • 井上頌一

    井上頌一から見た永六輔永六輔

    早稲田大学第一文学部に在学中の1966年、永六輔が放送作家養成のための私塾「ニコニコ堂」を開くことを大学の新聞で知り応募。WAHAHA本舗を主宰する喰始や早世した脚本家の松原敏春、現在TBSの『サンデーモーニング』を構成する平松邦宏とは、このときの同門。井上頌一 フレッシュアイペディアより)

  • パックインミュージック

    パックインミュージックから見た永六輔永六輔

    1969,04?1971,09?永六輔/中川久美パックインミュージック フレッシュアイペディアより)

  • 野坂昭如

    野坂昭如から見た永六輔永六輔

    1970年代には大学の学園祭の人気ゲストであり、女子大で四文字言葉を連発するなど挑発的なステージであった。その模様は大森一樹監督の自主映画『暗くなるまで待てない!』(1975年)にも収録されている。永六輔・小沢昭一と「中年御三家」を名乗り、1974年には日本武道館でコンサートをするなど不定期で舞台に立った。クレイジーケンバンドのライヴにもゲスト出演し共演を果たしている。その様子はライヴ盤『CKBライヴ 青山246深夜族の夜 ~ Special Guest 野坂昭如』にも収録されている。野坂昭如 フレッシュアイペディアより)

  • ガレッジセール

    ガレッジセールから見た永六輔永六輔

    全国区進出のきっかけの一つである『笑っていいとも!』(以降:「いいとも!」)は、1999年10月から火曜日にプリンプリンとやるせなすとガレッジセールの3組が、3週に1度の交代で出演(3組中1組だけが出演)。2000年9月でやるせなすが降板。2002年の3月までプリンプリンと隔週レギュラーとして出演。2002年の4月からは単独で木曜日レギュラーとなる。その後月曜日へと移り、2007年2月19日の「いいとも!」で同じ月曜日のレギュラーである劇団ひとりが春一番のものまねをスベり(=ウケなかった)、番組終了後のトークで再現した際、「永六輔じゃねえかよ!!!!」とツッコミを入れた。結果として、吉本興業にとって、先輩芸人はもちろんのこと、本社首脳でさえ口を憚るほど扱いづらい存在である永の名前を出した事となった。この模様は同年2月25日の『笑っていいとも!増刊号』にて放送された。当番組には2009年9月まで10年間のレギュラー出演で、吉本芸人の中で準レギュラーの期間も含めると最長記録であった。ガレッジセール フレッシュアイペディアより)

  • デューク・エイセス

    デューク・エイセスから見た永六輔永六輔

    作詞永六輔作曲いずみたくによる1966年 - 1969年にかけて4集にわたり東芝音楽工業より発表されたアルバム。日本各地をデューク・エイセス フレッシュアイペディアより)

  • つボイノリオ

    つボイノリオから見た永六輔永六輔

    現在でこそ東海地方限定のような形で芸能活動を展開しているが、1970年代後半〜1990年代初頭にかけては、パーソナリティーとしての高い才能が買われ、東海地方のみならず関東(ニッポン放送など)、関西(KBS京都など)でもレギュラー番組を獲得し、それら担当番組も軒並み高い聴取率を得ていた。そのため、少なくとも現在30代以降の年代には全国的にもつボイの名は広く知れ渡っており、東海地区のみならず全国規模においてもラジオ界の大御所として位置づけられる人物である。ラジオの月刊誌などでは、頻繁に永六輔、吉田照美、大沢悠里ら東京キー局で人気ラジオ番組を長年受け持っている大御所と並んでつボイの紹介記事が掲載されていることからもそのことを窺い知ることができる。つボイノリオ フレッシュアイペディアより)

  • 題名のない音楽会

    題名のない音楽会から見た永六輔永六輔

    黛の死後は、永六輔を経て、『新〜』時代は俳優の武田鉄矢、そしてタイトルに『21』がついた2000年4月からは、ピアニスト・作曲家の羽田健太郎が司会を担当した(『〜21』時代のオープニング・エンディングのジングルは、羽田が作曲)が、2007年6月2日に羽田が逝去、これに伴い、2008年3月30日放送分までアシスタントの久保田直子アナウンサーと週変わりによるゲスト司会が代行した。題名のない音楽会 フレッシュアイペディアより)

  • トニー谷

    トニー谷から見た永六輔永六輔

    その数年後、渋谷駅で偶然に出くわした永六輔に声をかけたが、長年つけていたカツラがなかったため、永はわからなかったという。永は再度の「復活」に手を貸し、1986年6月25日には渋谷ジァンジァンにて「六輔七転八倒九百円十時」に出演。さらにはみのもんた司会のテレビ東京「爆笑おもしろ寄席」(生放送!おもしろ寄席の前身)にも出演、浅草演芸ホールの高座でそろばん芸を演じ、生中継された。東宝名人会以外の東京の寄席への数少ない出演でもあり、これが最後のテレビ出演であった。最後の舞台となったのは同年12月26日に渋谷ジァンジァンにて開催された「トニー谷ショー」である。トニー谷 フレッシュアイペディアより)

  • 見上げてごらん夜の星を (曲)

    見上げてごらん夜の星を (曲)から見た永六輔永六輔

    「見上げてごらん夜の星を」(みあげてごらんよるのほしを)は、日本の歌手坂本九の1963年のヒット曲。作詞永六輔、作曲いずみたく。原曲は1960年に初演された同名ミュージカルの劇中主題歌。日本レコード大賞作曲賞受賞。見上げてごらん夜の星を (曲) フレッシュアイペディアより)

286件中 21 - 30件表示

「永六輔」のニューストピックワード