396件中 21 - 30件表示
  • 見上げてごらん夜の星を

    見上げてごらん夜の星をから見た永六輔永六輔

    夜間高校生たちのさまざまな青春像がテーマ。音楽はいずみたくで、本作がミュージカル処女作。台本・演出は自身もボランティアとして江東区の定時制高校に通った永六輔。当時音楽鑑賞団体の舞台監督であった永が、日本ではなじみの薄いミュージカルを広めようと、いずみに企画を持ちかけた。初演当時は集団就職時代で、全国から上京した若者たちは働きながらも向学心に燃える者が少なくなかった。定時制高校に通う坂本と昼間部の生徒ユミコは、教室の机を通じた文通をきっかけに交流してゆく。物語はそのような定時制高校生の生活を描き、普通高校へのコンプレックスを感じ、苦労をしながらも学べる喜びと楽しさが表現されている。テーマソング「見上げてごらん夜の星を」が坂本九の歌でヒットし、全国の高校演劇部で上演回数がもっとも多くなるなど、ミュージカルのスタンダード的存在になった。見上げてごらん夜の星を フレッシュアイペディアより)

  • 女ひとり

    女ひとりから見た永六輔永六輔

    「女ひとり」(おんなひとり)は、永六輔作詞、いずみたく作曲、デューク・エイセスが歌ったご当地ソング。女ひとり フレッシュアイペディアより)

  • 季節の栖

    季節の栖から見た永六輔永六輔

    さだが作詞家として尊敬している永六輔との合作。季節の栖 フレッシュアイペディアより)

  • 黒い落葉/黄昏のビギン

    黒い落葉/黄昏のビギンから見た永六輔永六輔

    A面の「黒い落葉」は前作(「黒い花びら」)同様、作詞は永六輔、作曲は中村八大のコンビ。「黒い落葉」は水原弘の黒いシリーズの第二弾として制作された。黒い落葉/黄昏のビギン フレッシュアイペディアより)

  • かぜ耕士

    かぜ耕士から見た永六輔永六輔

    大学在学中の1967年、永六輔主催の創作集団「ニコニコ堂」に入所、筆名「かぜ耕士」(この時の仲間には喰始がいる)。大学卒業後の翌年1968年4月に作詞家としてデビュー。デビュー作はアイ・ジョージの曲『太陽よ永遠なれ』。尚この当時、『3時のあなた』(フジテレビ)、『走れ!歌謡曲』(文化放送)でアシスタントディレクターとして働いていたこともある。かぜ耕士 フレッシュアイペディアより)

  • いち・にの三太郎〜赤坂月曜宵の口

    いち・にの三太郎〜赤坂月曜宵の口から見た永六輔永六輔

    永六輔がパーソナリティを務めてきた『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』は2015年9月26日で終了。番組の体裁はそのままに、月曜夜に『六輔七転八倒九十分』を開始した。しかし、永が背中の痛みの治療と、その間に患った肺炎のため、2016年2月より番組を休むこととなり、6月27日を以って、永は番組を降板。『六輔七転八倒九十分』は終了した。いち・にの三太郎〜赤坂月曜宵の口 フレッシュアイペディアより)

  • 西田佐知子歌謡大全集

    西田佐知子歌謡大全集から見た永六輔永六輔

    作詞: 永六輔、作曲・編曲: 中村八大西田佐知子歌謡大全集 フレッシュアイペディアより)

  • 筑波山麓合唱団

    筑波山麓合唱団から見た永六輔永六輔

    「筑波山麓合唱団」(つくばさんろくがっしょうだん)は、永六輔作詞、いずみたく作曲、デューク・エイセスが歌ったご当地ソング。筑波山麓合唱団 フレッシュアイペディアより)

  • 石井聖子

    石井聖子から見た永六輔永六輔

    夢で逢いましょう with 石井聖子(作詞:永六輔、作曲:中村八大、編曲:鈴木和郎)石井聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 2×3が六輔

    2×3が六輔から見た永六輔永六輔

    2×3が六輔(にさんがろくすけ)は、1992年10月から1993年12月まで、永六輔の司会で日本テレビ系列で放映された、資生堂の1社単独提供による深夜バラエティ番組である。全60回。2×3が六輔 フレッシュアイペディアより)

396件中 21 - 30件表示

「永六輔」のニューストピックワード