396件中 31 - 40件表示
  • ウィークエンドショー

    ウィークエンドショーから見た永六輔永六輔

    当初は『MBSウィークエンドショー』というタイトルで関西ローカルで放送されていた。この番組は報道色を強く打ち出したため、「ニュースショー」的な内容となっていた。司会者はMBSのアナウンサー4人のグループ制を採っていた。同年11月からは「MBS」の冠を外し、4局ネットで放送されるようになった。この際に司会をグループ制からメイン司会者を据える方式に変更し、芥川隆行・永六輔・小島正雄夫妻・三木鮎郎が交代で司会を担当していた。一方で、『モーニングショー』司会者の木島則夫に匹敵する司会者の人選も行われていて、その過程でNHKアナウンサーの八木治郎が候補にあがり、交渉の結果八木はNHKを退職した上で1966年1月1日よりメイン司会者となった。ウィークエンドショー フレッシュアイペディアより)

  • 遠くへ行きたい (曲)

    遠くへ行きたい (曲)から見た永六輔永六輔

    「遠くへ行きたい」(とおくへいきたい)は、永六輔作詞、中村八大作曲の日本の歌謡曲。遠くへ行きたい (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 市川準の東京日常劇場

    市川準の東京日常劇場から見た永六輔永六輔

    『出戻り娘の父』:永六輔、杉田かおる市川準の東京日常劇場 フレッシュアイペディアより)

  • Sukiyaki and Other Japanese Hits

    Sukiyaki and Other Japanese Hitsから見た永六輔永六輔

    Sukiyaki and Other Japanese Hits (坂木九の唄う日本のヒット歌集)は、1963年、キャピトル・レコードにより発売された坂本九のベストアルバムである。同年5月に発売されたLP「九ちゃんの歌」と収録曲が似通っており、そのジャケットと同一のフォトセッションで撮影された別ショットの写真が使用されている。全米1位・全英6位の大ヒット「Sukiyaki(上を向いて歩こう)」のフォローアップとして発売され、アルバムもBillboard Top LPsで14位まで上昇するヒットとなった。永六輔作詞・中村八大作曲のコンビや青島幸男作詞の作品など、オリジナル曲が選曲の中心になっているが、ジミー・ジョーンズの日本語カバー「ステキなタイミング(Good Timin')」と、ドイツの俳優・が歌った「Der schwarze Joe aus Idaho」をアルマ・コーガンが英語でカバーした「グッドバイ・ジョー(Goodbye, Joe)」の日本語カバーも収録されている。Sukiyaki and Other Japanese Hits フレッシュアイペディアより)

  • フェニックス・ハネムーン

    フェニックス・ハネムーンから見た永六輔永六輔

    「フェニックス・ハネムーン」は、永六輔作詞、いずみたく作曲、デューク・エイセスが歌ったご当地ソング。フェニックス・ハネムーン フレッシュアイペディアより)

  • 喰 始

    喰始から見た永六輔永六輔

    日本大学芸術学部在学中に永六輔主宰の作家集団に所属し、テレビ番組『ゲバゲバ90分』で放送作家デビュー。以降、バラエティー番組の制作に携わる。喰始 フレッシュアイペディアより)

  • 永千絵

    永千絵から見た永六輔永六輔

    東京都渋谷区出身。成城大学文芸学部卒業。永六輔の長女。永麻理の姉。育之介の叔母。既婚で、夫と2男あり。永千絵 フレッシュアイペディアより)

  • 東京やなぎ句会

    東京やなぎ句会から見た永六輔永六輔

    1969年1月5日、東京都新宿区の鮨屋「銀八」で結成、メンバーは入船亭扇橋(宗匠、俳号は光石)、永六輔(俳号は並木橋)、小沢昭一(俳号は変哲)、江國滋(俳号は滋酔郎)、桂米朝(俳号は八十八)、大西信行(俳号は獏十)、柳家小三治(俳号は土茶)、矢野誠一(俳号は徳三郎)、三田純市(俳号は頓道)、永井啓夫(俳号は余沙)の10人。東京やなぎ句会 フレッシュアイペディアより)

  • デューク・エイセス

    デューク・エイセスから見た永六輔永六輔

    作詞を永六輔、作曲をいずみたくによる、1966年から1970年にかけて東芝音楽工業から発表された曲である。日本各地をデューク・エイセス フレッシュアイペディアより)

  • ミカド (オペレッタ)

    ミカド (オペレッタ)から見た永六輔永六輔

    秩父説の根拠としては、初演の前年に秩父事件が英国の新聞でも報道されていたこと、また、事件の前後にも秩父の名は絹製品の輸出で西ヨーロッパに知られていたことが挙げられる。今日秩父のローマ字表記はヘボン式のChichibuが一般的であるが、19世紀の日本では日本式ローマ字を用いたTitibuの綴りが一般的だった。これが転じてTitipuとなったとも見ることが出来る。秩父説の伝播には、日本では1987年(昭和62年)に刊行された猪瀬直樹の著書『ミカドの肖像』と永六輔のラジオ番組が一役買ったようである。ミカド (オペレッタ) フレッシュアイペディアより)

396件中 31 - 40件表示

「永六輔」のニューストピックワード