286件中 31 - 40件表示
  • 台東区

    台東区から見た永六輔永六輔

    伝統ある清島小学校と下谷小学校が合併して新設された小学校。校歌の歌詞は、在校生全員、保護者、地域住民の案を基に、各学級代表児童が指導者の永六輔と数回の対話集会を設けて創り上げた。台東区 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た永六輔永六輔

    落語は、同一の高座で同じネタを別人が続けて演ずることは絶対のご法度とされている。永六輔は、自身が主催するイベント「六輔その世界」で、毒蝮三太夫と小三治を呼んだ。両名に落語を演じてもらおうという企画である。毒蝮は落語界の人間ではないが、立川談志の古くからの盟友である。当日まで、毒蝮は盟友談志からの徹底的な指導を受け、当日のイベントで、湯屋番を演じた。後に続く小三治は、直前までネタを決めていなかったが、全く同じネタ(湯屋番)を演じはじめた。小三治も談志も同門(5代小さん門下)であり、文字として並べる限り内容はほとんど変わらない。しかし、聴衆には全く別の湯屋番として聞こえ、毒蝮よりもはるかに客をウケさせた。まったく同じ話なのにである。上述の通り、奇をてらったり客に媚びたりしたわけではなく、ただただ人物の造形を丁寧に描いただけであった。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 中山千夏

    中山千夏から見た永六輔永六輔

    また、2002年?2007年の間、連続講座「学校ごっこ」(定期講師陣は中山のほかに永六輔、矢崎泰久、小室等)を主催した。中山千夏 フレッシュアイペディアより)

  • マルセ太郎

    マルセ太郎から見た永六輔永六輔

    客席の後方に、独特の笑い声を上げる男性がいた。色川武大からマルセの話を聞いた永六輔である。永からは後日マルセのもとに「感激、ただ感激 六輔」とだけ書かれた絵はがきが届き、両者の交遊が始まる。永からのアドバイスをもとに「泥の河」を練り直して映画再現芸「スクリーンのない映画館」として舞台にかけることになる。「スクリーンのない映画館」の評判は口コミで広がり、渋谷ジァン・ジァンでの公演は毎回完売となった。マルセ太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 亜星

    小林亜星から見た永六輔永六輔

    日本音楽著作権協会の一部理事たちによる公金不正流用事件を機に、有志会員が小林亜星、永六輔、野坂昭如を中心に結束し、協会を監視是正するオンブズマン的団体J-scat(日本作詞作曲家協会)を組織した。この団体の活動資金を捻出するために、1996年の暮れから3人で世直しトリオとして「歌入りトークショー」を開始した。小林亜星 フレッシュアイペディアより)

  • 三波春夫

    三波春夫から見た永六輔永六輔

    1994年1月、体調を崩して訪れた東京都内の病院で前立腺癌と診断された。発見された時点では既に早期発見ではなく、娘・美夕紀が、三波と三波の妻・ゆきを前にして病名を告げた。しかし、三波はたじろぎもせずに「仕事をしながら病気と闘っていきましょう」と家族に語ったという。また、亡くなるまで家族以外には一切病名を隠し通した。がん宣告以後、三波は長編歌謡浪曲の集大成として制作していた2時間25分の組曲アルバム『平家物語』(1994年)を構想10年執筆6年という歳月をかけた上で無事完成させる。この「平家物語」で、第36回日本レコード大賞企画賞を受賞した。96年暮れには永六輔作詞の『明日咲くつぼみに』(1997年)を歌い、また富士山(「富士山」2000年発表・生前最後のシングル曲)をテーマにした曲を新潟出身のソングライターである新井満に依頼するなど、更なる新境地を切り開く積極的な音楽活動を続けて行っていった。がん宣告を受けた1994年、8月には東京・銀座の歌舞伎座にて芸道55周年記念のリサイタルも開催され、その年の仕事を無事に乗り切った三波は、闘病生活に自信を持った。手術は行わず投薬治療を選択し、最期まで苦しむこともなかったようである。いつもと変わらぬ笑顔でステージに立ち続けた三波であった。三波春夫 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本九

    坂本九から見た永六輔永六輔

    九を記念して、小惑星ナンバー6980の固有名はKyusakamotoと命名されている(「上を向いて歩こう」を作詞した永六輔、作曲した中村八大、歌手の坂本九の名前から、「六・八・九」が含まれる番号を選んで命名された。この3人は「六八九トリオ」と呼ばれることもある)。坂本九 フレッシュアイペディアより)

  • 大沢悠里のゆうゆうワイド

    大沢悠里のゆうゆうワイドから見た永六輔永六輔

    ジングル(TBSラジオではサウンドステッカーという)では、出演者が番組タイトルをメロディに乗せて歌うのがお約束となっている。レギュラー出演者はもちろん、フロート番組の出演者(毒蝮三太夫、小沢昭一、永六輔&遠藤泰子など)や、ゲスト出演者にも事前に歌ってもらう(ミュージシャンの場合は演奏もする場合がある)。その件を歌わずに言うだけのジングルもあり、末に自分にまつわるPR(告知)を言う人もいる。制作されたジングルはストックされ、現在数千本存在するという。ただし、『都民ニュース』の前についてはそれぞれ個別のジングルが流れる。大沢悠里のゆうゆうワイド フレッシュアイペディアより)

  • 上を向いて歩こう

    上を向いて歩こうから見た永六輔永六輔

    「上を向いて歩こう」(うえをむいてあるこう、別名:スキヤキ、SUKIYAKI)は、坂本九の楽曲。作詞は永六輔、作曲は中村八大、プロデューサーは草野浩二。ビルボード(Billboard)誌では、1963年6月15日付に、週間1位を獲得。同誌の1963年度年間ランキングでは第10位にランクイン。後に数多くのアーティストによってカヴァーされ、いまだに外国人によるモノマネのネタにもされる。坂本逝去のメモリアルソングとしてもよく用いられる。上を向いて歩こう フレッシュアイペディアより)

  • 遠くへ行きたい (曲)

    遠くへ行きたい (曲)から見た永六輔永六輔

    「遠くへ行きたい」(とおくへいきたい)は、永六輔作詞、中村八大作曲の歌謡曲。遠くへ行きたい (曲) フレッシュアイペディアより)

286件中 31 - 40件表示

「永六輔」のニューストピックワード