396件中 41 - 50件表示
  • サヨナラ東京

    サヨナラ東京から見た永六輔永六輔

    A面の「サヨナラ東京」とB面の「君が好き」の二曲とも、永六輔が作詞し、中村八大の作曲によるもので、坂本九の数々の曲を手がけた黄金コンビの作品でもある。坂本は「サヨナラ東京」で1964年の第15回NHK紅白歌合戦に出場している。サヨナラ東京 フレッシュアイペディアより)

  • 永麻理

    永麻理から見た永六輔永六輔

    東京都出身。父永六輔の「子どもは近所の学校に行くべきだ。」という教育方針から、近所の渋谷区立の小中学校に姉永千絵と共に通う。その後、慶應義塾女子高等学校を経て、慶應義塾大学文学部人間学科卒業。永麻理 フレッシュアイペディアより)

  • つボイノリオ

    つボイノリオから見た永六輔永六輔

    ラジオの月刊誌などでは頻繁に永六輔、吉田照美、大沢悠里ら東京キー局で人気ラジオ番組を長年受け持っている大御所と並んでつボイの紹介記事が掲載されていることからもそのことを窺い知ることができる。つボイノリオ フレッシュアイペディアより)

  • 勤労者音楽協議会

    勤労者音楽協議会から見た永六輔永六輔

    続いて、大阪労音で『見上げてごらん夜の星を』(1960年、いずみたく・音楽、永六輔・台本)が上演され、後に、坂本九が主題歌を歌い、映画化もされるブームをつくった。勤労者音楽協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た永六輔永六輔

    その「芸能研究の実践活動」として、1975年(昭和50年)、小沢が主宰し加藤武、山口崇、山谷初男らと劇団「芸能座」を旗揚げする(旗揚げは永六輔作『清水次郎長伝・伝』で全国を巡業する)。1980年(昭和55年)までその活動は続いた。付属として「あたらしい芸能研究室」(出版部門)をつくり、研究誌「季刊藝能東西」を創刊。「藝能東西」以外にも、芸能関係の書籍を多数刊行し、2001年(平成13年)まで出版社として活動した。また小沢自身も、時代と共に消え行く伝統芸能やストリップなどの猥雑な諸芸能を取材・研究した本を刊行し続ける。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 遠くへ行きたい (テレビ番組)

    遠くへ行きたい (テレビ番組)から見た永六輔永六輔

    当時の日本国有鉄道(国鉄、現・JRグループ)のキャンペーン『ディスカバー・ジャパン』の一環として1970年10月4日に、永六輔の単独出演で放送を開始。開始当初のタイトルは「六輔さすらいの旅・遠くへ行きたい」。放送時間は日曜22:30 - 23:00(1976年3月28日まで)だった。旅番組で有数の長寿を誇っており、2010年10月に放送開始40周年を迎え、また同年3月28日放送分で放送2000回を迎えた。遠くへ行きたい (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 辛淑玉

    辛淑玉から見た永六輔永六輔

    2000年から、親交のある永六輔の引きで『週刊金曜日』編集委員を務めたことがある。しかし、同性愛者を扱った記事における「オカマ」という言葉がホモフォビア表現だとして一部のスタッフと対立した。それが直接の原因となり、2001年に編集委員を辞任している。辛淑玉 フレッシュアイペディアより)

  • いい湯だな

    いい湯だなから見た永六輔永六輔

    「いい湯だな」(いいゆだな)は、各地の温泉を歌っている日本の楽曲である。作詞は永六輔で、作曲はいずみたく。いい湯だな フレッシュアイペディアより)

  • 野坂昭如

    野坂昭如から見た永六輔永六輔

    1956年、鶏郎が有限会社冗談工房を発足(社長・永六輔)。専務職に就くが実質業務は鶏郎のマネージャーだった。経理ミスが発覚し、マネージャーをクビとなる(永六輔は「野坂の使い込みがひどくて会社が傾いた」と発言しており、野坂自身も使い込みの事実を認め、警察の追及を恐れて使い込みの公訴時効を六法全書で調べたことがあると述べている)。この年、大学を中退する。野坂昭如 フレッシュアイペディアより)

  • 青島幸男

    青島幸男から見た永六輔永六輔

    1971年3月29日、予算委員会の代表質問において、与党自由民主党に対する財界からの政治献金の多さを批判する。首相の佐藤栄作を「もし理想的な政治資金規正法がつくられまして、これが厳密に運用されたら、自民党政府の存立はあり得ないでしょう。そのことはだれも知っておりますし、一番よく御存じなのは、佐藤さん、あなた御自身だと私は思います。だから、これは政治資金規正法の改正というのは私はできないと思います、あなたには。できもしないことを、やるのだやるのだとお約束になるから、ますます国民の不信を買うばかりであると私は信じます。(中略)資本主義国家なんですから、企業からお金を集めてそれを政治資金にするというのは、私は明らかにすればそれでいいと思うのです。できないならできないと明確におっしゃったほうが、一そうはっきりするのです。その代わり、政府はスポンサード・ガバメントであり、総理は財界のちょうちん持ちで男メカケである」と一刀両断し、大いに物議を醸した(永六輔は、後年にこの発言を「あれは一種の媚び。ああいう媚び方というのがある。芸者がお座敷で権力者の禿頭を叩くのと同じで、あんなこと言われても総理は痛くも痒くもない。かえって喜んでる」と批判した)。青島幸男 フレッシュアイペディアより)

396件中 41 - 50件表示

「永六輔」のニューストピックワード