286件中 51 - 60件表示
  • 永七輔

    永七輔から見た永六輔永六輔

    松崎菊也が永六輔のものまねを披露する際に騙る名前。永七輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松崎菊也

    松崎菊也から見た永六輔永六輔

    戯作の中で「永 七輔(えい ななすけ)」の名を騙り、永六輔のものまねを披露することがあるが、既にTBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』にて、永本人との共演も果たしている。松崎菊也 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭右京

    三遊亭右京から見た永六輔永六輔

    その後は人力車の車夫として新橋の事務所に在籍。口を利いてくれた兄貴分の男性が永六輔のファンだったことから「六さん」の源氏名を付けられ、置屋と座敷を行き来する芸妓の送迎を中心に車夫を勤める。向田邦子が1970年代にan・anで連載していたコラム『男性鑑賞法』に「人力車夫・京田健治」として取り上げられたこともある。三遊亭右京 フレッシュアイペディアより)

  • 2×3が六輔

    2×3が六輔から見た永六輔永六輔

    2×3が六輔(にさんがろくすけ)は、1992年10月から1993年9月まで、永六輔の司会で日本テレビ系列で放映された、資生堂の1社単独提供による深夜バラエティ番組である。2×3が六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永千絵

    永千絵から見た永六輔永六輔

    永 千絵(えい ちえ、1959年-)は、映画エッセイスト。成城大学文芸学部卒業。永六輔の長女。「月刊クロスロード」に連載中。永千絵 フレッシュアイペディアより)

  • 三國一朗の土曜ワイド

    三國一朗の土曜ワイドから見た永六輔永六輔

    午前と午後の二部構成。なお初回は永六輔の土曜ワイドとのバトンタッチの意味合いで午後からのみの放送。翌週(1975年度春季編成最初の週末である4月5日)以後から午前からの7時間ワイドになる。(但し永六輔は番組内コーナー「永六輔の誰かとどこかで」を継続して担当したので、メインから外れたが実質続投していた)三國一朗の土曜ワイド フレッシュアイペディアより)

  • 村山仁志

    村山仁志から見た永六輔永六輔

    永六輔や森山周一郎、琴欧洲、ささきいさおなどの物まねを頻繁に披露している。村山仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 笑芸人

    笑芸人から見た永六輔永六輔

    笑芸人VOL.14 2004年3月発売 笑うラジオ/永六輔、みのもんた、吉田照美、伊集院光、上田晋也ら笑芸人 フレッシュアイペディアより)

  • 西村計雄

    西村計雄から見た永六輔永六輔

    1938年、当時東京女子美術大学の学生だった文子(ふみこ)と結婚。三人の子宝に恵まれ、家族をテーマに多数の絵を描いた。戦後1949年から渡仏するまで早稲田中学校・高等学校の教師を勤める。その時の教え子に永六輔がいる。西村計雄 フレッシュアイペディアより)

  • 和製ポップス

    和製ポップスから見た永六輔永六輔

    1961年の坂本九の「上を向いて歩こう」(作詞:永六輔、作曲:中村八大)、1962年のザ・ピーナッツの「ふりむかないで」(作詞:岩谷時子、作曲:宮川泰)前後から次第に認知されるようになった。和製ポップス フレッシュアイペディアより)

286件中 51 - 60件表示

「永六輔」のニューストピックワード