286件中 61 - 70件表示
  • 楠かつのり

    楠かつのりから見た永六輔永六輔

    13. 「からだが弾む日本語」(宝島社、単著) 2002年 「詩のボクシング」の創始者が、暮らしの中で磨きこまれた日本語を通じて「言葉の身体化」を提唱。巻末収録インタビュー:「声に出す日常の言葉」をテーマに著者の楠かつのりが、永六輔、養老孟司、阿川佐和子の3氏と語る。楠かつのり フレッシュアイペディアより)

  • 昨日のつづき

    昨日のつづきから見た永六輔永六輔

    昨日のつづき(きのうのつづき)は、ラジオ関東(現:ラジオ日本)で1959年7月6日(開局前夜祭にはじまったという説もある)から1971年まで放送されたラジオ番組。パーソナリティは前田武彦・永六輔(途中から永六輔に代わって大橋巨泉)など。台本なしでトークを進めるラジオ番組であった。昨日のつづき フレッシュアイペディアより)

  • がんばれ長嶋ジャイアンツ

    がんばれ長嶋ジャイアンツから見た永六輔永六輔

    1975年、前年に現役を引退し巨人軍の監督に就任した長嶋茂雄及びその巨人ナインを応援しようと、大の長嶋ファンとして知られた詩人の寺山が、長嶋の巨人入団時(1958年)に長嶋の親友・石原裕次郎が吹き込んだ『男の友情・背番号3』のような応援歌を作ることを思い立ち(前年発売し大ヒットした板東英二『燃えよドラゴンズ!』(作詞作曲・山本正之)に触発された、とも言われている)、寺山と親交のある作曲家の小林、やはり大の長嶋ファンである歌手の湯原に呼びかけ、ペナントレース開幕直前の同年3月にコロムビアレコードからリリースされた。楽曲はデューク・エイセスの『幼なじみ』(作詞・永六輔、作曲・中村八大)のような軽快な曲。長嶋が2度目のジャイアンツ監督に就任した1993年にも再発売された。がんばれ長嶋ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • RHAPSODY (RCサクセションのアルバム)

    RHAPSODY (RCサクセションのアルバム)から見た永六輔永六輔

    (作詞:永六輔 作曲:中村八大)RHAPSODY (RCサクセションのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 入船亭扇遊

    入船亭扇遊から見た永六輔永六輔

    1978年(昭和53年):古今亭朝太(現・志ん輔)と朝太・扇好の会をはじめる。志ん輔・扇遊の会を合わせ、30年におよぶ二人会である。永六輔が元浅草・最尊寺で開いている永住亭も、第1回以来この二人がレギュラーだった時期が長い。入船亭扇遊 フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST 西田佐知子

    GOLDEN☆BEST 西田佐知子から見た永六輔永六輔

    作詞: 永六輔、作曲・編曲: 中村八大GOLDEN☆BEST 西田佐知子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸恵 (歌手)

    小林幸恵 (歌手)から見た永六輔永六輔

    作詞:永六輔/作曲:中村八大/編曲:ナラダ・マイケル・ウォルデン小林幸恵 (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • 若い日本の会

    若い日本の会から見た永六輔永六輔

    1958年に当時の自民党が改正しようとした警察官職務執行法に対する反対運動から生まれた石原慎太郎、永六輔、谷川俊太郎ら若手文化人による組織。1960年の安保闘争で安保改正に反対を表明したことで知られる。若い日本の会 フレッシュアイペディアより)

  • 千代丸健二

    千代丸健二から見た永六輔永六輔

    1977年の参院選を前に、永六輔、田原総一朗など、非自民・護憲の「革新」的な知識人・文化人・タレントが結成した政党に参加。代表は中山千夏。1977年の選挙では鈴木武樹・俵萌子・ばばこういちらを擁立。千代丸健二 フレッシュアイペディアより)

286件中 61 - 70件表示

「永六輔」のニューストピックワード