396件中 61 - 70件表示
  • マルセ太郎

    マルセ太郎から見た永六輔永六輔

    客席の後方に、独特の笑い声を上げる男性がいた。色川武大からマルセの話を聞いた永六輔である。永からは後日マルセのもとに「感激、ただ感激 六輔」とだけ書かれた絵はがきが届き、両者の交遊が始まる。永からのアドバイスをもとに「泥の河」を練り直して映画再現芸「スクリーンのない映画館」として舞台にかけることになる。「スクリーンのない映画館」の評判は口コミで広がり、渋谷ジァン・ジァンでの公演は毎回完売となった。マルセ太郎 フレッシュアイペディアより)

  • オオタスセリ

    オオタスセリから見た永六輔永六輔

    その後、オオタが永六輔の番組に出演した際にこの曲を流したところ、番組や彼女のブログにはリスナーから多くの反響が寄せられ、自ら作ったCD-R1000枚があっという間に完売する事態になり、ビクターよりメジャー流通で発売する事となった。オオタスセリ フレッシュアイペディアより)

  • 黒い花びら

    黒い花びらから見た永六輔永六輔

    水原弘のデビューシングルにして代表曲のひとつであり、また第1回日本レコード大賞の受賞作品としても知られる。作詞は永六輔、作曲は中村八大による。黒い花びら フレッシュアイペディアより)

  • 大往生

    大往生から見た永六輔永六輔

    大往生(だいおうじょう)は、永六輔著のエッセイ、およびそれを原作としたテレビドラマである。大往生 フレッシュアイペディアより)

  • 渥美清

    渥美清から見た永六輔永六輔

    永六輔によれば、戦後焼け跡の金属を換金し、秋葉原で部品を買い鉱石ラジオを組み立てるグループに永も参加していたが、そのグループのリーダーが渥美清であった。渥美清 フレッシュアイペディアより)

  • 黛敏郎

    黛敏郎から見た永六輔永六輔

    1958年には、石原慎太郎、江藤淳、大江健三郎、谷川俊太郎、寺山修司、永六輔、福田善之ら若手文化人らと「若い日本の会」を結成し、60年安保改定反対運動に参加した。黛敏郎 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県上田高等学校

    長野県上田高等学校から見た永六輔永六輔

    2000年 - 創立百周年。11月には、同校出身者である永六輔による講演会が開催された。長野県上田高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 題名のない音楽会

    題名のない音楽会から見た永六輔永六輔

    1997年4月10日に、約33年に渡って司会を担当した黛が急逝(同月放送分までは生前に収録されたストック分を放送)。死後は永六輔が代理司会を務めた後、同年10月5日からタイトルを『新・題名のない音楽会』に変え武田鉄矢に交代。この時期から31年ぶりにアシスタントも復活し、テレビ朝日の女性アナウンサーが務めている。黛の司会担当時は現代音楽を精力的に紹介したが、彼の死去後はポップス中心に移行し軽音楽を扱う機会も増えている。題名のない音楽会 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た永六輔永六輔

    永六輔が自らの主催するイベント「六輔その世界」のゲストに毒蝮三太夫と小三治を招き、両名に落語を演じてもらおうと企画した際、毒蝮は『湯屋番』を演じた。毒蝮は落語界の人間ではないが、7代目(自称5代目)立川談志の古くからの盟友であり、徹底的な指導を受けていた。その後に高座に上がった小三治は、直前までネタを決めていなかったが、毒蝮と同じ『湯屋番』を語り始めた。小三治も談志も同門(5代小さん門下)であり、文字として並べる限り『湯屋番』の内容はほとんど変わらない。しかし、プロとしての技術を駆使して全く別のやり方で『湯屋番』を語り、毒蝮よりもはるかに客を笑わせたという。演芸評論家・矢野誠一の著書『志ん生の右手』(河出文庫)では、この件を小三治自身が後書きで説明している。同じ噺をした理由は「毒蝮三太夫という人の後に落語家として噺をすることに抵抗があった」「毒蝮のやった噺とそれに対するお客さんの反応をみて、これは落語を聞かせる客じゃないな、ショウアップされた趣向を興味半分でのぞきに来てる客だな、と思った」ことであり、「せっぱつまった飛び降り自殺みたいなものです」「もう頼まれたって二度とやりませんが、ひとにも勧めません。それほど愚行です」と矢野への謝辞と共にコメントしている。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • さだまさし

    さだまさしから見た永六輔永六輔

    また中村八大、永六輔の影響を大きく受けているとも語っている。さだまさし フレッシュアイペディアより)

396件中 61 - 70件表示

「永六輔」のニューストピックワード