286件中 71 - 80件表示
  • 夢でワイドショー 永六輔の芸能ジャーナル

    夢でワイドショー 永六輔の芸能ジャーナルから見た永六輔永六輔

    司会は共同プロデュースした永六輔と辛淑玉。「ワイドショー」と銘打たれているがワイドショー番組へのアンチテーゼという色彩が強い番組といえる。両名は大のワイドショー嫌いで有名で、批判して反撃を食らうくらいなら既存のワイドショー番組への皮肉をこめて製作しようという意図で作ったという。実際内容は既存のワイドショーと正反対のものであった。夢でワイドショー 永六輔の芸能ジャーナル フレッシュアイペディアより)

  • 長部日出雄

    長部日出雄から見た永六輔永六輔

    1957年 「週刊読売」記者となる。大島渚、永六輔、野坂昭如、筒井康隆、小林信彦らをいち早く評価し、彼らと交友する。長部日出雄 フレッシュアイペディアより)

  • 山下勇三

    山下勇三から見た永六輔永六輔

    1960年多摩美術大学図案科卒業、ライトパブリシティに入社。1963年に独立して山下勇三事務所を設立。広告作品を手がける他、児童書の世界でも活躍した。「話の特集」に30年間掲載された永六輔との「せきこえのどに浅田飴」の広告の他、キユーピーのパッケージ・広告デザイン、無印良品のイラスト、新聞小説、児童書等の挿絵・装幀などを手がけた。山下勇三 フレッシュアイペディアより)

  • 国宝・彦根城築城400年祭

    国宝・彦根城築城400年祭から見た永六輔永六輔

    築城400年祭分校 - 2006年10・11月 講師 - 永六輔・藤野真紀子・松平定知・諸田玲子・セーラ・マリ・カミングス国宝・彦根城築城400年祭 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーワイドぴいぷる

    スーパーワイドぴいぷるから見た永六輔永六輔

    TBSラジオでは、1974年4月13日から土曜日に大型の生ワイド番組を編成し、『永六輔の土曜ワイドおはようからこんにちは・人間バンザイ』から『三國一朗の土曜ワイド』を経て、久米宏がメインパーソナリティを務めた『土曜ワイドラジオTOKYO』が爆発的人気を得ていたが、久米が1985年10月7日にスタートする『ニュースステーション』(テレビ朝日系列)に備えるために同年3月30日限りで降板することとなり、同時に『土曜ワイド』を午前主体に切り替えることとなった。これを機に、TBSラジオは『土曜ワイド』のノウハウを活かして、平日の大型生ワイド番組を編成することとなった。スーパーワイドぴいぷる フレッシュアイペディアより)

  • 自分史

    自分史から見た永六輔永六輔

    永六輔 『上を向いて歌おう 昭和歌謡の自分史』自分史 フレッシュアイペディアより)

  • カンジヤマ・マイム

    カンジヤマ・マイムから見た永六輔永六輔

    永六輔(カンジヤマ・マイムの芸を賞賛し、多方面に紹介している)カンジヤマ・マイム フレッシュアイペディアより)

  • トリローグループ

    トリローグループから見た永六輔永六輔

    トリローグループとは三木鶏郎が中心になってキノトール、能見正比古、永六輔、神吉拓郎、野坂昭如らと共に結成したクリエイター集団のひとつである。トリローグループ フレッシュアイペディアより)

  • ドドンパ

    ドドンパから見た永六輔永六輔

    これらにより国産軽音楽の衰退に危機感を覚えた小沢昭一、永六輔、中村八大らは、何とか対抗しうる新しい国産リズム音楽を確立しようと模索していた。ドドンパ フレッシュアイペディアより)

  • 浅利慶太

    浅利慶太から見た永六輔永六輔

    また、1958年には、石原慎太郎、江藤淳、谷川俊太郎、寺山修司、永六輔、黛敏郎、福田善之ら若手文化人らと「若い日本の会」を結成し、60年安保に反対した。だが、後に思想的には保守化する。浅利慶太 フレッシュアイペディアより)

286件中 71 - 80件表示

「永六輔」のニューストピックワード