396件中 71 - 80件表示
  • つボイノリオの聞けば聞くほど

    つボイノリオの聞けば聞くほどから見た永六輔永六輔

    1回の放送につき紹介される投稿数は平均150通(投稿総数は平均700通)と多く、放送作家でパーソナリティの永六輔は「双方向番組という、新時代のラジオ番組の形を実現させた」と評価している。永は番組に度々ゲスト出演しており、洒落として「永六輔は“メインパーソナリティ”、つボイは“留守番パーソナリティ”」との位置付けとなっていた。つボイノリオの聞けば聞くほど フレッシュアイペディアより)

  • 2016 FNS歌謡祭

    2016 FNS歌謡祭から見た永六輔永六輔

    12月7日(第1夜)は絢爛豪華な音楽ショーとして、日本の音楽界を代表するアーティストたちが一堂に会し、過去の名曲から最新のヒット曲まで幅広く特別なコラボレーションで披露された。第1夜では、「長渕剛 名曲『乾杯』を生熱唱!」「ジャニーズコラボ多数!」「西城秀樹 脳梗塞を乗り越えステージで『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』!!」「松任谷由実 『FNS歌謡祭』初出演!&平井堅と共演!」「薬師丸ひろ子と橋本環奈が星泉コラボ!」「大黒摩季が『FNS歌謡祭』初出演!&復活メドレー」「森高千里が19年ぶりにテレビでドラム演奏を披露!!」「映画『君の名は。』大ヒット記念! 新海誠監督コーナー」「鬼束ちひろが『FNS歌謡祭』初出演で『月光』熱唱!」「永六輔トリビュートコーナー」「久保田利伸が『LA・LA・LA LOVE SONG』を豪華コラボレーション!」といったスペシャル企画を含めた11個のみどころが設けられていた。2016 FNS歌謡祭 フレッシュアイペディアより)

  • Remember Summer Days

    Remember Summer Daysから見た永六輔永六輔

    作詞・永六輔、作曲・中村八大、編曲・島健Remember Summer Days フレッシュアイペディアより)

  • オユンナII黄砂

    オユンナII黄砂から見た永六輔永六輔

    作詞: 永六輔、作曲: 中村八大、編曲: 宮崎信治オユンナII黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 日本作詞作曲家協会

    日本作詞作曲家協会から見た永六輔永六輔

    日本作詞作曲家協会(にほんさくしさっきょくかきょうかい、通称:J-scat/ジェイ・スキャット) は、日本の作詞家・作曲家の団体。代表は永六輔および小林亜星。日本作詞作曲家協会 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹省二

    大竹省二から見た永六輔永六輔

    赤坂檜町テキサスハウス(永六輔共著) 2006年 朝日新聞社大竹省二 フレッシュアイペディアより)

  • 雨宮塔子

    雨宮塔子から見た永六輔永六輔

    『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』のアシスタントをしていたときには、「禁じられた遊び」を『禁じられた女遊び』と紹介し、永六輔をあ然とさせる(現在でもこのエピソードをふと思いだしては永六輔は笑ってしまうとのこと)などエピソードには事欠かない。本人の天然ボケもあってバラエティー路線絶頂の中、1995年の阪神・淡路大震災発生時には、担当していた朝の情報番組『ザ・フレッシュ!』で、大阪の毎日放送に出向き原稿を読むなど、報道の活躍もしている。父親が文藝春秋に勤務していたこともあり、もともと報道志望であったものの、前述のようにバラエティーでの特異なキャラクターを確立していたこと、また『ザ・フレッシュ!』が低視聴率で終わった影響もあり、彼女を報道・情報番組でメインキャスターとして起用することはなかった。雨宮塔子 フレッシュアイペディアより)

  • 古川益雄

    古川益雄から見た永六輔永六輔

    前述の「ターゲットプロ」社長としての活動のほか、同時期に東京で永六輔のマネジメントも短期間ではあるが手掛けていた。永は自らの著書『昭和 僕の芸能史』の中で「僕から作詞の能力を引き出してくれたのが中村八大なら、タレント性を育ててくれたのが古川益雄だ」と述べており、永が当時隆盛を極めていた東京や大阪の労音コンサートで司会を務めたのも、古川のプロモートによるものであった。古川益雄 フレッシュアイペディアより)

  • Do not stand at my grave and weep

    Do not stand at my grave and weepから見た永六輔永六輔

    この詩を日本に紹介したのはデーブ・スペクターである。坂本九の葬儀委員長を務めていた永六輔のもとに、良い詩があるからとこの詩を持ち込んできたのがデーブ・スペクターであり、永六輔はその詩を葬式で朗読した。2006年11月福山雅治がライブ「PHOTO STAGE」で、同時多発テロの写真を上映しつつ、新井満による訳詞を朗読している。Do not stand at my grave and weep フレッシュアイペディアより)

  • 坂本九 (小惑星)

    坂本九 (小惑星)から見た永六輔永六輔

    小惑星名は日本人の俳優、歌手の坂本九に由来し、小惑星番号の (6980) に坂本の代表曲である「上を向いて歩こう」を作詞した永六輔の「六」、坂本九の「九」、そして作曲した中村八大の「八」が入っていることから選ばれた。佐藤健、藤井旭、片桐靖忠らの提案に基いて発見者の渡辺が小惑星センターに申請し、1998年10月に承認された。坂本九 (小惑星) フレッシュアイペディアより)

396件中 71 - 80件表示

「永六輔」のニューストピックワード