286件中 81 - 90件表示
  • 三宅秀史

    三宅秀史から見た永六輔永六輔

    落語家の月亭八方が阪神ファンになるきっかけとなったのは、三宅との出会いがきっかけである。八方は、眼科に入院中の三宅秀史選手と出会い、無邪気にサインを求める八方に対し、三宅は八方の瞳を見つめ「君は野球が好きか?」とだけ言い、サインを手渡したという。また、岡田彰布は幼少時に三宅とキャッチボールした経験があり、三宅へのあこがれから阪神入団時に同じ背番号16を付けた。他にも、阪神ファンではないが、永六輔が三宅を好み、三宅と同じ背番号16の各球団の選手を応援しているという。三宅秀史 フレッシュアイペディアより)

  • CYNTHIA ANTHOLOGY

    CYNTHIA ANTHOLOGYから見た永六輔永六輔

    作詞: 永六輔 、作曲: いずみたく 、編曲: 大柿隆CYNTHIA ANTHOLOGY フレッシュアイペディアより)

  • 江戸むらさき

    江戸むらさきから見た永六輔永六輔

    喜劇俳優三木のり平をモチーフとしたキャラクターによる、アニメのテレビCMで知られる。三木の没後はナレーターを長男の小林のり一が引き継いだ。また、TBSラジオ他で1968年から2011年現在も続いている桃屋一社提供のラジオ番組『永六輔の誰かとどこかで』ではエンディングで桃屋の永六輔と遠藤泰子による桃屋のCMを流した後、遠藤が「この番組は、何はなくとも江戸むらさき、花らっきょうでおなじみの桃屋がお送りいたしました。」のスポンサー読みで締める。江戸むらさき フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た永六輔永六輔

    無党派と称される、もしくは自称する候補者が必ずしも政党・団体に全く所属していないとは限らない。石原慎太郎などは自民党所属であるし、田中康夫は任期途中で新党日本代表に就任した。また、「政治団体無党派」(辻山清)「無党派市民連合」(中山千夏、矢崎泰久、永六輔ら)など無党派を冠する団体もある。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 帰ろかな

    帰ろかなから見た永六輔永六輔

    (全作詞:永六輔、作曲:中村八大)帰ろかな フレッシュアイペディアより)

  • 佐良直美 BEST of BEST

    佐良直美 BEST of BESTから見た永六輔永六輔

    作詞: 永六輔、作曲: いずみたく佐良直美 BEST of BEST フレッシュアイペディアより)

  • 城端曳山祭

    城端曳山祭から見た永六輔永六輔

    タレントの永六輔 は「日本の祭りNo.12」(朝日新聞社 2004年8月22日発行) で「浅草育ちの僕が一番好きな祭りは城端曳山祭である」と執筆している。城端曳山祭 フレッシュアイペディアより)

  • 福田豊 (イベントプロデューサー)

    福田豊 (イベントプロデューサー)から見た永六輔永六輔

    1994年、野毛大道芸の前夜祭企画として野毛大道芝居をプロデューサーとして立ち上げた。俳優の高橋長英が座長を務め、ジャズ評論家で横浜ジャズプロムナード芸術監督の柴田浩一が演出を担当、役者として評論家の故平岡正明、小説家の荻野アンナ、エッセイストの朴慶南、シャンソン歌手の故永登元次郎、スポーツライターの石山和男、前衛芸術家の秋山祐徳太子、料理研究家の小林カツ代、振付師のラッキィ池田、コラムニストの山中伊知郎、西洋画家の田中善明、テレビ神奈川キャスターの中村行宏、元アール・エフ・ラジオ日本アナウンサーの浅木勝、抽象画家の宮本和雄、新内の富士松延治太夫、ジャグラーのマサヒロ水野、彫物師の見角貞利(現彫伽羅)、作家の山崎洋子、元タレントの松本玲子、浪曲師の五月小一朗(目白バタイユ)、玉川美穂子(玉川奈々福)、人間ジュークボックスのタカパーチ、紙芝居師の梅田佳声、元横浜市長の高秀秀信、前市長の中田宏など多くの市民や文化人が参加、前口上(但し録音)を永六輔が務め2005年まで11年間続いた。福田豊 (イベントプロデューサー) フレッシュアイペディアより)

  • ONE (清水仁のアルバム)

    ONE (清水仁のアルバム)から見た永六輔永六輔

    作詞・永六輔、作曲:中村八大 、編曲:平田謙吾、清水仁ONE (清水仁のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 日本作詞作曲家協会

    日本作詞作曲家協会から見た永六輔永六輔

    日本作詞作曲家協会(にほんさくしさっきょくかきょうかい、通称:J-scat/ジェイ・スキャット) は、日本の作詞家・作曲家の団体。代表は永六輔および小林亜星。日本作詞作曲家協会 フレッシュアイペディアより)

286件中 81 - 90件表示

「永六輔」のニューストピックワード