396件中 81 - 90件表示
  • 故郷のように

    故郷のようにから見た永六輔永六輔

    作詞: 永六輔 、作曲・編曲: 中村八大故郷のように フレッシュアイペディアより)

  • ともだち (坂本九の曲)

    ともだち (坂本九の曲)から見た永六輔永六輔

    (全作詞:永六輔、作曲・編曲:いずみたく)ともだち (坂本九の曲) フレッシュアイペディアより)

  • バカの壁

    バカの壁から見た永六輔永六輔

    2006年8月時点での発行部数は419万部。出版科学研究所調べで黒柳徹子の『窓ぎわのトットちゃん』、J・K・ローリング(松岡佑子訳)の『ハリー・ポッターと賢者の石』、乙武洋匡の『五体不満足』に次ぎ、戦後日本の歴代ベストセラー4位である。教養系新書でこれまでの日本のベストセラーだった永六輔の『大往生』(1994年刊行、岩波新書)の230万部を超えたばかりか、新書全体でもこれまでの日本のベストセラーだった塩月弥栄子の『冠婚葬祭入門』(1970年刊行、光文社カッパホームズ)の308万部をも上回った。バカの壁 フレッシュアイペディアより)

  • 氷川きよし・演歌名曲コレクション5〜初恋列車〜

    氷川きよし・演歌名曲コレクション5〜初恋列車〜から見た永六輔永六輔

    作詞:永六輔/作曲:中村八大/編曲:蔦将包氷川きよし・演歌名曲コレクション5〜初恋列車〜 フレッシュアイペディアより)

  • 根岸吉之助

    根岸吉之助から見た永六輔永六輔

    戦後も吉之助は木馬館の安来節を守りつづけ、1956年(昭和31年)12月には、建物としての木馬館が現在の鉄筋コンクリート2階建てになった。木馬設置はここまでで、1階部分は映画館に変わる。1970年には「木馬館」1階にあった映画館から変わった木馬ミュージックホールを用途変更し、浪曲定席「木馬亭」を開いた。1977年(昭和52年)6月1日?28日「安来節さよなら公演」。(小沢昭一、永六輔、田谷力三も出演し、その上がりを専属座員の退職金に充てる)。28日、「木馬館民謡一座」の安来節興行の歴史を閉じた。そのほぼ半年後である同年11月、吉之助は死去した。85歳没。同年の「週刊新潮」誌通算1128号の「墓碑銘」の欄に『浅草木馬館主のオペラと安来節・根岸吉之助85歳』が掲載され、その死が悼まれた。吉之助の築いた木馬館(十条・篠原演芸場が運営)と木馬亭は現在も営業をつづけている。なお、映画監督の根岸吉太郎は吉之助の孫である。根岸吉之助 フレッシュアイペディアより)

  • Your Songs.2011

    Your Songs.2011から見た永六輔永六輔

    作詞:永六輔 作曲:いずみたく 編曲:KATSUMIYour Songs.2011 フレッシュアイペディアより)

  • J'S BROTHERS BAND

    J'S BROTHERS BANDから見た永六輔永六輔

    作詞:永六輔、作曲:中村八大J'S BROTHERS BAND フレッシュアイペディアより)

  • 若い季節 (ザ・ピーナッツの曲)

    若い季節 (ザ・ピーナッツの曲)から見た永六輔永六輔

    作詞者には永六輔を起用した。ザ・ピーナッツの楽曲で永が作詞したのはこの曲程度しか存在しない。若い季節 (ザ・ピーナッツの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 和製ポップス

    和製ポップスから見た永六輔永六輔

    1961年の坂本九の「上を向いて歩こう」(作詞:永六輔、作曲:中村八大)、1962年のザ・ピーナッツの「ふりむかないで」(作詞:岩谷時子、作曲:宮川泰)前後から次第に認知されるようになった。和製ポップス フレッシュアイペディアより)

  • 自由の森大学

    自由の森大学から見た永六輔永六輔

    第1集:永六輔、岸田今日子、宮崎駿、大山のぶ代、宮本亜門自由の森大学 フレッシュアイペディアより)

396件中 81 - 90件表示

「永六輔」のニューストピックワード