276件中 91 - 100件表示
  • 永六輔

    永六輔から見た水原弘

    黒い花びら (作曲:中村八大、歌:水原弘 他)永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たザ・ピーナッツ

    若い季節 (作曲:櫻井順、歌:ザ・ピーナッツ)永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たいずみたく

    作詞をやめた理由としては、「テレビに出れば何でも流行するのか」と怖くなったことがあげられる。また、永が多くの詞を提供した作曲家である中村八大といずみたくの2人は、同世代であり互いの曲を意識しあったが、共通の友人でもある永には複雑な思いがあった。特に板挟みのような状況ではなく作曲家2人は仲が良かったのだが、それだけに「友達でいることを優先」したかったことも、その理由のひとつだったと後に本人は述べている。それとともに、シンガーソングライターの出現により「自分が歌いたい歌を作詞すればよい」と思うようになったということもあげられるが、それはシンガーソングライターを否定するものではなく、きたやまおさむとは『土曜ワイド』にたびたびゲストとして招いたり、逆にNHK-FMの『きたやまおさむのレクチャー&ミュージック』に永がゲスト出演する(2010年12月10日・17日など)という仲である。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た永千絵

    長女の永千絵は映画エッセイスト、次女の永麻理は元フジテレビアナウンサー(現在はフリー)、次女の長男で孫の育乃介は俳優。藤本義一とは遠戚である。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た三木鶏郎

    この頃からNHKのラジオ番組『日曜娯楽版』にネタを投稿するようになる。また、1948年から淀川長治が主催していた「東京映画友の会」の初期の参加メンバーであった。1952年に早稲田大学第二文学部へ入学。大学では民俗学者であった宮本常一の影響を受ける。在学中に三木鶏郎(『日曜娯楽版』の発案者)にスカウトされ、トリローグループのメンバーとして放送作家、司会者としてデビューする。早稲田大学第二文学部史学科を1954年に中退。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た独立

    以後、ラジオ・テレビ番組の企画・演出や、ピアニストで作曲家の中村八大らと組んでの歌曲作詞、また軽妙な語り口を生かしたタレントとしての活動など、マルチプレイヤーとして活動を続けてきた。特にラジオパーソナリティーとしての知名度が高い。古今の芸人についての研究や、政府によるメートル法の厳しすぎる施行で過度に排除された尺貫法の復権を志す運動、佐渡島の独立運動、「天皇陛下に公式の場で和服(着物)をおめしいただこう」という運動(「天皇に着物を!市民連合」略称「天着連」)など、ユニークな取り組みも多い。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た死刑制度

    死刑制度に反対している。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た作曲家

    以後、ラジオ・テレビ番組の企画・演出や、ピアニストで作曲家の中村八大らと組んでの歌曲作詞、また軽妙な語り口を生かしたタレントとしての活動など、マルチプレイヤーとして活動を続けてきた。特にラジオパーソナリティーとしての知名度が高い。古今の芸人についての研究や、政府によるメートル法の厳しすぎる施行で過度に排除された尺貫法の復権を志す運動、佐渡島の独立運動、「天皇陛下に公式の場で和服(着物)をおめしいただこう」という運動(「天皇に着物を!市民連合」略称「天着連」)など、ユニークな取り組みも多い。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た選抜高等学校野球大会

    選抜高等学校野球大会(※ 客席リポーター。年度によりNETテレビ・東京12チャンネル・TBSテレビで放送)永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たシーシェパード

    反捕鯨運動には、日本の伝統文化としての捕鯨を守る立場から一貫して批判的である。シーシェパードなど実力行使を伴う反捕鯨運動をテロリストと批判している。永六輔 フレッシュアイペディアより)

276件中 91 - 100件表示

「永六輔」のニューストピックワード