278件中 91 - 100件表示
  • 永六輔

    永六輔から見た小室等

    2002年 - 2007年まで、校長が中山千夏、講師陣が永・矢崎泰久・小室等という私塾「学校ごっこ」に係わった。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たメル・テイラー

    二人の銀座 (作曲:ボブ・ボーグル、ドン・ウィルソン、ノーキー・エドワーズ、メル・テイラー、歌: 和泉雅子・山内賢 他)永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たハナ肇とクレージーキャッツ

    万葉集(作曲:中村八大、歌:植木等)永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たタブレット純

    物柔らかく高めの声音が明仁天皇に似ていて、永自身も今上天皇の即位前から冗談の種にしている。NHKラジオ第1放送の番組『話芸・笑芸・当たり芸』において「我は高田文夫を深く認識いたします」とのセリフでものまねを披露したこともあった。その一方、永のものまねをした者もいる( →永七輔、小堺一機、タブレット純、大泉洋など)。自らを「男のおばさん」と標榜しており、ピーコなどと仲が良い。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た宮本常一

    この頃からNHKのラジオ番組『日曜娯楽版』にネタを投稿するようになり、そして学校をさぼって実家から近い国際劇場を本拠地にしていた松竹歌劇団のレビューを見続けたことがのちの放送作家やテレビ演出活動の原点になった。また、1948年から淀川長治が主催していた「東京映画友の会」の初期の参加メンバーであった。1952年に早稲田大学第二文学部へ入学。大学では民俗学者であった宮本常一の影響を受ける。在学中に三木鶏郎(『日曜娯楽版』の発案者)にスカウトされ、トリローグループのメンバーとして放送作家、司会者としてデビューする。早稲田大学第二文学部を1952年に中退。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たトリローグループ

    この頃からNHKのラジオ番組『日曜娯楽版』にネタを投稿するようになり、そして学校をさぼって実家から近い国際劇場を本拠地にしていた松竹歌劇団のレビューを見続けたことがのちの放送作家やテレビ演出活動の原点になった。また、1948年から淀川長治が主催していた「東京映画友の会」の初期の参加メンバーであった。1952年に早稲田大学第二文学部へ入学。大学では民俗学者であった宮本常一の影響を受ける。在学中に三木鶏郎(『日曜娯楽版』の発案者)にスカウトされ、トリローグループのメンバーとして放送作家、司会者としてデビューする。早稲田大学第二文学部を1952年に中退。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たベンチャーズ

    ザ・ベンチャーズの "GINZA LIGHTS"が原曲。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た山下勇三

    『みだらまんだら』山下勇三絵、文芸春秋、1972年永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た藤本義一 (作家)

    長女の永千絵は映画エッセイスト、次女の永麻理は元フジテレビアナウンサー(現在はフリーアナウンサー)、孫は4人おり麻理の長男にあたる俳優の育之介(2016年までは育乃介として活動)、次男にあたるのは「大遺言」(小学館刊)の著者拓実。また、藤本義一とは遠戚である。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た水原弘

    黒い花びら (作曲:中村八大、歌:水原弘 他)永六輔 フレッシュアイペディアより)

278件中 91 - 100件表示

「永六輔」のニューストピックワード