278件中 101 - 110件表示
  • 永六輔

    永六輔から見たいずみたく

    作詞をやめた理由としては、「テレビに出れば何でも流行するのか」と怖くなったことがあげられる。また、永が多くの詞を提供した作曲家である中村八大といずみたくの2人は、同世代であり互いの曲を意識しあったが、共通の友人でもある永には複雑な思いがあった。特に板挟みのような状況ではなく作曲家2人は仲が良かったのだが、それだけに「友達でいることを優先」したかったことも、その理由のひとつだったと後に本人は述べている。それとともに、シンガーソングライターの出現により「自分が歌いたい歌を作詞すればよい」と思うようになったということもあげられるが、それはシンガーソングライターを否定するものではなく、きたやまおさむとは『土曜ワイド』にたびたびゲストとして招いたり、逆にNHK-FMの『きたやまおさむのレクチャー&ミュージック』に永がゲスト出演する(2010年12月10日・17日など)という仲である。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た永千絵

    長女の永千絵は映画エッセイスト、次女の永麻理は元フジテレビアナウンサー(現在はフリーアナウンサー)、孫は4人おり麻理の長男にあたる俳優の育之介(2016年までは育乃介として活動)、次男にあたるのは「大遺言」(小学館刊)の著者拓実。また、藤本義一とは遠戚である。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た日本人

    日本人の感覚では『常識』という考えが、同じ日本に住む在日外国人の人々にしてみれば、侮辱であると主張していた(田中利幸によると、週刊金曜日の永六輔語録にて「日本民族は、他の民族が何を考えているのかがわかっていない民族です」永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たシーシェパード

    反捕鯨運動には、日本の伝統文化としての捕鯨を守る立場から一貫して批判的である。シーシェパードなど実力行使を伴う反捕鯨運動を「テロリズム」と批判している。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たスタジオパークからこんにちは

    スタジオパークからこんにちは(NHK総合テレビジョン ※ 撮ってだし収録の時期に出演)永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た秋葉原

    1946年に長野県立上田中学校(旧制)に入学するが翌年東京へ帰り早稲田中学校(旧制)に2年編入で転校。この間同校が学制改革により新制の早稲田中学校・高等学校となったため3年で高等学校に昇級進学して卒業する。ラジオに興味を持ち、焼け跡の金属を換金し秋葉原で部品を買い鉱石ラジオを組み立てるグループを作る。そのグループのリーダーが渥美清であった。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た早稲田大学

    この頃からNHKのラジオ番組『日曜娯楽版』にネタを投稿するようになり、そして学校をさぼって実家から近い国際劇場を本拠地にしていた松竹歌劇団のレビューを見続けたことがのちの放送作家やテレビ演出活動の原点になった。また、1948年から淀川長治が主催していた「東京映画友の会」の初期の参加メンバーであった。1952年に早稲田大学第二文学部へ入学。大学では民俗学者であった宮本常一の影響を受ける。在学中に三木鶏郎(『日曜娯楽版』の発案者)にスカウトされ、トリローグループのメンバーとして放送作家、司会者としてデビューする。早稲田大学第二文学部を1952年に中退。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たトレードマーク

    角刈り頭と細長い顔がトレードマーク永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た在日外国人

    日本人の感覚では『常識』という考えが、同じ日本に住む在日外国人の人々にしてみれば、侮辱であると主張していた(田中利幸によると、週刊金曜日の永六輔語録にて「日本民族は、他の民族が何を考えているのかがわかっていない民族です」永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た日本共産党

    しんぶん赤旗の日本共産党推薦人になり、党や支持団体が主催するイベントで度々講演していた。また、日本共産党中央主催の赤旗まつりでは色紙展に出品するのが恒例となっていた。永六輔 フレッシュアイペディアより)

278件中 101 - 110件表示

「永六輔」のニューストピックワード