276件中 11 - 20件表示
  • 永六輔

    永六輔から見た小沢昭一

    永は1974年に野坂昭如・小沢昭一と中年御三家を結成して日本武道館でコンサートをしているが、これは単なる話題づくりで終わっている。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たピーコピーコ

    物柔らかく高めの声音が今上天皇に似ていて、永自身も今上の即位前から冗談の種にしている。NHKラジオ第一『話芸・笑芸・当たり芸』において「我は高田文夫を深く認識いたします」とのセリフでものまねを披露したこともあった。その一方、永のものまねをした者もいる( →永七輔)。自らを「男のおばさん」と標榜しており、ピーコなどと仲が良い。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た美輪明宏美輪 明宏

    永が作詞家として全盛期を迎えたのは、日本のミュージックシーンに作詞・作曲から歌まで1人で手がけるシンガーソングライターが登場した時期でもあった。ビートルズが来日した1966年は、美輪明宏が「ヨイトマケの唄」を、さらに荒木一郎が「空に星があるように」を、自ら作詞・作曲し歌ってヒットさせた年でもある。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た中村八大

    以後、ラジオ・テレビ番組の企画・演出や、ピアニストで作曲家の中村八大らと組んでの歌曲作詞、また軽妙な語り口を生かしたタレントとしての活動など、マルチプレイヤーとして活動を続けてきた。特にラジオパーソナリティーとしての知名度が高い。古今の芸人についての研究や、政府によるメートル法の厳しすぎる施行で過度に排除された尺貫法の復権を志す運動、佐渡島の独立運動、「天皇陛下に公式の場で和服(着物)をおめしいただこう」という運動(「天皇に着物を!市民連合」略称「天着連」)など、ユニークな取り組みも多い。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た久米宏

    TBSラジオでかつて放送されていた『土曜ワイド』は久米宏が初めてレギュラーを受け持った番組であり、久米は永のことを「拾ってくれた」「恩人」と言っている。しかしのちに永自身が語ったところによると、久米は永からかなりぞんざいに扱われたため、当時はかなり恨んでいたという。現在でも「永さんの前に立つと緊張する」と語っているが、恨みはもっておらず、「大往生」がベストセラーとなった1994年にはニュースステーションの年末特番に「ベストセラー作家」として永がゲスト出演しているほか、2010年1月2日には『久米宏 ラジオなんですけど』にゲスト出演している。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た井上ひさし

    同じく日本共産党の支持者であった井上ひさしとの縁と自身の信念から、井上らが構成する護憲組織「九条の会」に賛同しているが、永の「九条以外は憲法改正してもいい」という考えの賛同メッセージが消されているため、最近は距離を置いている。なお井上とは不仲にならず亡くなるまで親交は続いていたという。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た谷川俊太郎

    1958年には、石原慎太郎、江藤淳、谷川俊太郎、寺山修司、浅利慶太、黛敏郎、福田善之ら若手文化人らと「若い日本の会」を結成し、60年安保に反対した。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た淀川長治

    この頃からNHKのラジオ番組『日曜娯楽版』にネタを投稿するようになる。また、1948年から淀川長治が主催していた「東京映画友の会」の初期の参加メンバーであった。1952年に早稲田大学第二文学部へ入学。大学では民俗学者であった宮本常一の影響を受ける。在学中に三木鶏郎(『日曜娯楽版』の発案者)にスカウトされ、トリローグループのメンバーとして放送作家、司会者としてデビューする。早稲田大学第二文学部史学科を1954年に中退。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たデューク・エイセス

    おさななじみ (作曲:中村八大、歌:デューク・エイセス)永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たオール巨人

    吉本新喜劇はもちろん、運営元の吉本興業を「江戸笑芸(お笑い)を否定する存在」として敵視している。このことから、吉本の元会長の林正之助は、永を苦手としていた(これは、林と暴力団との黒い交際も関係しているといわれる)。他にもオール巨人のスパルタ教育に関しても批判している。ただし桂三枝(現・6代目文枝)はかつて永が来阪する際に鞄持ちをしていた。また吉本のタレントではないが、江戸笑芸を必ず放送するNHKに対し、「民営化しろ!」、「腐ったヤクザな放送局」など、散々文句を言うやしきたかじん(たかじんは単にNHK嫌いであり、永の事を直接批判していない。詳しくはやしきたかじんの項目を参照)に対しても(本人曰く「罵倒までして江戸笑芸を否定する存在」)敵視している。しかし、上方文化そのものを批判しているわけではなく、かつては新宿駅西口地下広場で桂ざこばと反戦フォーク集会ならぬ反戦噺会を開いていたことがある。また、豊竹咲大夫のように『土曜ワイド』に時々ゲスト出演する人もいる。永六輔 フレッシュアイペディアより)

276件中 11 - 20件表示

「永六輔」のニューストピックワード