278件中 21 - 30件表示
  • 永六輔

    永六輔から見た久米宏

    TBSラジオでかつて放送されていた『永六輔の土曜ワイドラジオTokyo』は久米宏が初めてレギュラーを受け持った番組であり、久米は永のことを「拾ってくれた」「恩人」と言っている。しかしのちに永自身が語ったところによると、久米は永からかなりぞんざいに扱われたため、当時はかなり恨んでいたという。現在でも「永さんの前に立つと緊張する」と語っているが、恨みはもっておらず、『大往生』がベストセラーとなった1994年にはニュースステーションの年末特番に「ベストセラー作家」として永がゲスト出演しているほか、2010年1月2日には『久米宏 ラジオなんですけど』にゲスト出演している。また、永の訃報に久米は「永さんは、僕の恩人で先生です。いなくなると、とても困るのです。ですから、永さんはいなくならないのです」とコメントを出した。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たデューク・エイセス

    おさななじみ (作曲:中村八大、歌:デューク・エイセス)永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た浜村淳

    2011年9月6日、MBS、中部日本放送(CBC)、TBSは共同で開局60周年記念番組『御三家ラジオ』を制作、つボイノリオ、浜村淳とともに久しぶりとなるMBSラジオへの出演を果たす。この番組はTBS主導の制作で、前2者との個人的親交もあったことから実現したものだった。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た坂本九

    1959年、作曲家の中村八大からの依頼がきっかけで作詞家として活動を始める。この年、「黒い花びら」で第1回日本レコード大賞を受賞。1959年 - 1966年にかけて中村八大とのコンビにより数々のヒット曲を飛ばし、特に1961年に坂本九が唄って大ヒットした「上を向いて歩こう」がアメリカ合衆国で『スキヤキ・ソング』(Sukiyaki)とタイトルを変え『ビルボード』のウィークリーチャート(Hot 100)で1位(1963年6月15日付けから3週連続)に輝くという金字塔を打ち立てた。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た北島三郎

    帰ろかな (作曲:中村八大、歌:北島三郎 他)永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た福原義春

    『旅に生きる、時間の職人』福原義春共著 求龍堂 1997 福原義春サクセスフルエイジング対談永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た石井好子

    音楽ではシャンソンが好きで、石井好子との学生時代からの交友関係もあった。その一方で、演歌はあまり好きでないが「好きな演歌もある」そうである。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た小堺一機

    物柔らかく高めの声音が明仁天皇に似ていて、永自身も今上天皇の即位前から冗談の種にしている。NHKラジオ第1放送の番組『話芸・笑芸・当たり芸』において「我は高田文夫を深く認識いたします」とのセリフでものまねを披露したこともあった。その一方、永のものまねをした者もいる( →永七輔、小堺一機、タブレット純、大泉洋など)。自らを「男のおばさん」と標榜しており、ピーコなどと仲が良い。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た瀬戸内寂聴

    『人生万歳』瀬戸内寂聴共著 岩波書店 1998 のち新潮文庫 永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た黛敏郎

    題名のない音楽会 (※ 黛敏郎死去後、後任が決まるまでの「代打」として司会を務めた)永六輔 フレッシュアイペディアより)

278件中 21 - 30件表示

「永六輔」のニューストピックワード