276件中 21 - 30件表示
  • 永六輔

    永六輔から見た浜村淳浜村 淳

    2011年9月6日、MBS、中部日本放送(CBC)、TBSは共同で開局60周年記念番組『御三家ラジオ』を制作、つボイノリオ、浜村淳とともに久しぶりとなるMBSラジオへの出演を果たす。しかし、この番組はあくまでもTBSが主導したものであり、これによって永とMBSの関係が直ちに完全修復した訳ではなかった。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たきたやまおさむ

    作詞をやめた理由としては、「テレビに出れば何でも流行するのか」と怖くなったことがあげられる。また、永が多くの詞を提供した作曲家である中村八大といずみたくの2人は、同世代であり互いの曲を意識しあったが、共通の友人でもある永には複雑な思いがあった。特に板挟みのような状況ではなく作曲家2人は仲が良かったのだが、それだけに「友達でいることを優先」したかったことも、その理由のひとつだったと後に本人は述べている。それとともに、シンガーソングライターの出現により「自分が歌いたい歌を作詞すればよい」と思うようになったということもあげられるが、それはシンガーソングライターを否定するものではなく、きたやまおさむとは『土曜ワイド』にたびたびゲストとして招いたり、逆にNHK-FMの『きたやまおさむのレクチャー&ミュージック』に永がゲスト出演する(2010年12月10日・17日など)という仲である。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た坂本九

    1959年、作曲家の中村八大からの依頼がきっかけで作詞家として活動を始める。この年、「黒い花びら」で第1回日本レコード大賞を受賞。1959年 - 1966年にかけて中村八大とのコンビにより数々のヒット曲を飛ばし、特に1961年に坂本九が唄って大ヒットした「上を向いて歩こう」がアメリカ合衆国でスキヤキ・ソングとタイトルを変え『ビルボード』のウィークリーチャート(Hot100)で1位(1963年6月15日付けから3週連続)に輝くという金字塔を打ち立てている。しかしラジオの活動に重きをおくようになった1967年以降は作詞活動から後退し、1969年以降は付き合いを除く作詞活動から撤退した。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た北島三郎北島 三郎

    帰ろかな (作曲:中村八大、歌:北島三郎 他)永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た林正之助

    吉本新喜劇はもちろん、運営元の吉本興業を「江戸笑芸(お笑い)を否定する存在」として敵視している。このことから、吉本の元会長の林正之助は、永を苦手としていた(これは、林と暴力団との黒い交際も関係しているといわれる)。他にもオール巨人のスパルタ教育に関しても批判している。ただし桂三枝(現・6代目文枝)はかつて永が来阪する際に鞄持ちをしていた。また吉本のタレントではないが、江戸笑芸を必ず放送するNHKに対し、「民営化しろ!」、「腐ったヤクザな放送局」など、散々文句を言うやしきたかじん(たかじんは単にNHK嫌いであり、永の事を直接批判していない。詳しくはやしきたかじんの項目を参照)に対しても(本人曰く「罵倒までして江戸笑芸を否定する存在」)敵視している。しかし、上方文化そのものを批判しているわけではなく、かつては新宿駅西口地下広場で桂ざこばと反戦フォーク集会ならぬ反戦噺会を開いていたことがある。また、豊竹咲大夫のように『土曜ワイド』に時々ゲスト出演する人もいる。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た石井好子

    音楽ではシャンソンが好きで、石井好子との学生時代からの交友関係もあった。その一方で、演歌はあまり好きでないが「好きな演歌もある」そうである。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たやしきたかじんやしき たかじん

    吉本新喜劇はもちろん、運営元の吉本興業を「江戸笑芸(お笑い)を否定する存在」として敵視している。このことから、吉本の元会長の林正之助は、永を苦手としていた(これは、林と暴力団との黒い交際も関係しているといわれる)。他にもオール巨人のスパルタ教育に関しても批判している。ただし桂三枝(現・6代目文枝)はかつて永が来阪する際に鞄持ちをしていた。また吉本のタレントではないが、江戸笑芸を必ず放送するNHKに対し、「民営化しろ!」、「腐ったヤクザな放送局」など、散々文句を言うやしきたかじん(たかじんは単にNHK嫌いであり、永の事を直接批判していない。詳しくはやしきたかじんの項目を参照)に対しても(本人曰く「罵倒までして江戸笑芸を否定する存在」)敵視している。しかし、上方文化そのものを批判しているわけではなく、かつては新宿駅西口地下広場で桂ざこばと反戦フォーク集会ならぬ反戦噺会を開いていたことがある。また、豊竹咲大夫のように『土曜ワイド』に時々ゲスト出演する人もいる。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た悠仁親王

    2006年11月19日、日比谷公会堂で開かれた『週刊金曜日』主催の「ちょっと待った!教育基本法改悪 共謀罪 憲法改悪 緊急市民集会」に参加し、「君が代」をアメリカの有名な行進曲「星条旗よ永遠なれ」のメロディーで歌う。また当日、この集会にて皇室コントが演じられ、産まれたばかりの赤ん坊である悠仁親王を「猿のぬいぐるみ」に仕立てて放り投げたり、前立腺癌を以前今上天皇が患ったことが笑いのネタにされた。このことについて、週刊新潮の取材に永は「車が渋滞して遅れ、3時半に到着したから、そのコント自体見てもいないし、全然わからない。だから『週刊金曜日』に聞いてほしい」とコメントした。このコントのほか、趙博が歌う天皇侮辱ソングを称揚したことがある。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た瀬戸内寂聴

    人生万歳 (著:永六輔・瀬戸内寂聴、岩波書店、1998年 / 新潮社〈新潮文庫〉、2003年)永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た浅野史郎

    辛淑玉と親しい仲であり、彼女が『世界一受けたい授業』に講師として出演した際「推薦VTR」で出演していたほどである。また、2007年5月5日に長野県松本市の寺で行った彼女の生前葬では葬儀委員長を務め、無着成恭と共に読経した。この関係と元祖フェミニストの中山千夏との親しい縁から、当時の「反ジェンダーフリー・保守的教育復興運動」には批判的で、2007年の東京都知事選挙では親交のある中山千夏と共に浅野史郎を支援した。永六輔 フレッシュアイペディアより)

276件中 21 - 30件表示

「永六輔」のニューストピックワード