276件中 31 - 40件表示
  • 永六輔

    永六輔から見た秋元康

    テレビ放送60周年 わたしとテレビ?伊東四朗さんと語る“テレビのチカラ”(2013年2月3日放送。番組内で秋元康と対談)永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た田原総一朗田原 総一朗

    左翼を公言する永は、しんぶん赤旗の日本共産党推薦人に名前を連ねたり、党が主催するイベントや支持団体の講演者として度々講演している。また、日本共産党中央主催の赤旗まつりでは色紙展に出品するのが恒例となっている。それゆえ権力者の如き振る舞いを見せる者を徹底的に嫌っていて、たとえ付き合いのある相手でもそういう振舞いを見せれば袂を分かって徹底批判する。代表的な例では青島幸男が東京都知事時代、官僚と対決する公約を破っていると指摘した。野坂昭如を青島が罵倒していたことで、青島批判したケースや、田原総一朗が石原慎太郎におもねった発言をしたとの理由で批判している。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た渥美清

    1946年に長野県立上田中学校(旧制)に入学するが翌年東京へ帰り早稲田中学校(旧制)に2年編入で転校。この間同校が学制改革により新制の早稲田中学校・高等学校となったため3年で高等学校に昇級進学して卒業する。ラジオに興味を持ち、焼け跡の金属を換金し秋葉原で部品を買い鉱石ラジオを組み立てるグループを作る。そのグループのリーダーが渥美清であった。 永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た遠藤泰子

    連続ドラマ ヨイショ (※ 主人公の渥美清にインタビューするラジオ番組の司会者として、遠藤泰子とともにゲスト出演。)永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た讀賣テレビ放送

    読売テレビの『遠くへ行きたい』には、永の趣味である旅番組であるために出演をしていて、番組開始時はレギュラー出演していたが、その後は不定期出演になった。さらに、1980年代後半には国鉄分割民営化に反対する新聞の意見広告に出たため、スポンサー(さらには分割民営化を推進した政府)との関係で出演しなかった時期もある。ただし、現在は出演回数は少なくなっているものの再び出演するようになっており、番組制作会社であるテレビマンユニオンとの関係も基本的には良好である。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た中部日本放送

    2011年9月6日、MBS、中部日本放送(CBC)、TBSは共同で開局60周年記念番組『御三家ラジオ』を制作、つボイノリオ、浜村淳とともに久しぶりとなるMBSラジオへの出演を果たす。しかし、この番組はあくまでもTBSが主導したものであり、これによって永とMBSの関係が直ちに完全修復した訳ではなかった。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た桃屋

    初めてテレビ出演したのが浅田飴、初めてスポンサーラジオ番組を持ったのが桃屋だが、つながりができた理由は自身の語るところによると「江戸風俗・芸能に造詣が深いから」だそうである。自身の信念とは正反対の文藝春秋で記事を書くこともあるが、これも「江戸風俗・芸能に造詣が深いから」書けるとの事。しかし、文藝春秋で書いていることについて「あいつらに人質にとられているようなものですよ」と半ば自嘲気味に語っている。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た幻冬舎

    悪党諸君 (青林工芸舎、1999年 / 幻冬舎〈幻冬舎文庫〉、2002年)永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たディズニー

    ディズニーの日本語版製作のアルバイトをしていた関係で1956年には同社のアニメ映画『わんわん物語』でチワワのペドロの声を演じた。続けて『バンビ』『ダンボ』にも声優として出演している。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た近畿日本鉄道

    近鉄の歌(作曲:中村八大、近畿日本鉄道の社歌)永六輔 フレッシュアイペディアより)

276件中 31 - 40件表示

「永六輔」のニューストピックワード