278件中 41 - 50件表示
  • 永六輔

    永六輔から見た豊田泰光

    もっとも1982年6月12日、文化放送などで放送されていたさだまさしのセイ!ヤングに出演したことがある。また、2002年頃、文化放送制作のナイター中継にゲスト出演したことがあるが、これは同局で野球解説をしている豊田泰光がパーソナリティを務めた番組にゲスト出演したのがきっかけである。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た田原総一朗

    青島幸男が東京都知事時代、官僚と対決する公約を破っていると指摘した。田原総一朗が石原慎太郎におもねった発言をしたとの理由で批判している。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た渥美清

    1946年に長野県立上田中学校(旧制)に入学するが翌年東京へ帰り早稲田中学校(旧制)に2年編入で転校。この間同校が学制改革により新制の早稲田中学校・高等学校となったため3年で高等学校に昇級進学して卒業する。ラジオに興味を持ち、焼け跡の金属を換金し秋葉原で部品を買い鉱石ラジオを組み立てるグループを作る。そのグループのリーダーが渥美清であった。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た桂米朝 (3代目)

    1960年代には1年間大阪で漫才作家の修行を積み若井はんじ・けんじらの漫才台本を書く。この頃にのちにやなぎ句会で一緒になる桂米朝と出会う。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た新潮社

    自身の信念とは正反対の文藝春秋で記事を書くこともあるが、これも「江戸風俗・芸能に造詣が深いから」書けるとの事。しかし、文藝春秋で書いていることについて「あいつらに人質にとられているようなものですよ」と半ば自嘲気味に語っている。新潮社でも「江戸風俗・芸能に造詣が深い」との理由から長らく記事を書いていたが、親交のある灰谷健次郎が斎藤十一のやり方に抗議して絶縁した1997年以降疎遠となり、週刊金曜日主催の「ちょっと待った! 教育基本法改悪 共謀罪 憲法改悪 緊急市民集会」での言動を同社の雑誌に批判されてからは完全に絶縁した。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た小学館

    長女の永千絵は映画エッセイスト、次女の永麻理は元フジテレビアナウンサー(現在はフリーアナウンサー)、孫は4人おり麻理の長男にあたる俳優の育之介(2016年までは育乃介として活動)、次男にあたるのは「大遺言」(小学館刊)の著者拓実。また、藤本義一とは遠戚である。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た近畿日本鉄道

    近鉄の歌(1966年、作曲:中村八大、近畿日本鉄道の社歌)永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た松竹

    男はつらいよ 寅次郎純情詩集(1976年12月25日公開、山田洋次監督、松竹) - 根津神社の警官 役永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た中部日本放送

    2011年9月6日、MBS、中部日本放送(CBC)、TBSは共同で開局60周年記念番組『御三家ラジオ』を制作、つボイノリオ、浜村淳とともに久しぶりとなるMBSラジオへの出演を果たす。この番組はTBS主導の制作で、前2者との個人的親交もあったことから実現したものだった。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た桃屋

    初めてテレビCM出演したのが浅田飴、初めてスポンサーラジオ番組を持ったのが桃屋だが、つながりができた理由は自身の語るところによると「江戸風俗・芸能に造詣が深いから」という。永六輔 フレッシュアイペディアより)

278件中 41 - 50件表示

「永六輔」のニューストピックワード