276件中 51 - 60件表示
  • 永六輔

    永六輔から見た植木等

    万葉集(作曲:中村八大、歌:植木等永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    1960年代には1年間大阪で漫才作家の修行を積み若井はんじ・けんじらの漫才台本を書く。この頃にのちにやなぎ句会で一緒になる桂米朝と出会う。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た寺山修司

    1958年には、石原慎太郎、江藤淳、谷川俊太郎、寺山修司、浅利慶太、黛敏郎、福田善之ら若手文化人らと「若い日本の会」を結成し、60年安保に反対した。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た桂ざこば (2代目)桂 ざこば

    吉本新喜劇はもちろん、運営元の吉本興業を「江戸笑芸(お笑い)を否定する存在」として敵視している。このことから、吉本の元会長の林正之助は、永を苦手としていた(これは、林と暴力団との黒い交際も関係しているといわれる)。他にもオール巨人のスパルタ教育に関しても批判している。ただし桂三枝(現・6代目文枝)はかつて永が来阪する際に鞄持ちをしていた。また吉本のタレントではないが、江戸笑芸を必ず放送するNHKに対し、「民営化しろ!」、「腐ったヤクザな放送局」など、散々文句を言うやしきたかじん(たかじんは単にNHK嫌いであり、永の事を直接批判していない。詳しくはやしきたかじんの項目を参照)に対しても(本人曰く「罵倒までして江戸笑芸を否定する存在」)敵視している。しかし、上方文化そのものを批判しているわけではなく、かつては新宿駅西口地下広場で桂ざこばと反戦フォーク集会ならぬ反戦噺会を開いていたことがある。また、豊竹咲大夫のように『土曜ワイド』に時々ゲスト出演する人もいる。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た桂小金治

    桂小金治アフタヌーンショー (※ 司会の桂小金治と喧嘩して降板、テレビから遠ざかる原因となったとされる)永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た荒木一郎

    永が作詞家として全盛期を迎えたのは、日本のミュージックシーンに作詞・作曲から歌まで1人で手がけるシンガーソングライターが登場した時期でもあった。ビートルズが来日した1966年は、美輪明宏が「ヨイトマケの唄」を、さらに荒木一郎が「空に星があるように」を、自ら作詞・作曲し歌ってヒットさせた年でもある。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た上柳昌彦

    その10年後、2004年(平成16年)7月15日のニッポン放送開局50周年特別番組に録音出演した。「他の局の人から見たニッポン放送」というコーナーの2人のゲストのうちの1人だった(もう1人のゲストは、元・文化放送アナウンサーの吉田照美)。ニッポン放送側からの度重なる出演依頼を断りきれなくなったから、と述べている。これには同コーナーのホスト役を務めた同局アナウンサー・上柳昌彦が、学生時代からの永のラジオ番組リスナーだったことが大きい。その後、2011年(平成23年)4月22日にもニッポン放送に出演した。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たCBCラジオ

    朝日放送・中部日本放送・琉球放送で仕事をしたことがあるが、個人的付き合いに留まっている(朝日放送はアナウンサーの道上洋三との、中部日本放送はつボイノリオとの親しい縁から、琉球放送は親交のあった灰谷健次郎が居を構えていた事から)。また、この他にも永六輔を尊敬しているパーソナリティは多い。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た琉球放送

    朝日放送・中部日本放送・琉球放送で仕事をしたことがあるが、個人的付き合いに留まっている(朝日放送はアナウンサーの道上洋三との、中部日本放送はつボイノリオとの親しい縁から、琉球放送は親交のあった灰谷健次郎が居を構えていた事から)。また、この他にも永六輔を尊敬しているパーソナリティは多い。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たTBSラジオ&コミュニケーションズ

    それまで構成作家として関わってきたラジオ番組だが1959年放送開始の『昨日の続き』(ラジオ関東)にて初めて出演することとなる。この番組は当時としては珍しい台本無しのフリートークで進められる番組で、番組そのものは1971年まで続いた(ただし永六輔は途中で降りた)。1966年に『夢であいましょう』が終了すると活躍の場をラジオに求め、翌年の1967年に『誰かとどこかで』がスタートする。それ以降は、ラジオに重きを置くようになっているが、TBSラジオ以外の首都圏のラジオ局では最近は定時番組(レギュラー)での仕事をしていない。ちなみに、自身担当のラジオ番組では、番組挨拶をせずにオープニングトークに入る事が多い。永六輔 フレッシュアイペディアより)

276件中 51 - 60件表示

「永六輔」のニューストピックワード