276件中 61 - 70件表示
  • 永六輔

    永六輔から見たニッポン放送

    文化放送とニッポン放送には自身と政治思想・信条が違うとの理由から長らく出演していなかったという説があるが、両社が共同出資し設立したフジテレビの番組には出演していたことがある。しかし徐々に疎遠になり、実子の永麻理がアナウンサーとして入社すると、「公私混同を避けるため」との理由から出演しなくなったが、実子がフリーになって長く経った2011年10月23日・30日放送の『ボクらの時代』に出演した。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た日本放送協会

    この頃からNHKのラジオ番組『日曜娯楽版』にネタを投稿するようになる。また、1948年から淀川長治が主催していた「東京映画友の会」の初期の参加メンバーであった。1952年に早稲田大学第二文学部へ入学。大学では民俗学者であった宮本常一の影響を受ける。在学中に三木鶏郎(『日曜娯楽版』の発案者)にスカウトされ、トリローグループのメンバーとして放送作家、司会者としてデビューする。早稲田大学第二文学部史学科を1954年に中退。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た山梨放送

    テレビ番組の出演は、テレビ朝日の『徹子の部屋』、よみうりテレビの『遠くへ行きたい』、NHKの『視点・論点』、山梨放送の旅番組、朝日ニュースターの『痛快!おんな組』、そして不定期にあるドキュメンタリー番組の案内人しかテレビ出演をしないとされている(他にNHKの特別番組においてVTR出演することもある)。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た趙博

    2006年11月19日、日比谷公会堂で開かれた『週刊金曜日』主催の「ちょっと待った!教育基本法改悪 共謀罪 憲法改悪 緊急市民集会」に参加し、「君が代」をアメリカの有名な行進曲「星条旗よ永遠なれ」のメロディーで歌う。また当日、この集会にて皇室コントが演じられ、産まれたばかりの赤ん坊である悠仁親王を「猿のぬいぐるみ」に仕立てて放り投げたり、前立腺癌を以前今上天皇が患ったことが笑いのネタにされた。このことについて、週刊新潮の取材に永は「車が渋滞して遅れ、3時半に到着したから、そのコント自体見てもいないし、全然わからない。だから『週刊金曜日』に聞いてほしい」とコメントした。このコントのほか、趙博が歌う天皇侮辱ソングを称揚したことがある。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た高橋信三

    この時の理由は、「関西では江戸笑芸が受け入れられにくく、テレビ寄席の視聴率が低迷するのは予想できたことだった」(MBS社長高橋信三のコメント)というものだったが、永は「吉本興業とMBSが結託して江戸笑芸を否定しようとしている」と猛反発し、両社に対する攻撃を開始した。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たハイポジ

    今夜はヘンな夜 (作曲:もりばやしみほ、歌:もりばやしみほ + ハイポジ)永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た若井はんじ・けんじ

    1960年代には1年間大阪で漫才作家の修行を積み若井はんじ・けんじらの漫才台本を書く。この頃にのちにやなぎ句会で一緒になる桂米朝と出会う。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た宮本隆治宮本 隆治

    2003年8月9日にNHKで生放送された『思い出のメロディー』において、自身が作詞した「こんにちは赤ちゃん」がヒットした社会背景を巡り、「浩宮が赤ちゃんを産んで、その方がまた赤ちゃんを産んで」等のアドリブ発言をした。どよめく会場と、それに驚いた司会進行役の宮本隆治アナウンサーが言い直したが、NHKに抗議が相次いだ。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た灰谷健次郎

    朝日放送・中部日本放送・琉球放送で仕事をしたことがあるが、個人的付き合いに留まっている(朝日放送はアナウンサーの道上洋三との、中部日本放送はつボイノリオとの親しい縁から、琉球放送は親交のあった灰谷健次郎が居を構えていた事から)。また、この他にも永六輔を尊敬しているパーソナリティは多い。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た梓みちよ梓 みちよ

    こんにちは赤ちゃん (作曲:中村八大、歌:梓みちよ 他)永六輔 フレッシュアイペディアより)

276件中 61 - 70件表示

「永六輔」のニューストピックワード