276件中 81 - 90件表示
  • 永六輔

    永六輔から見たビートルズ

    永が作詞家として全盛期を迎えたのは、日本のミュージックシーンに作詞・作曲から歌まで1人で手がけるシンガーソングライターが登場した時期でもあった。ビートルズが来日した1966年は、美輪明宏が「ヨイトマケの唄」を、さらに荒木一郎が「空に星があるように」を、自ら作詞・作曲し歌ってヒットさせた年でもある。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た宮本常一

    この頃からNHKのラジオ番組『日曜娯楽版』にネタを投稿するようになる。また、1948年から淀川長治が主催していた「東京映画友の会」の初期の参加メンバーであった。1952年に早稲田大学第二文学部へ入学。大学では民俗学者であった宮本常一の影響を受ける。在学中に三木鶏郎(『日曜娯楽版』の発案者)にスカウトされ、トリローグループのメンバーとして放送作家、司会者としてデビューする。早稲田大学第二文学部史学科を1954年に中退。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たトリローグループ

    この頃からNHKのラジオ番組『日曜娯楽版』にネタを投稿するようになる。また、1948年から淀川長治が主催していた「東京映画友の会」の初期の参加メンバーであった。1952年に早稲田大学第二文学部へ入学。大学では民俗学者であった宮本常一の影響を受ける。在学中に三木鶏郎(『日曜娯楽版』の発案者)にスカウトされ、トリローグループのメンバーとして放送作家、司会者としてデビューする。早稲田大学第二文学部史学科を1954年に中退。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た高田文夫

    1994年(平成6年)8月25日、ニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』にゲスト出演(TBSラジオの『土曜ワイド』でも高田文夫の年賀状が読み上げられたことがある)。生放送中に、放送禁止用語を述べ、局関係者を慌てさせた。ちなみに、高田文夫は若い頃に永六輔の『パック・イン・ミュージック』を熱心に聴いていたそうである。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見たベンチャーズ

    ザ・ベンチャーズの "GINZA LIGHTS"が原曲。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た辛淑玉

    辛淑玉と親しい仲であり、彼女が『世界一受けたい授業』に講師として出演した際「推薦VTR」で出演していたほどである。また、2007年5月5日に長野県松本市の寺で行った彼女の生前葬では葬儀委員長を務め、無着成恭と共に読経した。この関係と元祖フェミニストの中山千夏との親しい縁から、当時の「反ジェンダーフリー・保守的教育復興運動」には批判的で、2007年の東京都知事選挙では親交のある中山千夏と共に浅野史郎を支援した。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た浅利慶太

    1958年には、石原慎太郎、江藤淳、谷川俊太郎、寺山修司、浅利慶太、黛敏郎、福田善之ら若手文化人らと「若い日本の会」を結成し、60年安保に反対した。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た豊田泰光

    もっとも1982年(昭和57年)6月12日、文化放送などで放送されていたさだまさしのセイ!ヤングに出演したことがある。また、2002年頃、文化放送制作のナイター中継にゲスト出演したことがあるが、これは同局で野球解説をしている豊田泰光がパーソナリティを務めた番組にゲスト出演したのがきっかけである。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た藤本義一 (作家)

    長女の永千絵は映画エッセイスト、次女の永麻理は元フジテレビアナウンサー(現在はフリー)、次女の長男で孫の育乃介は俳優。藤本義一とは遠戚である。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た三波春夫

    明日咲くつぼみに (1997年、作曲:久米大作、歌:三波春夫)永六輔 フレッシュアイペディアより)

276件中 81 - 90件表示

「永六輔」のニューストピックワード