27件中 11 - 20件表示
  • 永守重信

    永守重信から見た誕生

    京都府向日市において、六人兄弟の末っ子として誕生する。1963年、京都市立洛陽工業高等学校卒業。1967年、職業訓練大学校(現在の職業能力開発総合大学校)を主席の学業成績で卒業。ティアック株式会社、同社子会社である山科精器株式会社において、取締役の経歴を経て、ティアック株式会社の持ち株を元に1973年7月、日本電産株式会社を創業。社長を含めて四人での創業であった。以後、日本電産株式会社の代表取締役社長として、同社を日本を代表する小型モーター製造会社に育て、モーター事業において、世界首位の実績を誇る企業に育て上げた。永守重信 フレッシュアイペディアより)

  • 永守重信

    永守重信から見た取締役

    京都府向日市において、六人兄弟の末っ子として誕生する。1963年、京都市立洛陽工業高等学校卒業。1967年、職業訓練大学校(現在の職業能力開発総合大学校)を主席の学業成績で卒業。ティアック株式会社、同社子会社である山科精器株式会社において、取締役の経歴を経て、ティアック株式会社の持ち株を元に1973年7月、日本電産株式会社を創業。社長を含めて四人での創業であった。以後、日本電産株式会社の代表取締役社長として、同社を日本を代表する小型モーター製造会社に育て、モーター事業において、世界首位の実績を誇る企業に育て上げた。永守重信 フレッシュアイペディアより)

  • 永守重信

    永守重信から見た職業能力開発総合大学校

    京都府向日市において、六人兄弟の末っ子として誕生する。1963年、京都市立洛陽工業高等学校卒業。1967年、職業訓練大学校(現在の職業能力開発総合大学校)を主席の学業成績で卒業。ティアック株式会社、同社子会社である山科精器株式会社において、取締役の経歴を経て、ティアック株式会社の持ち株を元に1973年7月、日本電産株式会社を創業。社長を含めて四人での創業であった。以後、日本電産株式会社の代表取締役社長として、同社を日本を代表する小型モーター製造会社に育て、モーター事業において、世界首位の実績を誇る企業に育て上げた。永守重信 フレッシュアイペディアより)

  • 永守重信

    永守重信から見た下請け

    「情熱、熱意、執念」、「知的ハードワーキング」、「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」の三つを経営哲学としている。また、日本電産創業時に「同族会社にしない」、「下請けはやらない」、「世界に君臨する企業を目指す」という経営理念を掲げており、それを実践している。永守重信 フレッシュアイペディアより)

  • 永守重信

    永守重信から見た同族会社

    「情熱、熱意、執念」、「知的ハードワーキング」、「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」の三つを経営哲学としている。また、日本電産創業時に「同族会社にしない」、「下請けはやらない」、「世界に君臨する企業を目指す」という経営理念を掲げており、それを実践している。永守重信 フレッシュアイペディアより)

  • 永守重信

    永守重信から見た神主

    1978年、日本電産が倒産危機に陥った時、「困ったときの神頼み」で京都の九頭竜大社の神主に鑑定を受けると、運命は来年の節分に変わるから経営を継続する様にと助言された。翌年の節分に、IBMからの大量注文が入り、倒産の危機を乗り越えて急成長していった、と新聞のインタビューで述べている。なお現在、九頭竜大社では鑑定は行っていない。永守重信 フレッシュアイペディアより)

  • 永守重信

    永守重信から見た向日市

    京都府向日市において、六人兄弟の末っ子として誕生する。1963年、京都市立洛陽工業高等学校卒業。1967年、職業訓練大学校(現在の職業能力開発総合大学校)を主席の学業成績で卒業。ティアック株式会社、同社子会社である山科精器株式会社において、取締役の経歴を経て、ティアック株式会社の持ち株を元に1973年7月、日本電産株式会社を創業。社長を含めて四人での創業であった。以後、日本電産株式会社の代表取締役社長として、同社を日本を代表する小型モーター製造会社に育て、モーター事業において、世界首位の実績を誇る企業に育て上げた。永守重信 フレッシュアイペディアより)

  • 永守重信

    永守重信から見た京都市立洛陽工業高等学校

    京都府向日市において、六人兄弟の末っ子として誕生する。1963年、京都市立洛陽工業高等学校卒業。1967年、職業訓練大学校(現在の職業能力開発総合大学校)を主席の学業成績で卒業。ティアック株式会社、同社子会社である山科精器株式会社において、取締役の経歴を経て、ティアック株式会社の持ち株を元に1973年7月、日本電産株式会社を創業。社長を含めて四人での創業であった。以後、日本電産株式会社の代表取締役社長として、同社を日本を代表する小型モーター製造会社に育て、モーター事業において、世界首位の実績を誇る企業に育て上げた。永守重信 フレッシュアイペディアより)

  • 永守重信

    永守重信から見た5S

    優秀な技術を持つが経営不振に陥った企業を次々買収し、子会社化して再建させることで知られる。個人で筆頭株主となり、会長にも就任して、経営不振に陥った企業の債権を行う。日本電産グループ内には、3Q6Sを行う組織が存在する。6Sは製造業でよく使われる5Sに「作法」を加えたもの、3QはQuality Worker/Company/Products。永守重信 フレッシュアイペディアより)

  • 永守重信

    永守重信から見たサーボモータ

    『メカトロニクスのためのDCサーボモータ』総合電子出版社 ISBN 978-4915449277 (1994年7月出版)永守重信 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「永守重信」のニューストピックワード