前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
128件中 1 - 10件表示
  • 平澤光秀

    平澤光秀から見た永田裕志永田裕志

    会社を辞め、2005年3月に新日本プロレスに入団。また、練習生時代に全日本社会人選手権に出場しフリースタイル120kg級で優勝。2006年1月28日、後楽園ホールの飯塚高史戦でデビュー。4月26日、裕次郎戦で初勝利を果たした。その後、ZERO1-MAX(現:ZERO1)との対抗戦や、永田裕志とのタッグ“青義軍”でG1 TAG LEAGUEにエントリーするなどと様々な経験を積んでいる。平澤光秀 フレッシュアイペディアより)

  • レッスルキングダム (プロレス興行)

    レッスルキングダム (プロレス興行)から見た永田裕志永田裕志

    第1回興行は全面的に協力した全日本プロレスとの対抗・協力戦となった。そのためIWGPヘビー級王座と三冠ヘビー級王座の開催も決定した。挑戦相手は、それぞれ直訴していた永田裕志が三冠に、太陽ケアがIWGPへの挑戦が決定した。闘魂三銃士である武藤敬司と蝶野正洋が久々にタッグを結成する。対戦相手は「2006世界最強タッグリーグ戦」を見事制覇した“テンコジ”こと天山広吉と小島聡。結果は闘魂三銃士組が勝ち、世代交代はさせなかった。また武藤・蝶野組が退場する際、橋本の白ハチマキを巻くと、同じく闘魂三銃士の故・橋本真也の映像がドームに流され同選手の入場曲「爆勝宣言」が流され、2人は天へポーズを決めた。レッスルキングダム (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • バックドロップ

    バックドロップから見た永田裕志永田裕志

    現代においてバックドロップを明確にフィニッシュとして用いているのは渕正信、森嶋猛、小川良成、永田裕志、大矢剛功、山本尚史、百田光雄、後藤達俊、間下隼人等である。小川や永田はバックドロップ・ホールドも得意としており、フィニッシュにはこちらの方がよく使われている。バックドロップ フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た永田裕志永田裕志

    大会公式戦消化中の11月28日、別れ話のもつれから交際相手であった当時テレビ番組ADの女性に刃物で背後から背中を刺されて重傷を負う。棚橋は負傷したまま原動機付二輪車に乗り、最寄りの病院に駆け込み緊急治療を受けて一命を取り留めたものの傷は深く、人体の総血液量(体重のおよそ 1/13(約8%))の約3分の1にあたる1.7リットルの血液を失い、一時は意識不明に陥ったほどであった(なお、その女性とは示談が成立して棚橋が女性を宥恕していることなどが認められ、女性は執行猶予付きの判決となった)。刺傷事件からの復帰後の2003年4月23日に自ら提唱したU-30王座(後にU-30無差別級王座に改称)を、6月13日に吉江豊とIWGPタッグ王座を、11月30日に永田裕志とGHCタッグ王座を続けざまに獲得し、12月14日にIWGPタッグ王座から転落するまでの約半月間、三冠王として君臨した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 中西学

    中西学から見た永田裕志永田裕志

    1996年9月に凱旋帰国。1997年には小島聡と組んで第31代IWGPタッグ王座に就く。1999年にはG1 CLIMAXで初優勝。同年、永田裕志と組んで第39代IWGPタッグ王座にも就いた。中西学 フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス

    新日本プロレスから見た永田裕志永田裕志

    10月8日、東京ドーム興行にプロレスリング・ノアの秋山準が参戦。永田裕志と組み、武藤&馳浩組に勝利。新日本とノアの交流が始まる。新日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • チャンピオン・カーニバル (プロレス)

    チャンピオン・カーニバル (プロレス)から見た永田裕志永田裕志

    チャンピオン・カーニバルとG1 CLIMAX2冠制覇 - 武藤敬司(2002年、2004年、2007年。G1は1995年)、佐々木健介(2005年。G1は1997年と2000年)、小島聡(2003年。G1は2010年)、永田裕志(2011年。G1は2001年)チャンピオン・カーニバル (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚高史

    飯塚高史から見た永田裕志永田裕志

    この後も、野上彰との「J・J・JACKS」、山崎一夫・永田裕志・木戸修との「山崎隊」など、ユニットの形でチャンスを与えられるが、生かすことは出来ず、「隠れた実力派」と称される中堅選手の位置に甘んじていた。飯塚高史 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野通

    矢野通から見た永田裕志永田裕志

    10月10日、全試合終了後の勝利者インタビュー中に棚橋を襲撃し、IWGPヘビー級王座を強奪。IWGP王座の「I」の部位にガムテープを貼り付けマーカーで「Y」と書き記しカスタマイズ。以降、自らを「YWGP(ヤノ・レスリング・グランプリ)王者」と名乗り、棚橋を挑発した。11月12日、強奪したベルトをかけて棚橋と対戦するもテキサスクローバーホールドでギブアップ負けをする。試合後にはふてぶてしくベルトを持ち逃げしようとしたが、永田裕志に阻まれ、ベルトを奪還されてしまう。矢野通 フレッシュアイペディアより)

  • 高山善廣

    高山善廣から見た永田裕志永田裕志

    リハビリやタレント活動を経て、2006年7月16日、ノア日本武道館大会で復帰。佐々木健介と組んで、三沢光晴・秋山準組と対戦し、秋山のリストクラッチ式エクスプロイダーに敗れた。10月8日の新日本両国国技館大会では鈴木みのるとタッグを組み、永田裕志・山本尚史組と対戦。高山善廣 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
128件中 1 - 10件表示

「永田裕志」のニューストピックワード