前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
163件中 1 - 10件表示
  • レッスルキングダム (プロレス興行)

    レッスルキングダム (プロレス興行)から見た永田裕志永田裕志

    第1回は、全日本プロレスの全面協力のもと新日本プロレス&全日本プロレス創立35周年記念大会が行われた。そのためIWGPヘビー級王座と三冠ヘビー級王座のタイトルマッチの開催も決定。挑戦相手は、それぞれ直訴していた永田裕志が三冠に、太陽ケアがIWGPへの挑戦が決定した。メインイベントでは、闘魂三銃士である武藤敬司と蝶野正洋が久々にタッグを結成。2006年度世界最強タッグ決定リーグ戦を見事制覇したテンコジ(天山広吉 & 小島聡)と相対する事が決定した。レッスルキングダム (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • マイバッハ谷口

    マイバッハ谷口から見た永田裕志永田裕志

    10月〜11月、グローバル・リーグ戦2013に出場し、Bブロックにエントリー。勝ち点6でBブロック3位に終わるも、優勝した永田裕志を破るなどしている。マイバッハ谷口 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た永田裕志永田裕志

    全日本時代とは異なり、他団体との交流戦にも積極的に出場。新日本プロレスの永田裕志と団体の垣根を越えた信頼関係を築き、2002年1月の新日本東京ドーム大会ではメインでGHCヘビー戦を行い、永田に勝利した。2003年には新日本のG1クライマックスに参戦し決勝戦に進出するも、天山広吉に敗れた。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 中西学

    中西学から見た永田裕志永田裕志

    1996年9月に凱旋帰国し、1997年に小島聡とのタッグ、ブル・パワーズとしてIWGPタッグ王座を獲得するなど小細工なしの直線的なパワーファイトでタッグ戦線を中心に活躍する。一方でG1 CLIMAXに1回戦敗退で終えるなど、シングルでの戦績は不振に陥っていたが、1999年のG1では公式リーグ戦をトップで通過して決勝トーナメントに進出。準決勝戦で橋本真也を下し、決勝戦で武藤敬司からアルゼンチン・バックブリーカーで勝利を収め初優勝を果たし、第三世代として初の栄冠を手にした。その後、同世代の永田裕志と共にIWGPタッグ王座に2度目の戴冠を果たすと、同じく同世代のテンコジ(天山広吉 & 小島聡)と抗争に明け暮れ、幾度となくタイトルマッチで対戦していった。中西学 フレッシュアイペディアより)

  • カール・アンダーソン (プロレスラー)

    カール・アンダーソン (プロレスラー)から見た永田裕志永田裕志

    そんなアンダーソンの所に、日本に渡り実績を積み重ねていたデヴィットより「試合しているVTRを送ってほしい」との連絡が入る。言われるがままに日本にVTRを送付、すると新日本プロレスより「3カ月契約で日本に来てほしい」とスカウトが入り(日本側ではプリンス・デヴィットの他後述の通り永田裕志からの推薦もあったとのこと)来日のチャンスを得る。カール・アンダーソン (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 矢野通

    矢野通から見た永田裕志永田裕志

    10月10日、矢野は全試合終了後の勝利者インタビュー中に棚橋とこの時すでに挑戦を表明していた永田裕志を襲撃し、IWGPヘビー級王座と同王座への挑戦権を強奪、IWGP王座の「I」の部位にガムテープを貼り付けマーカーで「Y」と書き記しカスタマイズした。以降自らを「YWGP(ヤノ・レスリング・グランプリ)王者」と名乗り、棚橋を挑発した、11月12日に強奪したベルトをかけて棚橋と対戦するも、テキサスクローバーホールドでギブアップ負けした。試合後、矢野はふてぶてしくベルトを持ち逃げしようとしたが永田に阻まれ、ベルトを奪還された。矢野通 フレッシュアイペディアより)

  • チャンピオン・カーニバル (プロレス)

    チャンピオン・カーニバル (プロレス)から見た永田裕志永田裕志

    チャンピオン・カーニバルとG1 CLIMAX2冠制覇 - 武藤敬司(2002年、2004年、2007年。G1は1995年)、佐々木健介(2005年。G1は1997年と2000年)、小島聡(2003年。G1は2010年)、永田裕志(2011年。G1は2001年)チャンピオン・カーニバル (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • クリップラー・クロスフェイス

    クリップラー・クロスフェイスから見た永田裕志永田裕志

    クリス・ベノワが最も有名な使い手であるため、ベノワのニックネーム「ザ・クリップラー」に因んでクリップラー・クロスフェイスと呼ばれることが多い。日本では永田裕志がナガタロックIIの名称で使用しており、そちらの名称でも知られる。クリップラー・クロスフェイス フレッシュアイペディアより)

  • 石澤常光

    石澤常光から見た永田裕志永田裕志

    1996年3月、第7回ヤングライオン杯にて優勝。このさい、優勝賞金としてセレモニーで手渡された小切手型のボードを半分に折り、決勝で敗った永田裕志に片方を渡して健闘を称えるという、後のカシンの姿からは想像もできない振る舞いを見せている。石澤常光 フレッシュアイペディアより)

  • J SPORTS CROWN〜無差別級6人タッグトーナメント〜

    J SPORTS CROWN〜無差別級6人タッグトーナメント〜から見た永田裕志永田裕志

    永田裕志(新日本プロレス)&井上亘(新日本プロレス)&平澤光秀(新日本プロレス)J SPORTS CROWN〜無差別級6人タッグトーナメント〜 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
163件中 1 - 10件表示

「永田裕志」のニューストピックワード