128件中 91 - 100件表示
  • ファイヤープロレスリングの登場レスラー

    ファイヤープロレスリングの登場レスラーから見た永田裕志永田裕志

    阪田祐次郎(永田裕志ファイヤープロレスリングの登場レスラー フレッシュアイペディアより)

  • 総合格闘技

    総合格闘技から見た永田裕志永田裕志

    アントニオ猪木らがプロレス最強論を展開していたために、プロレスの総合適性への期待は高かったが、UFC1にプロレス(シュート・ファイテング)代表として参戦したケン・シャムロックは、ホイス・グレイシーに敗れる。しかし、ケン・シャムロックはホイス・グレイシーとUFC 5で再戦した際、前回の敗北を教訓にして引き分けている。桜庭和志がPRIDE.8でホイラー・グレイシーを下し、UFC以後、初めてグレイシー一族を総合格闘技試合で破った。その後、グレイシー一族を立て続けに破り、「グレイシーハンター」「プロレス界の救世主」と呼ばれた。PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦の準々決勝で、藤田和之が元UFC王者であり、霊長類ヒト科最強の男と言われたマーク・ケアーを破っている。ジョシュ・バーネット、ブロック・レスナーはUFC世界ヘビー級王座を獲得している。しかし、実績のあるメジャーなプロレスラーである高田延彦や永田裕志、高山善廣、ケンドー・カシン、安田忠夫、獣神サンダー・ライガーなどは総合では結果を残せなかった。プロレスラーは格闘家というよりもアクション俳優であり、プロレスラーとしては比較的マイナーな桜庭和志や藤田和之、美濃輪育久(ミノワマン)、ジョシュ・バーネット、ブロック・レスナーが総合で結果を残したのは、プロレスの技術と言うよりもレスリングやキャッチ・アズ・キャッチ・キャンの技術によるものであると言う指摘もある。総合格闘技 フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た永田裕志永田裕志

    マット・モーガンが海外でのインタビューで、新日本プロレスで永田裕志と試合を行った時、フィニッシュ(決着を付ける技)だけは前もって説明が必要であったが、それ以外は話すことなく試合をさせてくれるので自由で良い団体だ、と語った。近年多く出版されるプロレス内情暴露本では新日本のOBレスラーが、昔は台本はあってもそれ以外の部分は必死に闘っていたのに、今のレスラーは必死さが足りないと嘆く形で、存在が明示された。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見た永田裕志永田裕志

    2002年12月、新日本プロレス大会に登場。2003年1月4日、新日東京ドーム大会で初参戦にしてIWGP王者永田裕志と対戦(経緯後述)。2003年は新日の地方巡業にも参加すると共に、新日主催の総合格闘技イベントへも参戦。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見た永田裕志永田裕志

    2006年の選手大量離脱に伴い、IWGPタッグ王座への挑戦、ZERO1-MAXの崔リョウジとの抗争など、主に永田裕志のパートナーとして第一線の試合での起用が増えるようになる。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • リングにかけろ

    リングにかけろから見た永田裕志永田裕志

    連載終了から20年以上経った2004年に『リングにかけろ1』として放送された。冒頭においては原作最終巻で繰り広げられた竜児VS剣崎の世界タイトルマッチの一部と、その決着を教会で待つウェディングドレス姿の菊の姿を描き、実質的なストーリーは序盤にさかのぼり都大会の決勝戦からとなる。(竜児と剣崎の出会い・月島五中ボクシング部に入るまでの出来事は回想形式で簡単に描写)原作者である車田正美、プロレスラーの永田裕志が本人役としてゲスト出演し、リングコールにはレニー・ハートが起用された。リングにかけろ フレッシュアイペディアより)

  • NEVER (プロレス興行)

    NEVER (プロレス興行)から見た永田裕志永田裕志

    永田裕志(新日本プロレス/第8回)NEVER (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄プロレス

    沖縄プロレスから見た永田裕志永田裕志

    永田裕志 (新日本プロレス)沖縄プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動

    東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動から見た永田裕志永田裕志

    永田裕志個人から50万円が贈られた。「NEW JAPAN CUP」優勝賞金の500万円を会社とも協議した上で全額返還。賞金は今後のチャリティー興行などのイベントの経費に宛てられる。東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た永田裕志永田裕志

    2007年3月に開催されたNEW JAPAN CUPでは決勝で永田裕志に敗れ準優勝に終わる。7月6日には永田が持つIWGPヘビー級王座に初挑戦、G1 CLIMAXでは初の決勝トーナメントに進出を果たす。12月には同じくG・B・Hに所属する矢野通と共に東京スポーツプロレス大賞最優秀タッグチーム賞を受賞した。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

128件中 91 - 100件表示

「永田裕志」のニューストピックワード