128件中 11 - 20件表示
  • 秋山準

    秋山準から見た永田裕志永田裕志

    全日本時代とは異なり、他団体との交流戦にも積極的に出場。新日本プロレスの永田裕志と団体の垣根を越えた信頼関係を築き、2002年1月の新日本東京ドーム大会ではメインでGHCヘビー戦を行い、永田に勝利した。2003年には新日本のG1クライマックスに参戦し決勝戦に進出するも、天山広吉に敗れた。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田和之

    藤田和之から見た永田裕志永田裕志

    1996年に新日本プロレス(以下、新日)所属のプロレスラーになり、11月1日に永田裕志戦でデビュー。藤田和之 フレッシュアイペディアより)

  • 毒霧

    毒霧から見た永田裕志永田裕志

    永田裕志がTAJIRIにグリーンミストを喰らってから、時折自身のイメージカラーの青を基調としたブルーミストを使うようになった。毒霧 フレッシュアイペディアより)

  • 足4の字固め

    足4の字固めから見た永田裕志永田裕志

    グランドクロス200:安生洋二、ナガタロック:永田裕志足4の字固め フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬昌由

    成瀬昌由から見た永田裕志永田裕志

    総合格闘技では、フリー参戦の2001年から新日本選手の参戦に際し、その練習パートナーとして常に帯同。永田裕志、ケンドー・カシン、安田忠夫、獣神サンダー・ライガー、矢野通、ブルー・ウルフ、ジョシュ・バーネットといったメンバーの練習や本番のセコンドに就き、徹底したバックアップを行った。これは当時新日本にセコンドを務められる人材が非常に不足していたため、リングス時代の長い経験を持つ成瀬が多くセコンドに付いている。自らも、2003年12月31日のK-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!でK-1の大巨人ヤン・"ザ・ジャイアント"・ノルキヤと対戦。身長差38cm、体重差50kgのハンデをひっくり返し、チョークスリーパーで一本勝ちを納めている。なぜかこの時は同日参戦した新日本選手の中で唯一の勝利者であったにもかかわらずリングスのバスタオルを掲げていた。また、新日本プロレスの総合ルールULTIMATE CRASHルールの作成にも携わった。成瀬昌由 フレッシュアイペディアより)

  • プロレス大賞

    プロレス大賞から見た永田裕志永田裕志

    敢闘賞:永田裕志(新日本)、望月成晃(DRAGON GATE)プロレス大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 平田淳嗣

    平田淳嗣から見た永田裕志永田裕志

    2009年からは永田裕志、井上亘、平澤光秀らと青義軍を結成し、参謀役としてメンバーの背中を押している。平田淳嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 青義軍

    青義軍から見た永田裕志永田裕志

    2009年9月、永田裕志がヒール軍団に反し「青き正義(BlueJustice)」の名を元に結成、井上亘・平澤光秀も自分達に活を入れるべく結束、参謀としてスーパー・ストロング・マシンも加わった。青義軍 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た永田裕志永田裕志

    2007年1月4日、川田利明と対決するも顔面へのミドルキックを喰らい敗戦。8月にはG1 CLIMAXに出場。決勝トーナメントまでコマを進めるも12日、準決勝で永田裕志に敗れる。この試合中に雪崩式エクスプロイダーを受けた際、左肩側から不自然な形でマット上に落下。後日、肩鎖関節靭帯断裂および脱臼で3か月間の絶対安静と診断された。26日よりC.T.U解散に伴い稔、ミラノコレクションA.T.等と共闘を選択。後日に新ユニットRISEを結成した。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • G・B・H (プロレス)

    G・B・H (プロレス)から見た永田裕志永田裕志

    2006年10月2日に、天山が真壁刀義、越中詩郎と結成し、同年10月14日に天山がユニット名をG・B・Hとする事を発表した。これを毒舌家の永田裕志は「ゴリラ(真壁のあだ名)・バッファロー(天山のあだ名)・ヒップ(越中の得意技)の頭文字だ」と発言した。G・B・H (プロレス) フレッシュアイペディアより)

128件中 11 - 20件表示

「永田裕志」のニューストピックワード