163件中 21 - 30件表示
  • 田村和宏

    田村和宏から見た永田裕志永田裕志

    2009年5月9日、第1回コラソンプロレスで永田裕志と初シングル。田村和宏 フレッシュアイペディアより)

  • バックドロップ

    バックドロップから見た永田裕志永田裕志

    テーズ式、元祖バックドロップとも呼ばれる。相手の背後に回り込んで背中の方から相手の左脇に頭を潜り込ませて相手の腰を両手で抱え込み、自身の両手を相手の、へそのあたりでクラッチして体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げた相手を肩口から叩きつける。「ヘソで投げる」と形容される。主な使用者はルー・テーズ、ダン・ミラー、ジェイク・リー、アントニオ猪木、ジャンボ鶴田、後藤達俊、大矢剛功、永田裕志、HANZO、バッファロー、渡辺宏志、相島勇人、富豪富豪夢路、森嶋猛、下田大作、GENTARO、ヨシタツ、スカルリーパーA-ji、諏訪魔、炎!修市、原田大輔、那須晃太郎、神谷英慶、兼平大介、吉田綾斗、松本浩代(ロックドロップの名称で使用)。バックドロップ フレッシュアイペディアより)

  • 平田淳嗣

    平田淳嗣から見た永田裕志永田裕志

    2009年からは永田裕志、井上亘、平澤光秀らと青義軍を結成し、参謀役としてメンバーの背中を押している。平田淳嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た永田裕志永田裕志

    欠場したブランクを埋めるべく若手の底上げをテーマに掲げた棚橋は、同月21日に30歳以下の選手らで争うU-30王座争奪リーグ戦の提唱を発表。自らもリーグ戦に参加すると、4月23日広島サンプラザホール大会の優勝決定戦で真壁からドラゴン・スープレックス・ホールドで勝利を収め優勝、U-30無差別級王座を獲得し自身初となるタイトル奪取となった。6月13日武道館大会では吉江豊と共にIWGPタッグ王座を奪取、他団体では永田裕志とのタッグでプロレスリング・ノア(以下「NOAH」)に参戦しGHCタッグ王座を奪取するなど、これまでチャンピオンベルトに縁がなかった棚橋にとって、一気に実績をあげた年となった。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た永田裕志永田裕志

    2007年3月に開催されたNEW JAPAN CUP(略称 : NJC)では決勝で永田裕志に敗れ準優勝に終わった。7月6日には永田が持つIWGPヘビー級王座に初挑戦、G1 CLIMAXでは初の決勝トーナメントに進出を果たす。12月には同じくG・B・Hに所属する矢野通と共に東京スポーツプロレス大賞最優秀タッグチーム賞を受賞した。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス

    新日本プロレスから見た永田裕志永田裕志

    1979年8月26日、日本武道館で新日本プロレス、全日本プロレス、国際プロレスによる合同興行「東京スポーツ新聞社創立20周年記念大会 プロレス夢のオールスター戦」を開催。「プロレス夢のオールスター戦」でアントニオ猪木とジャイアント馬場のタッグチーム「BI砲」が一夜限りの復活。1981年、新日本プロレスと全日本プロレスで外国人選手の引き抜き合戦が行われてアブドーラ・ザ・ブッチャー、タイガー・ジェット・シン、ディック・マードック、ワフー・マクダニエル、スタン・ハンセンが新日本プロレスと全日本プロレスを行き来するなど反目関係にあった。1982年2月7日、ホテルニューオータニでアントニオ猪木とジャイアント馬場よる会談が行われて外国人選手の「引き抜き防止協定」が結ばれたが1984年にダイナマイト・キッドとデイビーボーイ・スミス、1985年にブルーザー・ブロディの外国人選手の引き抜き合戦が再び行われた。1984年8月、越中詩郎が全日本プロレスを退団してアジアプロレスに移籍。1985年8月、越中詩郎が新日本プロレスに移籍。1984年10月9日、新日本プロレスを退団した長州力、アニマル浜口、マサ斎藤、キラー・カーン、小林邦昭、寺西勇、谷津嘉章、永源遙、栗栖正伸、保永昇男、仲野信市、新倉史祐、笹崎伸司がジャパンプロレスを設立して全日本プロレスと業務提携を結ぶと同時に専属選手契約を締結。1985年8月、スーパー・ストロング・マシン、ヒロ斎藤、高野拳磁のユニット「カルガリー・ハリケーンズ」が新日本プロレスを退団してジャパンプロレスに移籍。1987年3月23日、ジャパンプロレスが全日本プロレスとの契約を解消。3月30日、ジャパンプロレスが崩壊。長州力、マサ斎藤、小林邦昭、保永昇男、スーパー・ストロング・マシン、ヒロ斎藤が新日本プロレスに再入団。ジャパンプロレスでデビューした佐々木健介、馳浩が新日本プロレスに移籍。寺西勇、谷津嘉章、永源遙、栗栖正伸、仲野信市、高野拳磁が全日本プロレスに残留。新倉史祐がSWSに移籍。キラー・カーンがWWF(現:WWE)に移籍。笹崎伸司が引退。1990年2月10日、坂口征二体制の下で行われた新日本プロレス東京ドーム大会で当初メインイベンターを飾る予定であったリック・フレアーが訪日をキャンセルしたため坂口征二はジャイアント馬場に選手の貸し出しを頼みジャンボ鶴田、天龍源一郎、谷津嘉章、タイガーマスク(2代目)、スタン・ハンセンが参戦。1996年1月、馳浩が新日本プロレスを退団して11月、全日本プロレスに移籍。 2000年8月11日、新日本プロレス両国国技館大会に全日本プロレスの渕正信が来場して長らく対立関係にあった新日本プロレスと全日本プロレスの交流が始まる。9月2日、全日本プロレス日本武道館大会に蝶野正洋が参戦。9月16日、新日本プロレス愛知県体育館大会に渕正信、太陽ケアが参戦。10月9日、新日本プロレス東京ドーム大会に川田利明、渕正信、スティーブ・ウイリアムスが参戦。10月21日、全日本プロレス愛知県体育館大会に蝶野正洋、天山広吉、小島聡、ヒロ斎藤、後藤達俊、小原道由が参戦。12月14日、新日本プロレス大阪府立体育会館大会に川田利明、渕正信が参戦。2001年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に川田利明が参戦。1月28日、全日本プロレス東京ドーム大会に佐々木健介、武藤敬司、獣神サンダー・ライガーが参戦。2月3日、新日本プロレス北海道立総合体育センターに川田利明、荒谷望誉、渕正信が参戦。2月18日、太陽ケアと3月17日、馳浩がユニット「BATT」のメンバーに加わり新日本プロレスに参戦。4月14日、全日本プロレス日本武道館大会に武藤敬司、天山広吉、小島聡が参戦。4月9日、新日本プロレス大阪ドーム大会に川田利明、太陽ケア、渕正信が参戦。5月5日、新日本プロレス福岡ドーム大会に太陽ケア、馳浩が参戦。6月6日、新日本プロレス日本武道館大会に川田利明、馳浩、長井満也、渕正信、垣原賢人、マイク・バートンが参戦。 6月8日、全日本プロレス日本武道館大会に天山広吉、小島聡、ヒロ斎藤が参戦。6月8日、全日本プロレス日本武道館大会に永田裕志、中西学、吉江豊、真壁伸也が参戦、武藤敬司が天龍源一郎の三冠ヘビー級王座を獲得。7月14日、全日本プロレス日本武道館大会に武藤敬司が参戦。7月20日、新日本プロレス札幌ドーム大会に太陽ケアが参戦。9月8日、全日本プロレス日本武道館大会に武藤敬司、蝶野正洋、木戸修、棚橋弘至が参戦。9月8日、スティーブ・ウイリアムス、マイク・ロトンド、ジム・スティール、マイク・バートンがヒールユニット「TEAM 2000」のメンバーに加わった。9月16日、新日本プロレス名古屋レインボーホール大会に川田利明、長井満也が参戦。10月22日、全日本プロレス新潟市体育館大会に武藤敬司が参戦。10月27日、全日本プロレス日本武道館大会に武藤敬司、蝶野正洋が参戦。10月28日、新日本プロレス福岡国際センターに太陽ケアが参戦。2002年1月、武藤敬司、小島聡、ケンドー・カシンが新日本プロレスを退団して2月26日、全日本プロレスに移籍したため交流が一時期凍結された。2003年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に小島聡が参戦。2004年6月12日、全日本プロレス愛知県体育館に永田裕志が参戦。11月3日、全日本プロレス両国国技館大会に長井満也、成瀬昌由が参戦。2005年に2月20日、新日本プロレス両国国技館大会に小島聡が参戦。3月26日、新日本プロレス両国国技館大会に小島聡が参戦。5月14日、新日本プロレス東京ドーム大会に小島聡が参戦。2007年、新日本プロレス東京ドーム大会で新日本プロレス&全日本プロレス創立35周年記念大会「レッスルキングダム in 東京ドーム」を開催。2008年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に武藤敬司の化身「グレート・ムタ」が参戦。3月1日、全日本プロレス両国国技館大会に棚橋弘至が参戦。4月27日、新日本プロレス大阪府立体育会館大会に武藤敬司が参戦。7月21日、新日本プロレス月寒アルファコートドーム大会に武藤敬司が参戦。8月31日、新日本プロレス両国国技館大会に武藤敬司が参戦。9月21日、新日本プロレス神戸ワールド記念ホール大会に武藤敬司が参戦。10月13日、新日本プロレス両国国技館大会に武藤敬司が参戦。2009年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に武藤敬司が参戦。10月12日、新日本プロレス両国国技館大会に武藤敬司が参戦。2010年2月28日、後楽園ホールで新日本プロレス、全日本プロレスの全面協力のもと江崎グリコスポーツフーズ営業部長兼プロダクトマネージャーの桑原弘樹のプロデュース興行「グリコ・パワープロダクション・ドリームマッチ」を開催。5月31日、小島聡が全日本プロレスを退団して8月にフリーとして新日本プロレスに参戦。6月19日、全日本プロレス両国国技館大会に永田裕志が参戦。8月27日、日本武道館で新日本プロレス、全日本プロレス、プロレスリング・ノアによる合同興行「ALL TOGETHER 東日本大震災復興支援チャリティープロレス」を開催。2011年9月19日、フリーとして新日本プロレスに参戦していた小島聡が新日本プロレスに再入団。12月14日、新日本プロレス後楽園ホール大会にカズ・ハヤシが参戦。2012年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会に武藤敬司、船木誠勝、河野真幸が参戦。2月19日、仙台サンプラザホールで新日本プロレス、全日本プロレス、プロレスリング・ノアによる合同興行「ALL TOGETHER〜もう一回、ひとつになろうぜ〜」を開催。4月16日、全日本プロレスのBUSHIが新日本プロレスに1年間レンタル移籍。7月1日、両国国技館で新日本プロレス、全日本プロレスによる合同興行「カードファイト!! ヴァンガード PRESENTS 新日本プロレスリング&全日本プロ・レスリング創立40周年記念大会 サマーナイトフィーバー in 両国 WE ARE PRO-WRESTLING LOVE!」を開催。10月27日と28日、台湾の国立台湾大学総合体育館で新日本プロレス、全日本プロレスによる合同興行「カードファイト!! ヴァンガード PRESENTS 新日本プロレスリング&全日本プロ・レスリング創立40周年記念大会 We are Prowrestling LOVE! in TAIWAN」を開催。2013年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に武藤敬司が参戦。1月18日、新日本プロレスに1年間レンタル移籍していたBUSHIが新日本プロレスに完全移籍。2012年11月1日、全日本プロレスのオーナーとなった白石伸生がFacebookで他団体に対する問題発言を繰り返して新日本プロレスも槍玉に上げたため新日本プロレスとの関係が一気に悪化して他団体との交流を凍結する鎖国宣言を行うなどしたため交流が途絶えた。2016年5月13日、新日本プロレス主催の大会「SUPER J-CUP」に全日本プロレスが参加することが発表されて交流を再開。新日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 高橋ヒロム

    高橋ヒロムから見た永田裕志永田裕志

    2011年4月、BEST OF THE SUPER Jr.(以下BOSJ)の予選として行われたROAD TO THE SUPER Jr.に出場した。一回戦ではDDTプロレス所属の石井慧介と対戦するも、ダブルアームDDTで敗戦した。そして7月13日、高橋は新日本のヒールユニット、CHAOS所属の矢野通によって頭髪をハサミで切られる被害に遭い、さらに9月19日の永田裕志 vs ヒデオ・サイトーの試合後に矢野が永田を襲撃し、永田を身を挺して守ろうとした際に高橋は矢野に再度ハサミで髪を切り落とされてしまった。この矢野の暴挙に激怒した高橋は、矢野に一騎討ちを要求して同月21日にシングルマッチが組まれ矢野と対戦、高橋も意地を見せるが最後は矢野の鬼殺しでピンフォール負けを喫した。高橋はその試合後、矢野にバリカンで髪を刈られてしまった。高橋ヒロム フレッシュアイペディアより)

  • 全日本プロレス

    全日本プロレスから見た永田裕志永田裕志

    2007年1月4日、新日本の東京ドーム大会に全面協力することを発表。IWGPヘビー級王座に太陽ケアが挑戦、また三冠ヘビー級王座に新日本の永田裕志が挑戦するタイトルマッチが行われた(双方王座防衛)。また武藤&蝶野組対天山&小島組という団体の垣根を越えた新旧世代のタッグマッチがあり、試合後、およそ8年ぶりのタッグを結成して勝利した武藤と蝶野が、闘魂三銃士の同胞だった橋本真也の生前の姿がスクリーンに映されトレードマークだった白い鉢巻を掲げるセレモニーがあった。全日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た永田裕志永田裕志

    2007年1月4日、川田利明と対決するも顔面へのミドルキックを喰らい敗戦。8月にはG1 CLIMAXに出場。決勝トーナメントまでコマを進めるも12日、準決勝で永田裕志に敗れる。この試合中に雪崩式エクスプロイダーを受けた際、左肩側から不自然な形でマット上に落下。後日、肩鎖関節靭帯断裂および脱臼で3か月間の絶対安静と診断された。26日よりC.T.U解散に伴い稔、ミラノコレクションA.T.等と共闘を選択。後日に新ユニットRISEを結成した。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た永田裕志永田裕志

    足の甲から脛にかけてを覆い蹴りによる自身、相手双方の負傷を防ぐ目的で着用される。蹴り技を得意とする選手や格闘技色が強い選手が着用する傾向にある。UWFではスタンダードコスチュームとして着用が義務付けられており、その名残でUWF系団体出身の選手に着用者が多い。現役では永田裕志、柴田勝頼、飯伏幸太らが着用している。プロレス フレッシュアイペディアより)

163件中 21 - 30件表示

「永田裕志」のニューストピックワード