163件中 31 - 40件表示
  • 高山善廣

    高山善廣から見た永田裕志永田裕志

    10月8日の新日本両国国技館大会では鈴木みのるとタッグを組み、永田裕志・山本尚史組と対戦。高山善廣 フレッシュアイペディアより)

  • ダブルシックスハンター

    ダブルシックスハンターから見た永田裕志永田裕志

    永田裕志(吉川さおり、滝ありさ)ダブルシックスハンター フレッシュアイペディアより)

  • BAD INTENTIONS

    BAD INTENTIONSから見た永田裕志永田裕志

    2010年1月4日に3WAYマッチで再度IWGPタッグ王座に挑戦するも、凱旋帰国したNO LIMITからピンフォールを奪われ、ここでも戴冠はならず。4月4日に矢野通がカール・アンダーソンのCHAOS追放(バーナードも後日に離脱を発表)に伴い、NO LIMITの2人と共闘。この事態に痺れを切らせた青義軍の永田裕志と井上亘が乱入し、三つ巴の抗争が勃発。BAD INTENTIONS フレッシュアイペディアより)

  • STACK OF ARMS

    STACK OF ARMSから見た永田裕志永田裕志

    1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会で船木と河野が「青義軍」の永田裕志・井上亘と対戦。試合は船木が井上をハイキックで沈めて勝利を治めるも、船木は試合中に受けた永田の膝蹴りで左頬骨を骨折した為、全治6ヶ月の長期欠場を余儀なくされる。STACK OF ARMS フレッシュアイペディアより)

  • INOKI BOM-BA-YE 2001

    INOKI BOM-BA-YE 2001から見た永田裕志永田裕志

    猪木軍の大将には同年8月19日の対抗戦でミルコ・クロコップに敗れていた藤田和之がアキレス腱を断裂し不出場となり、ミルコの対戦相手にはこれが総合格闘技デビューとなる新日本プロレス所属の永田裕志が抜擢された。前年のプロレスルールのMillennium Fighting Arts INOKI BOM-BA-YEには出場した小川直也(UFO)は出場のオファーを受けたもののこれを断り、猪木軍の選手確保は難航。一時はアントニオ猪木とも新日本プロレスとも関わりの薄いアメリカ人選手のガイ・メッツァーに覆面をかぶせて、タイガーマスクとして試合をさせるプランも浮上したという。INOKI BOM-BA-YE 2001 フレッシュアイペディアより)

  • 流血の魔術 最強の演技

    流血の魔術 最強の演技から見た永田裕志永田裕志

    プロレスファンに与えた影響について井上譲二は、「おそらく、あの本を読むまでプロレスは真剣勝負であると思っていたファンは想像以上に多かったと思う。読まずとも知っていたという内容なら、あんなに反響があるはずがばない」と述べている。一方、高橋は2010年発行の『流血の魔術 第2幕』の中で、本書出版後、プロレスファンから「プロレスのいい加減さが好きだったのに」と本書を「悪魔の書」呼ばわりされたことがあったと明かした上で、「プロレスのいい加減さが好きといったマニアックなファン」について、「プロレスを馬鹿にしているように思えてならない」、「そうした人たちは極めて少数なコアな層に過ぎないので、そこだけを気にしていれば、方向性を見失ってしまうのだ。プロレス団体やマスコミが、コアな層にばかり目を向けがちになっているのは以前からのことだが、その部分を見直さなければプロレスに未来はない」と批判している。さらに高橋は、『プロレス「悪夢の10年」を問う』(宝島社、2008年)がファン歴10年以上の男性ファンに行ったアンケートで本書に対する感想を求めたところ、72%が「内容を知らないので特に感想はない」と回答した事実を挙げ、「プロレスファンが意外なほど読んでいないことに、かなり驚いた」と述べ、この結果から本書がプロレス衰退の後押しをしていたという懸念が払拭され安堵したと述べるとともに、本書が「もっと大きな影響力を持っていれば、私が望んでいたように、プロレスの新たな可能性を切り開いていく一助になったのではないかと、残念にも思われた」と述べている高橋は前述『プロレス「悪夢の10年」を問う』におけるアンケートの結果から、プロレスの人気が低迷した原因について「総合格闘技のリングでプロレスラーが負け続け幻滅した」とする意見(10.4%)が本書をはじめとする高橋の著書が原因とする意見(1.1%)よりもはるかに多いことを指摘し、K-1やPRIDEで「格闘家にあっさりと負けてしまったプロレスラーも責任は重い」、ルールがプロレスとは異なる大会に「出ていくべきではなかった」と述べている高橋は具体的に、ヒクソン・グレイシーに連敗した高田延彦、エメリヤーエンコ・ヒョードルやミルコ・クロコップに1分ほどで敗れた永田裕志の名を挙げており、とくにIWGPの連続防衛記録を作り、「新日本プロレスの顔的存在」となっていた永田が「無残な姿をさらした」事実は、プロレスにって大きな痛手になったと分析している。流血の魔術 最強の演技 フレッシュアイペディアより)

  • マッスルオーケストラ

    マッスルオーケストラから見た永田裕志永田裕志

    2012年10月8日両国大会で中西が約1年4か月ぶりに復帰。永田裕志を加えたトリオで、矢野通、飯塚高史、石井智宏組と対戦。マッスルオーケストラ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・グレイシー

    ダニエル・グレイシーから見た永田裕志永田裕志

    2014年1月4日、新日本プロレス・東京ドーム大会でホーレス・グレイシーとタッグを組んで桜庭和志、永田裕志組と対戦したが、胴着で永田に首絞めを行い反則負けとなった。ダニエル・グレイシー フレッシュアイペディアより)

  • マイバッハ・ブルー・ジャスティス

    マイバッハ・ブルー・ジャスティスから見た永田裕志永田裕志

    マイバッハ・ブルー・ジャスティス フレッシュアイペディアより)

  • マイバッハ・ブルージャスティス

    マイバッハ・ブルージャスティスから見た永田裕志永田裕志

    マイバッハ・ブルージャスティス フレッシュアイペディアより)

163件中 31 - 40件表示

「永田裕志」のニューストピックワード