128件中 51 - 60件表示
  • フェイスロック

    フェイスロックから見た永田裕志永田裕志

    別名は腕極め式顔面締め。クリス・ベノワは、クリップラー・クロスフェイス(もしくは単にクロスフェイス)、永田裕志はナガタ・ロックIIの名称で使用した。両足で相手の片腕を挟み込んだ状態で極めるグラウンド・フェイスロック。ちなみに、後述のSTFも考案当初は、同名称で呼ばれた時期もある。フェイスロック フレッシュアイペディアより)

  • 井上亘

    井上亘から見た永田裕志永田裕志

    抗争後は低迷が続き、ついには2009年度G1 CLIMAXにも選出されず。その悔しい思いから9月シリーズに同年度G1に参戦した選手達とシングルでの連戦が組まれた。「俺の『G1』」と称し意気込んではいたものの、やはり結果は残せず。そして9月に永田裕志と組んで矢野通から不甲斐なくフォール負けを喫し、バックステージで永田、スーパ・ストロング・マシン、平澤光秀らと青義軍を結成。10月10日、デビュー10周年を迎えるも中邑真輔にフォール負け、さらに11月にも中邑にフォールを奪われ2連敗を喫す。井上亘 フレッシュアイペディアより)

  • 流血の魔術 最強の演技

    流血の魔術 最強の演技から見た永田裕志永田裕志

    プロレスファンに与えた影響について井上譲二は、「おそらく、あの本を読むまでプロレスは真剣勝負であると思っていたファンは想像以上に多かったと思う。読まずとも知っていたという内容なら、あんなに反響があるはずがばない」と述べている。一方、高橋は2010年発行の『流血の魔術 第2幕』の中で、本書出版後、プロレスファンから「プロレスのいい加減さが好きだったのに」と本書を「悪魔の書」呼ばわりされたことがあったと明かした上で、「プロレスのいい加減さが好きといったマニアックなファン」について、「プロレスを馬鹿にしているように思えてならない」、「そうした人たちは極めて少数なコアな層に過ぎないので、そこだけを気にしていれば、方向性を見失ってしまうのだ。プロレス団体やマスコミが、コアな層にばかり目を向けがちになっているのは以前からのことだが、その部分を見直さなければプロレスに未来はない」と批判している。さらに高橋は、『プロレス「悪夢の10年」を問う』(宝島社、2008年)がファン歴10年以上の男性ファンに行ったアンケートで本書に対する感想を求めたところ、72%が「内容を知らないので特に感想はない」と回答した事実を挙げ、「プロレスファンが意外なほど読んでいないことに、かなり驚いた」と述べ、この結果から本書がプロレス衰退の後押しをしていたという懸念が払拭され安堵したと述べるとともに、本書が「もっと大きな影響力を持っていれば、私が望んでいたように、プロレスの新たな可能性を切り開いていく一助になったのではないかと、残念にも思われた」と述べている高橋は前述『プロレス「悪夢の10年」を問う』におけるアンケートの結果から、プロレスの人気が低迷した原因について「総合格闘技のリングでプロレスラーが負け続け幻滅した」とする意見(10.4%)が本書をはじめとする高橋の著書が原因とする意見(1.1%)よりもはるかに多いことを指摘し、K-1やPRIDEで「格闘家にあっさりと負けてしまったプロレスラーも責任は重い」、ルールがプロレスとは異なる大会に「出ていくべきではなかった」と述べている高橋は具体的に、ヒクソン・グレイシーに連敗した高田延彦、エメリヤーエンコ・ヒョードルやミルコ・クロコップに1分ほどで敗れた永田裕志の名を挙げており、とくにIWGPの連続防衛記録を作り、「新日本プロレスの顔的存在」となっていた永田が「無残な姿をさらした」事実は、プロレスにって大きな痛手になったと分析している。流血の魔術 最強の演技 フレッシュアイペディアより)

  • バス・ルッテン

    バス・ルッテンから見た永田裕志永田裕志

    2000年12月31日、「INOKI BOM-BA-YE 2000」に出場しプロレスを初体験後、新日本プロレスへの参戦が決定し、2002年5月2日に東京ドームで中西学を撃破した。その後も棚橋弘至や成瀬昌由とも対戦して勝利している。同年7月20日札幌では IWGP ヘビー級選手権試合で第31代王者の永田裕志に挑戦するもナガタロックIIでギブアップ負けを喫している。10月26日福岡ではIWGPジュニアヘビー級選手権試合で第43代王者の金本浩二にも挑戦し、アンクルホールドで敗れる。バス・ルッテン フレッシュアイペディアより)

  • 中野龍雄

    中野龍雄から見た永田裕志永田裕志

    1995年10月9日のUWFインターと新日プロの対抗戦では、東京ドームのセミファイナルで橋本真也と激突。40kgの体重差を見せ付けられ、7分少々で、垂直落下DDTからの三角絞めでギブアップ敗北を喫してしまい、橋本からは「役不足(力不足)。蹴りだけじゃ勝てないよ」と失格の烙印を押されてしまう。ただし、9月に行われた前哨戦では、安生洋二とのコンビで長州力・永田裕志組と対戦し、永田から逆十字固めでギブアップを奪っている。中野龍雄 フレッシュアイペディアより)

  • 立川隆史

    立川隆史から見た永田裕志永田裕志

    2010年1月25日には、「Survivor 〜Round.3 立川隆史・引退記念興行〜」が開催され、京太郎と2分2Rの引退記念エキシビションマッチを行った。引退セレモニーには永田裕志や古木克明、木下博勝やTAROかまやつなど各界から友人が駆けつけた他、観客席ではロッテマリーンズの応援団が応援を行った。立川隆史 フレッシュアイペディアより)

  • 永島勝司

    永島勝司から見た永田裕志永田裕志

    WJプロレスの設立に伴い、大森隆男、佐々木健介らを次々と引き抜いた。このとき健介の新日本退団に対して永田裕志から「裏で手を引いている奴がいる。背広着て、煙草吸って、頭からごま塩をかけたやつだ」と永島(名指しこそしていないがプロレスファンならこれが永島の風貌と解る可能性は高い)を非難するコメントが出された。上記の一件から、永島がネット上で「ゴマシオ」と呼ばれることがある。永島勝司 フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・リーグ戦

    グローバル・リーグ戦から見た永田裕志永田裕志

    森嶋猛(3大会連続3度目、GHCヘビー級王者、前回大会優勝者)、潮崎豪(2大会連続2度目)、KENTA(2大会連続2度目)、モハメド・ヨネ(3大会連続3度目)、マイキー・ニコルス(初出場)、永田裕志(初出場)、宮原健斗(2大会連続2度目)グローバル・リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ノートン

    スコット・ノートンから見た永田裕志永田裕志

    1996年よりWCWに登場し、nWoのBチームに所属。1998年には蝶野正洋が負傷で返上したIWGPヘビー級王座の王者決定戦で永田裕志を倒し、その第23代王者となった。外国人としては、ベイダー、サルマン・ハシミコフに次いで3人目の戴冠であった。2001年にも佐々木健介を破り第28代王者に返り咲いたが、直後に藤田和之に敗れてタイトルを失った。スコット・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • マッスルオーケストラ

    マッスルオーケストラから見た永田裕志永田裕志

    2012年10月8日両国大会で中西が約1年4か月ぶりに復帰。永田裕志を加えたトリオで、矢野通、飯塚高史、石井智宏組と対戦。マッスルオーケストラ フレッシュアイペディアより)

128件中 51 - 60件表示

「永田裕志」のニューストピックワード