163件中 61 - 70件表示
  • ブシロードクラブ

    ブシロードクラブから見た永田裕志永田裕志

    2012年7月24日、新日本プロレスがオリンピック出場を目指すレスリング選手を育成することを目的にブシロードが全面バックアップしていく新規プロジェクトとしてブシロードクラブが誕生して監督兼スカウト部長に永田裕志が就任。ブシロードクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 山崎一夫 (プロレスラー)

    山崎一夫 (プロレスラー)から見た永田裕志永田裕志

    またそれ以降はタッグ戦線での活躍が増え、橋本、飯塚高史(第27代IWGPタッグ王座)、佐々木健介(第32代IWGPタッグ王座)、他にUWF色の強い永田裕志、木戸修とも組み、飯塚高史を加えたユニットは「山崎隊」と呼ばれていた。特にタッグにおいて名勝負が少ないと言われた新日本マットにおいて、蝶野正洋&天山広吉組と山崎&飯塚組のIWGPタッグ王座を巡る攻防は毎回名勝負となり、ファンを沸かせた。この頃のワールドプロレスリング(テレビ朝日)において実況を担当した辻よしなりは、新日本殴り込みに際して山崎が発した言葉から山崎をシェフになぞらえ、「さぁ山崎。今日のメインディッシュは何分で調理できるか、正に腕の見せ所です」といった実況がよく聞かれた。山崎一夫 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 井上亘

    井上亘から見た永田裕志永田裕志

    抗争後は低迷が続き、ついにはG1 CLIMAXにも選出されず。その悔しい思いから9月シリーズに同年度G1に参戦した選手達とシングルでの連戦が組まれた。「俺の『G1』」と称し意気込んではいたものの、やはり結果は残せず。そして9月に永田裕志と組んで矢野通から不甲斐なくフォール負けを喫し、バックステージで永田、スーパ・ストロング・マシン、平澤光秀らと青義軍を結成。10月10日、デビュー10周年を迎えるも中邑真輔にフォール負け、さらに11月にも中邑にフォールを奪われ2連敗を喫す。井上亘 フレッシュアイペディアより)

  • 三島来夢

    三島来夢から見た永田裕志永田裕志

    闘龍門の5期生として入門後にT2Pの一員としてメキシコへ渡り、2000年にデビュー。当初は青タイツにレガース、得意技など新日本プロレスの永田裕志を意識したキャラクターだった。しかし負け試合が続いたため、ミラノ・コレクションA.T.から戦力外通告を受けT2Pをリストラ、闘龍門JAPANに移籍する。正規軍、新M2Kに所属するがここでも不甲斐ない試合が続き、M2Kを解雇される。その後、岩佐卓典と岩佐軍団を結成しようと画策するが岩佐が15番勝負で1勝もできなかった(全て三島がリング内にタオルを投げた事によるTKO負け)ため失敗。途中にストーカー市川が相手で勝ちが確定していたが、岩佐がカバージョを仕掛けたことに興奮し、間違えてタオルを投げ入れてしまった。ちなみに15番勝負の最後の相手を勤めている。岩佐と共にアメリカへ武者修行の旅に出る。三島来夢 フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・リーグ戦

    グローバル・リーグ戦から見た永田裕志永田裕志

    森嶋猛(3大会連続3度目、GHCヘビー級王者、前回大会優勝者)、潮崎豪(2大会連続2度目)、KENTA(2大会連続2度目)、モハメド・ヨネ(3大会連続3度目)、マイキー・ニコルス(初出場)、永田裕志(新日本プロレス、初出場)、宮原健斗(ダイヤモンドリング、2大会連続2度目)グローバル・リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動

    東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動から見た永田裕志永田裕志

    永田裕志個人から50万円が贈られた。「NEW JAPAN CUP」優勝賞金の500万円を会社とも協議した上で全額返還。賞金は今後のチャリティー興行などのイベントの経費に宛てられる。東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動 フレッシュアイペディアより)

  • 大森隆男

    大森隆男から見た永田裕志永田裕志

    2006年5月31日の6人タッグ(後楽園)で新日本プロレスの中西学と2度目の対戦。これを契機に越境タッグを結成した。結成後の初戦(6月24日ディファ有明大会)でNWAインターコンチネンタルタッグに挑戦し王座を獲得。2戦目(7月17日札幌月寒大会)には新日本マットでIWGPタッグ暫定王座の奪取に成功した。9月20日付けで、蝶野&天山組の持つ第48代IWGPタッグ王座は剥奪され、同日付けで正式に第49代IWGPタッグ王者となった。これにより、大森は史上初の4大タッグ(世界タッグ・IWGPタッグ・GHCタッグ・NWAタッグ)制覇を達成。なお、3大メジャーのタッグを制覇したのはベイダー、高山善廣、永田裕志に続き4人目である。タッグチーム名は「ワイルドチャイルド」とされた。大森隆男 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷晋二郎

    大谷晋二郎から見た永田裕志永田裕志

    2008年8月29日、永田裕志と9年ぶりの一騎討ちが実現したがバックドロップホールドでフォール負け。大谷晋二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 聖闘士星矢 天界編 序奏〜overture〜

    聖闘士星矢 天界編 序奏〜overture〜から見た永田裕志永田裕志

    イメージアップのため、車田は雑誌『スーパージャンプ』2004年4号に予告編としてオールカラー全8ページの特別エピソードを描き下ろしている(後にイラスト集『宙』に収録)。この作品は車田が執筆した原稿に東映アニメーションが彩色を行なったという、両者の初のコラボレーション作品でもある。また映画誌『キネマ旬報』上では、編集者が『聖闘士星矢』ファンという私情混じりの理由ではあるが、特集記事が企画されたほどだった。キャスト陣には、車田と親交が深いという理由で、プロレスラーの永田裕志と元女子プロレスラーの風間ルミが友情出演を果たした。聖闘士星矢 天界編 序奏〜overture〜 フレッシュアイペディアより)

  • 昼のセント酒

    昼のセント酒から見た永田裕志永田裕志

    巨体中年(第3話) - 永田裕志昼のセント酒 フレッシュアイペディアより)

163件中 61 - 70件表示

「永田裕志」のニューストピックワード