128件中 71 - 80件表示
  • 嶋大輔

    嶋大輔から見た永田裕志永田裕志

    プロレスラー永田裕志のファンクラブ会長を務めるほどの格闘技ファン。嶋大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 辻 よしなり

    辻よしなりから見た永田裕志永田裕志

    ワールドプロレスリングの実況担当の際、プロレスラーとの確執を何度も経験している。蝶野正洋に実況席を乗っ取られた上、暴言やメガネを壊されるなど襲撃されたが、逃げずに口で応戦し立ち向かっていった。他にもnWo軍の試合前の放送席奇襲に遭い、のジャケットを脱がされワイシャツにスプレーで「NWO」と書かれてしまったことがある。その後、nWoTシャツを着て登場しnWo入りした。また、吉江豊の試合実況で酒癖の悪い一面を話してしまい、後日吉江と当時「G-EGGS」で同胞の中西学と永田裕志に吊るし上げをくらった場面を放送されたこともあった。しかし選手からの人望は厚く、蝶野らとは和解をしており、二人の対談本も発売している。後輩の真鍋由が大仁田厚に暴行を受けそうになった時も大人の対応で大仁田を咎めているが大仁田と真鍋のやりとりはその後、「大仁田劇場」としてますますエスカレートしている。辻よしなり フレッシュアイペディアより)

  • 垣原賢人

    垣原賢人から見た永田裕志永田裕志

    Uインター時代の後輩である高山善廣からは高山の方が年長だが「垣原さん」と呼ばれ、「高山」と呼び捨てる。しかし、同じく年長だがキャリアでは後輩になる永田裕志らをなぜか「さん」付けで呼ぶ。高山はU時代からの直属の後輩であることが理由であろう。垣原賢人 フレッシュアイペディアより)

  • 須藤 公一

    須藤公一から見た永田裕志永田裕志

    子供の頃からの大のプロレスファンで、新日本プロレス永田裕志選手や女子プロレスラー多数とも非常に仲が良い。須藤公一 フレッシュアイペディアより)

  • 闘魂三銃士

    闘魂三銃士から見た永田裕志永田裕志

    関連ユニットとして、当時の売り出し中の選手による三銃士として野上彰(現:AKIRA)・飯塚高史・エル・サムライによる「闘魂トリオ」、さらには中西学・永田裕志・石澤常光(ケンドー・カシン)による「アマレス三銃士」を売り出したが定着するには至らなかった。闘魂三銃士 フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリングZERO-ONE

    プロレスリングZERO-ONEから見た永田裕志永田裕志

    2001年3月2日に行われた旗揚げ戦では、「破壊なくして創造はなし、悪しき古きが滅せねば誕生もなし、時代を開く勇者たれ!」との理念を掲げた。メインイベントは、それまでのプロレス界の常識を超えるすさまじいものとなった。橋本が新日から永田裕志とタッグを組み、ノアの三沢光晴・秋山準組と対決。この初顔合わせはプロレスファンの注目はもちろん、ゲスト解説を務めた武藤ら現役の多団体のレスラー達の注目までも集めた。試合は19分10秒で三沢が片エビ固めで橋本からフォールを奪うが、ゴングが鳴った後も橋本は秋山を攻め続けたためノア勢とZERO-ONE勢の乱闘に発展。そこに観戦に訪れていた、当時橋本と遺恨を持った小川直也が登場し、橋本に「だらしねぇ試合してんじゃねぇぞ!」と絶叫。さらに三沢にも「三沢! 受けてもらおうじゃねぇか! 勝負を!」と怒鳴ったため三沢が激怒し小川に殴りかかった。さらに橋本陣営に付いていた藤田和之までもがリング上で「誰が一番強いか決めりゃいいんだ!」と絶叫し、複雑な対立構図が完成し、ファンを大いに驚かせた。しかしそんな雰囲気に対し、三沢は「テメェらの思うとおりにはさせねぇよ!」と話したため、ファンからブーイングを浴びる。その後橋本が「三沢! 思うとおりにするからな、憶えておけ!」とまとめた。結局ZERO-ONEとノア、小川、藤田との対立構図はこの一夜のみの出来事であったが、その後ノア勢が新日に参戦するなど、この試合を契機に団体間の垣根は急速に低くなり、プロレス界の交流が活発になった。プロレスリングZERO-ONE フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木 健介

    佐々木健介から見た永田裕志永田裕志

    2002年11月、鈴木みのる戦を巡る交渉の過程で会社への不信感を理由に新日プロを退団(10月の東京ドーム大会寸前に退団を発表したため、「妨害行為」として藤波辰爾社長や永田裕志ら選手から激しい批判を浴びた)。移籍先は長州力を中心に設立されたプロレス団体WJプロレスであった。長州らによる放漫な団体運営や観客動員数の低迷による給料未払い、有力選手の離脱など困難の中、2003年7月WMG(ワールド・マグマ・ザ・グレーテスト、WJのシングルベルト)初代王者決定戦トーナメントに優勝、9月には『X-1』へ参戦する等奮闘するが、その甲斐も無くWJプロレスは崩壊、12月に退団した。佐々木健介 フレッシュアイペディアより)

  • 天コジ

    天コジから見た永田裕志永田裕志

    1993年のヤングライオン杯優勝後山本は海外武者修行に出発し、1995年に「天山広吉」とリングネームを改め凱旋。蝶野正洋・ヒロ斎藤と狼群団を結成するなど活躍する。その後狼群団はnWoジャパンへと発展し新メンバーとして武藤敬司が加入。武藤は蝶野のケガによる欠場中に当時新日本体所属だった小島をnWoジャパンに勧誘し小島もこれに同意し軍団入りする。しかし天山ら旧来からのメンバーはこれに反発し両者の間には軋轢が生じるが1998年のSGタッグリーグ公式戦の武藤&小島vs天山&nWoスティングの試合で戦いを通じて小島のことを理解し軍団入りを認める。そして翌1999年1月4日天山と小島はヤングライオン時代以来のタッグで天龍源一郎&越中詩郎組の保持するIWGPタッグ王座に挑戦しこれを奪取する。以後このベルトを巡り永田裕志&中西学組と抗争を展開し新日本のタッグ戦線を盛り上げる。2000年にはその活躍が認められプロレス大賞の最優秀タッグチーム賞を獲得した。天コジ フレッシュアイペディアより)

  • ドルゴルスレン・スミヤバザル

    ドルゴルスレン・スミヤバザルから見た永田裕志永田裕志

    ボブ・サップ、高阪剛、永田裕志といった選手と対戦している。しかし、いずれも敗退している。ドルゴルスレン・スミヤバザル フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見た永田裕志永田裕志

    チャンピオン・カーニバル(全日本プロレス) 優勝:永田裕志(新日本プロレス)(初優勝)2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

128件中 71 - 80件表示

「永田裕志」のニューストピックワード