128件中 81 - 90件表示
  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た永田裕志永田裕志

    1999年?最終日にリーグ戦が終了した時点でAブロックの武藤敬司と永田裕志が同点だったため、決勝進出決定戦で勝利した武藤が1位として優勝決定戦に進出。最終日に1日に3試合を行った。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • クリップラー・クロスフェイス

    クリップラー・クロスフェイスから見た永田裕志永田裕志

    この技の使い手はクリス・ベノワが最も有名であるため、ベノワの通称を前に冠してクリップラー・クロスフェイスと呼ばれることが多い。日本では永田裕志がナガタロックIIとして使っており、そちらの名称でも知られる。元々永田が若手時代から使用していたが、技名などは特になかった。WCWパワープラントで稽古していた時にカズ・ハヤシに伝授し、カズがベスト・オブ・ザ・スーパージュニアで使用した際に「ナガタロックII」と命名した。永田の友人であるプロレスリング・ノアの秋山準も「ナガタロックII」の名称で使っている。また、邪道は「クロスフェイス・オブ・JADO」という名前で用いるなど、様々な選手が名称を変えて使用している。クリップラー・クロスフェイス フレッシュアイペディアより)

  • KAI (プロレスラー)

    KAI (プロレスラー)から見た永田裕志永田裕志

    高校卒業後、新日本プロレスの入門テストを受けるが若過ぎたことと身長が低かったことで失格。ちなみにその時彼を落としたのは永田裕志。そして同じく試験を受けていたのは中邑真輔と後藤洋央紀だったという。KAI (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 高阪剛

    高阪剛から見た永田裕志永田裕志

    新日本プロレスでは総合格闘技ルールの試合だけではなくプロレスも経験しており、2002年10月14日に新日本プロレス初参戦。NWFトーナメント1回戦で安田忠夫に勝利するも、2003年1月4日の決勝で高山善廣に敗れた。2005年3月26日の永田裕志戦では胴締めスリーパーで勝利するも、「試合に勝って勝負に負けた」と納得のいかない高阪が再戦を要求(高阪はこの試合で膝を壊され、PRIDEでのヒョードル戦に影響が出てしまった)。5月14日の再戦では、永田にバックドロップホールドを決められ、リベンジを許してしまう。高阪剛 フレッシュアイペディアより)

  • 山本宜久

    山本宜久から見た永田裕志永田裕志

    2005年の高田道場退団後に新日本プロレスに乱入した際は、永田裕志と大乱闘を繰り広げたが、対戦は実現せず、以降永田との因縁はなかったことになっている。山本宜久 フレッシュアイペディアより)

  • STACK OF ARMS

    STACK OF ARMSから見た永田裕志永田裕志

    1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会で船木と河野が「青義軍」の永田裕志・井上亘と対戦。試合は船木が井上をハイキックで沈めて勝利を治めるも、船木は試合中に受けた永田の膝蹴りで左頬骨を骨折した為、全治6ヶ月の長期欠場を余儀なくされる。STACK OF ARMS フレッシュアイペディアより)

  • 聖闘士星矢 天界編 序奏〜overture〜

    聖闘士星矢 天界編 序奏〜overture〜から見た永田裕志永田裕志

    イメージアップのため、車田は雑誌『スーパージャンプ』2004年4号に予告編としてオールカラー全8ページの特別エピソードを描き下ろしている(後にイラスト集『宙』に収録)。この作品は車田が執筆した原稿に東映アニメーションが彩色を行なったという、両者の初のコラボレーション作品でもある。また映画誌『キネマ旬報』上では、編集者が『聖闘士星矢』ファンという私情混じりの理由ではあるが、特集記事が企画されたほどだった。キャスト陣には、車田と親交が深いという理由で、プロレスラーの永田裕志と元女子プロレスラーの風間ルミが友情出演を果たした。聖闘士星矢 天界編 序奏〜overture〜 フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た永田裕志永田裕志

    '07年東京ドーム新日本プロレス大会 鈴木みのる vs 永田裕志 永田裕志が関節技をかけたときのありえない表情博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た永田裕志永田裕志

    3月に行われたNJCは。1回戦でカール・アンダーソンを、2回戦は中邑、準決勝で永田裕志に勝利し、決勝戦でジャイアント・バーナードを変型腕固め(昇龍結界)でギブアップ勝ちを収め、昨年のG1優勝に続き春夏連覇を果たした。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • ブロック・レスナー

    ブロック・レスナーから見た永田裕志永田裕志

    2005年1月には来日して新日本プロレスの東京ドーム興行を観戦に訪れ、新日参戦を噂された。なお、当時プライベートではWWEのディーヴァだったセイブルと婚約しており、同興行にセイブルを伴っている。同年10月の新日本プロレスの東京ドーム興行にて新日マットに正式参戦し、いきなり挑戦者としてIWGPヘビー級王座選手権としては初の3WAY決戦(藤田和之・蝶野正洋)に臨み、王座を獲得した。12月10日に中西学、翌11日永田裕志とシングルで対戦し勝利を収めた。ブロック・レスナー フレッシュアイペディアより)

128件中 81 - 90件表示

「永田裕志」のニューストピックワード