前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
125件中 1 - 10件表示
  • 永田裕志

    永田裕志から見た鈴木みのる

    2006年5月、個人事務所「ナガタロック」を設立し、8月4日にリラクゼーションサロン「enishing」を開店した。6月には内外タイムスでコラム『永田裕志のセカンドバッグ』の連載を始める。9月、三冠王者になった鈴木みのるを見て「鈴木にベルトを獲られたんだから全日本のレスラーはB級レスラー」と発言したが、当の鈴木のブログで「B級と言っていいのは俺だけだ。永田はC級」とやりかえされる。その後もタッグ戦で鈴木との抗争を展開し、2007年1月に三冠ベルトを賭けて対決するも、惜しくもスリーパーホールドで敗れる。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    2005年10月、長州力が現場監督として新日本に復帰した際、蝶野正洋を中心とした反長州派が不満をぶつけるなか、中立を宣言する。長州に好意的な選手が少な過ぎるため、棚橋弘至と共に長州とタッグを組まされ、半ばうやむやな形で中西とともに本隊に戻っている。12月11日、当時IWGPヘビー王者のブロック・レスナーと対戦し、敗北。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た田中将斗

    5月からシリーズに復帰。10月13日、田中将斗を破り、ZERO1世界ヘビー級王座を奪取。2009年2月27日の大谷晋二郎に敗れるまで3度の防衛を果たした。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た高山善廣

    2002年4月5日安田忠夫を破りIWGPヘビー級王座を奪取。以降、2003年5月2日に高山善廣に敗退するまで、橋本真也の持っていた防衛回数9を更新する10度の防衛を果たした。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た蝶野正洋

    1997年から海外武者修行としてWCWに遠征。1998年に帰国。同年、蝶野正洋の負傷による王座返上を受けて組まれたIWGPヘビー級王座決定戦に自ら本隊代表として志願し、nWo代表のスコット・ノートンと対戦するも、ノートンのパワーに圧倒されて敗れる。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た橋本真也

    2002年4月5日安田忠夫を破りIWGPヘビー級王座を奪取。以降、2003年5月2日に高山善廣に敗退するまで、橋本真也の持っていた防衛回数9を更新する10度の防衛を果たした。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た大谷晋二郎

    1992年、全日本選手権優勝後、新日本プロレスに入門。同期には中西学、石澤常光(ケンドー・カシン)、大谷晋二郎らがいる。新日本に入門したのは馳浩の紹介。1992年9月14日山本広吉(現:天山広吉)戦でデビューを果たした。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た秋山準

    2001年、「G1 CLIMAX」決勝戦で武藤敬司を破り「G1」初優勝。同年10月8日には秋山準(プロレスリング・ノア)とタッグを組み武藤敬司&馳浩組に勝利した。また、この試合をきっかけに新日本内でのスターダムを駆け上がっていくことになる。この年の12月31日、総合格闘技初参戦となったINOKI BOM-BA-YE 2001でミルコ・クロコップと対戦。1R21秒左ハイキックを受け、レフェリーストップによるTKO負け。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たカズ・ハヤシ

    2004年6月12日、全日本・愛知県体育館で、ケンドー・カシンと組んで、小島聡&カズ・ハヤシを倒し、世界タッグ奪取。3大メジャーのタッグを制覇したのはベイダー、高山善廣に続き3人目。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た中邑真輔

    同年9月、平澤光秀、井上亘、スーパー・ストロング・マシンとともに青義軍を結成。12月5日には中邑真輔の持つIWGPヘビー級王座に挑戦するもボマイェで敗北を喫した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
125件中 1 - 10件表示

「永田裕志」のニューストピックワード