157件中 91 - 100件表示
  • 永田裕志

    永田裕志から見たプロレス

    2005年1月、マッチメイクに異を唱え、新日本離脱を示唆する発言をする。3月、フロントとの確執の末ヒール転向を宣言。BNJに合流せず、1人で戦うことを選択した。その後、中西学、ケンドー・カシン、藤田和之らとレスリング軍団「チーム・ジャパン」を結成。4月26日、前田日明がヒョードル戦の内容に苦言を呈したのに対し「ニールセン戦が悪いんじゃないが、ヒョードル戦とはジャンルが違うだろ。胸に手を当てて考えろ。」と発言。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たZERO1

    2006年に入り、スポーツ新聞の取材時にバレンタインチョコをかじる、徳島での試合を控えて阿波踊りで挑発する、誕生日ケーキを食べながら指をしゃぶるといったコミカルなパフォーマンスを行なっていた。4月にはワールドプロレスリングで試合が放送される際、白目をむいて鬼気迫る表情をする姿に「鬼神」「キラー永田」とテロップが入った。5月の第2回NEW JAPAN CUPでは、決勝でジャイアント・バーナードに敗れ準優勝。中西がZERO1-MAXの大森隆男とタッグを組み、IWGPタッグに挑戦する話が出た際に、王者チームに返上させて自身と山本のタッグや他のタッグを加えてトーナメントを開催することを提案した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た阿波踊り

    2006年に入り、スポーツ新聞の取材時にバレンタインチョコをかじる、徳島での試合を控えて阿波踊りで挑発する、誕生日ケーキを食べながら指をしゃぶるといったコミカルなパフォーマンスを行なっていた。4月にはワールドプロレスリングで試合が放送される際、白目をむいて鬼気迫る表情をする姿に「鬼神」「キラー永田」とテロップが入った。5月の第2回NEW JAPAN CUPでは、決勝でジャイアント・バーナードに敗れ準優勝。中西がZERO1-MAXの大森隆男とタッグを組み、IWGPタッグに挑戦する話が出た際に、王者チームに返上させて自身と山本のタッグや他のタッグを加えてトーナメントを開催することを提案した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たテレビ朝日アスク

    2012年:アナウンス特訓(テレビ朝日アスクでアナウンス技術の習得。講師:下平さやか、お手本として野上慎平)永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たエンターブレイン

    『永田さんのかんがえたこと』 エンターブレイン 2009年永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たDRAGON GATE

    2007年3月、「NEW JAPAN CUP 2007」で優勝。4月13日、大阪・大阪府立体育会館で行なわれたIWGPヘビー級選手権試合で王者・棚橋をバックドロップホールドで破り第46代IWGPヘビー級王者に返り咲いた。7月1日にはDRAGON GATEに参戦神戸ワールド記念ホールにてタケちゃんマンのコスチュームで入場しストーカー市川と対戦。9月9日、地元の千葉・東金アリーナで初の主催興業を行なう。10月8日、両国国技館で行なわれたIWGPヘビー級選手権試合で棚橋の挑戦を受け、31分5秒ハイフライフローから片エビ固めで敗北、棚橋がIWGPヘビー級王者に返り咲いた。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たフィットワン

    芸能活動に関しては、かつてフィットワンと業務提携していたが、現在は他の新日本プロレス所属選手同様アミューズに所属している。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たレッスルキングダム (プロレス興行)

    2012年1月4日のレッスルキングダムIVに24年振りに新日本に参戦する船木誠勝とタッグマッチで激突(永田のパートナーは井上亘、船木のパートナーは河野真幸)。試合終了直後、試合中に顔面(左目)への膝蹴りを受けたことに憤慨した船木の挑発に激怒、殴り合いの乱闘となった。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たニュージャパン・カップ

    2006年に入り、スポーツ新聞の取材時にバレンタインチョコをかじる、徳島での試合を控えて阿波踊りで挑発する、誕生日ケーキを食べながら指をしゃぶるといったコミカルなパフォーマンスを行なっていた。4月にはワールドプロレスリングで試合が放送される際、白目をむいて鬼気迫る表情をする姿に「鬼神」「キラー永田」とテロップが入った。5月の第2回NEW JAPAN CUPでは、決勝でジャイアント・バーナードに敗れ準優勝。中西がZERO1-MAXの大森隆男とタッグを組み、IWGPタッグに挑戦する話が出た際に、王者チームに返上させて自身と山本のタッグや他のタッグを加えてトーナメントを開催することを提案した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たNEW JAPAN CUP

    2011年度年間プロレス大賞にて、NJC・チャンピオンカーニバルの二冠を獲得し「春男」の名を欲しいままにした功績と、アンチエイジングを目標に掲げての元気溌剌なファイトスタイルが認められ、敢闘賞を受賞した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

157件中 91 - 100件表示

「永田裕志」のニューストピックワード