157件中 11 - 20件表示
  • 永田裕志

    永田裕志から見たカズ・ハヤシ

    2004年6月12日、全日本・愛知県体育館で、ケンドー・カシンと組んで、小島聡&カズ・ハヤシを倒し、世界タッグ王座を獲得する。3大メジャーのタッグを制覇したのはベイダー、高山善廣に続き3人目。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た中邑真輔

    同年9月、平澤光秀、井上亘、スーパー・ストロング・マシンとともに青義軍を結成。12月5日には中邑真輔の持つIWGPヘビー級王座に挑戦するもボマイェで敗北を喫した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た石澤常光

    父は千葉県立高校の校長兼野球部監督を務め、千葉県立成東高校では鈴木孝政、中村勝広らを指導。妹であるネイルアーティストの永田貴子は、アメリカで開催されるネイルトレードショー・WINBAで1999年入賞、2000年優勝の実績を持ち、裕志はもちろん、弟である総合格闘家の永田克彦のコスチュームデザインも行なう。克彦は、シドニーオリンピックのレスリングで、銀メダリストとなった。新日本プロレスの試合でレスリングルールによる対戦もしている。また、父と同様に裕志と克彦も教員免許を持っている。ケンドー・カシンとはチーム・ジャパンでユニットを組む等、特に仲がよい。カシンが大学院に合格した際には「東金デストロイヤー」なる覆面レスラーとして「祝福」に訪れた。現在プロレス界の各タイトルを獲得しながらも、「技をかけながら自ら白目を剥く」キャラを主として「現在、新日本プロレスで最も盛り上がるのが、永田が白目になった瞬間である(金澤克彦)」と言われるほどの人気を博しており、シリアスな試合展開ながらも「ひょうきんレスラー」として人気を博している。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た青義軍

    同年9月、平澤光秀、井上亘、スーパー・ストロング・マシンとともに青義軍を結成。12月5日には中邑真輔の持つIWGPヘビー級王座に挑戦するもボマイェで敗北を喫した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た井上亘

    同年9月、平澤光秀、井上亘、スーパー・ストロング・マシンとともに青義軍を結成。12月5日には中邑真輔の持つIWGPヘビー級王座に挑戦するもボマイェで敗北を喫した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た下平さやか

    2012年:アナウンス特訓(テレビ朝日アスクでアナウンス技術の習得。講師:下平さやか、お手本として野上慎平)永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た西村修

    ナガタロックIIの体勢から移行してコブラツイストのような形で相手の上半身を締める。当初永田はミルコ戦での初公開を予告していた。だが実際には対西村修戦で初公開された。これは極度の軟体であり通常の関節技が効かないとされていた西村に対しての対抗策であった。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た小島聡

    2004年6月12日、全日本・愛知県体育館で、ケンドー・カシンと組んで、小島聡&カズ・ハヤシを倒し、世界タッグ王座を獲得する。3大メジャーのタッグを制覇したのはベイダー、高山善廣に続き3人目。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た天山広吉

    1992年、全日本選手権優勝後、新日本プロレスに入門。同期には中西学、石澤常光(ケンドー・カシン)、大谷晋二郎らがいる。新日本に入門したのは馳浩の紹介。1992年9月14日山本広吉(現:天山広吉)戦でデビューを果たした。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た吉江豊

    2000年に中西、吉江豊、福田雅一と共にG-EGGSを結成、翌年まで活動する。2000年3月2日にはZERO-ONE旗揚げ戦へスポット参戦した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

157件中 11 - 20件表示

「永田裕志」のニューストピックワード