125件中 31 - 40件表示
  • 永田裕志

    永田裕志から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    尚、アントニオ猪木はこのポーズを嫌っている。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た諏訪魔

    6月18日、大阪大会のタッグマッチに勝利した直後、プエルトリコから帰って来た青義軍の盟友、ヒデオ・サイトーにまさかの襲撃を受け、バックステージで「嘘だと言ってくれ…夢だと言ってくれ…」と落胆の声を漏らし続けた。その翌日、盟友の裏切りで落胆している中、全日本のチャンピオン・カーニバル以降、バックドロップを巡って論争を繰り広げていた諏訪魔の世界三冠ヘビー級ベルトに挑戦するも、諏訪魔のバックドロップに敗れる。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た曙太郎

    2010年1月4日の東京ドームで行なわれたレッスルキングダムIVで元横綱・と「ブルーマウンテンズ」としてタッグを組み、TAJIRI・田中将斗組と対戦するも、曙もろともTAJIRIのグリーンミストを受け、最後は永田はTAJIRIのバズソーキックでピンフォール負けを喫してしまい、戦前の公約どおり地元の東金市で自ら銅像になる罰ゲームを受けることになった。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た森嶋猛

    11月、プロレスリング・ノアの開催するグローバル・リーグ戦に出場、開幕4連勝と健闘するも最終日の森嶋猛戦に敗れリーグ敗退。敢闘賞を受賞。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たミルコ・クロコップ

    2001年、「G1 CLIMAX」決勝戦で武藤敬司を破り「G1」初優勝。同年10月8日には秋山準(プロレスリング・ノア)とタッグを組み武藤敬司&馳浩組に勝利した。また、この試合をきっかけに新日本内でのスターダムを駆け上がっていくことになる。この年の12月31日、総合格闘技初参戦となったINOKI BOM-BA-YE 2001でミルコ・クロコップと対戦。1R21秒左ハイキックを受け、レフェリーストップによるTKO負け。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た前田日明

    2005年1月、マッチメイクに異を唱え、新日本離脱を示唆する発言をする。3月、フロントとの確執の末ヒール転向を宣言。BNJに合流せず、1人で戦うことになった。その後、中西学、ケンドー・カシン、藤田和之らとレスリング軍団「チームジャパン」を結成した。同年4月26日、前田日明がヒョードル戦の内容に苦言を呈したのに対し「ニールセン戦が悪いんじゃないが、ヒョードル戦とはジャンルが違うだろ。胸に手を当てて考えろ。」と発言。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た佐々木健介佐々木 健介

    永田本人の述懷によると、日体大のレスリング部で寮生活や先輩の理不尽な言動に慣れていたので、新日本プロレスでの道場生活にもすぐ適応した。寮で新聞を読んだり(新人は雑用に追われて休息の取れない生活を送ることが当たり前だった)、当時鬼コーチとして知られていた佐々木健介と笑顔で会話する永田を見て、唖然とする同期生も居たという。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た中村勝広

    父は高校の校長兼野球部監督を務め、鈴木孝政、中村勝広らを指導した。妹であるネイルアーティスト・永田貴子は、米国で開催されるネイルトレードショー・WINBAで1999年入賞、2000年優勝の実績を持ち、裕志はもちろん、弟である日本の総合格闘家・永田克彦のコスチュームデザインも行なう。ちなみに克彦は、シドニーオリンピックのレスリングで、銀メダリストに輝いている。新日本プロレスの試合でレスリングルールによる対戦もしている。ケンドー・カシンとはチームJAPANでユニットを組む等、特に仲がよい。カシンが大学院に合格した際には「東金デストロイヤー」なる覆面レスラーとして「祝福」に訪れた。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た小橋建太

    2003年11月30日、ノア・北海道立総合体育センター(きたえーる)で棚橋と組んで、本田多聞&小橋建太を倒し、GHCタッグ王座奪取。12月31日、「INOKI BOM-BA-YE 2003」でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、1分2秒左フックでTKO負け。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た安田忠夫

    2002年4月5日安田忠夫を破りIWGPヘビー級王座を奪取。以降、2003年5月2日に高山善廣に敗退するまで、橋本真也の持っていた防衛回数9を更新する10度の防衛を果たした。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

125件中 31 - 40件表示

「永田裕志」のニューストピックワード