157件中 41 - 50件表示
  • 永田裕志

    永田裕志から見たクリス・ベノワ

    ナガタロックIIが生まれた経緯は、「93年頃はよく藤原組で練習していて、その時にカール・マレンコが逆腕キーロックみたいな状態からフェースロックを狙っていたのを見てアレンジ出来ないかって。で、試合前に練習していた時にカブキさんがアドバイスしてくれたんですよ。片方の腕を自分の足に挟んで、体重を相手の背中にかけてフェースロックをかけたら効くんじゃないかって。それで出来上がったのあの技だったんです」と語っている。また当時クリス・ベノワにこの技を盗まれ米国で使われていた。これについて永田は「ちょっとやられてたなって思いましたよ。当時向こうはトップで俺はペーペーだからね。だから俺は使うのをやめて、足を極めるナガタ・ロックIを誕生させたんですよ」と語っている。これによりIとIIの数字順が入れ替わる逆転現象が起きた。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た安田忠夫

    2002年4月5日、安田忠夫を破ってIWGPヘビー級王座を奪取する。以降、2003年5月2日に高山善廣に敗退するまで、橋本真也の持っていた防衛回数9を更新する10度の防衛を果たした。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た田中将斗

    5月からシリーズに復帰。10月13日、田中将斗を破り、ZERO1世界ヘビー級王座を奪取。2009年2月27日の大谷晋二郎に敗れるまで3度の防衛を果たした。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た長州力

    2005年10月、長州力が現場監督として新日本に復帰した際、蝶野を中心とした反長州派が不満をぶつけるなか、中立を宣言する。長州に好意的な選手が少な過ぎるため、棚橋と共に長州とタッグを組まされ、半ばうやむやな形で中西とともに本隊に戻っている。12月11日、当時IWGPヘビー王者のブロック・レスナーと対戦し、敗北した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た講談社

    『王者の挑戦―プロレス新時代のエースは俺だ』 講談社 2003年 ISBN 978-4-06-211776-0永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たテレビ東京

    テレビドラマ『昼のセント酒』(2016年、テレビ東京)第3湯、銭湯客役永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た後藤洋央紀

    2008年2月17日、両国国技館で行なわれる予定の後藤洋央紀戦であったが、ウォーミングアップ中にめまいと左半身のしびれを訴え、リングドクターは脳梗塞の疑いがある判断。病院に搬送され試合は中止となった。精密検査の結果脳および頸椎に異常はなく、2008年2月27日に会見を行ない、病名は「高血圧から来る出血か、海綿状血管腫ではないか」と説明した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た矢野通

    その後はTAJIRIとの戦いが無く、8月8日のG1 CLIMAX XXのスペシャルタッグマッチで矢野通の椅子攻撃で右膝を負傷していたTAJIRIとタッグを組み、CHAOSの飯塚とCHAOS入りしたNO LIMITの高橋のタッグと対戦。始めは2か月近くの抗争を根に持っていたため、TAJIRIに対して冷たい態度を示していたが試合中の飯塚と高橋による執拗な右膝攻撃を受けているTAJIRIを見かねて手をさしのばすようになる。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たカート・アングル

    2008年1月4日、「IWGP3rdベルト」を賭けてカート・アングルと対戦するもアンクルロックにより敗退。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た平澤光秀

    同年9月、平澤光秀、井上亘、スーパー・ストロング・マシンとともに青義軍を結成。12月5日には中邑真輔の持つIWGPヘビー級王座に挑戦するもボマイェで敗北を喫した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

157件中 41 - 50件表示

「永田裕志」のニューストピックワード