125件中 41 - 50件表示
  • 永田裕志

    永田裕志から見た長州力

    2005年10月、長州力が現場監督として新日本に復帰した際、蝶野正洋を中心とした反長州派が不満をぶつけるなか、中立を宣言する。長州に好意的な選手が少な過ぎるため、棚橋弘至と共に長州とタッグを組まされ、半ばうやむやな形で中西とともに本隊に戻っている。12月11日、当時IWGPヘビー王者のブロック・レスナーと対戦し、敗北。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た河野真幸

    2012年1月4日のレッスルキングダムに24年振りの出場をする船木誠勝とタッグ戦を行う(永田のパートナーは井上亘、船木のパートナーは河野真幸)。試合終了直後、試合中に顔面(左目)への膝蹴りを受けたことに憤慨した船木の挑発に激怒、殴り合いの場外乱闘となった。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た馳浩

    1992年、全日本選手権優勝後、新日本プロレスに入門。同期には中西学、石澤常光(ケンドー・カシン)、大谷晋二郎らがいる。新日本に入門したのは馳浩の紹介。1992年9月14日山本広吉(現:天山広吉)戦でデビューを果たした。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た内藤哲也

    翌1月30日に後楽園ホールでは高橋裕二郎・内藤哲也のコンビ「NO LIMIT」とタッグを組み、TAJIRIとバットインテンションズのジャイアント・バーナード・カール・アンダーソン組による6人タッグマッチを行なうも、裕次郎のチャンピオンベルトによる攻撃に激怒したことで試合中にチーム内で亀裂が発生、いがみ合いの末にNO LIMITは試合放棄し、直後にTAJIRIからグリーンミストを受けて反則勝ちになる。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たカート・アングル

    2008年1月4日、「IWGP3rdベルト」を賭けてカート・アングルと対戦するもアンクルロックにより敗退。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た平澤光秀

    同年9月、平澤光秀、井上亘、スーパー・ストロング・マシンとともに青義軍を結成。12月5日には中邑真輔の持つIWGPヘビー級王座に挑戦するもボマイェで敗北を喫した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たTAJIRI

    2010年1月4日の東京ドームで行なわれたレッスルキングダムIVで元横綱・曙と「ブルーマウンテンズ」としてタッグを組み、TAJIRI・田中将斗組と対戦するも、曙もろともTAJIRIのグリーンミストを受け、最後は永田はTAJIRIのバズソーキックでピンフォール負けを喫してしまい、戦前の公約どおり地元の東金市で自ら銅像になる罰ゲームを受けることになった。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た高橋裕二郎

    翌1月30日に後楽園ホールでは高橋裕二郎・内藤哲也のコンビ「NO LIMIT」とタッグを組み、TAJIRIとバットインテンションズのジャイアント・バーナード・カール・アンダーソン組による6人タッグマッチを行なうも、裕次郎のチャンピオンベルトによる攻撃に激怒したことで試合中にチーム内で亀裂が発生、いがみ合いの末にNO LIMITは試合放棄し、直後にTAJIRIからグリーンミストを受けて反則勝ちになる。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た青義軍

    同年9月、平澤光秀、井上亘、スーパー・ストロング・マシンとともに青義軍を結成。12月5日には中邑真輔の持つIWGPヘビー級王座に挑戦するもボマイェで敗北を喫した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た日本体育大学

    永田 裕志(ながた ゆうじ、男性、1968年4月24日 - )は、日本のプロレスラー。本名:同じ。千葉県東金市出身。新日本プロレス所属。千葉県立成東高校、日本体育大学卒業。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

125件中 41 - 50件表示

「永田裕志」のニューストピックワード