157件中 71 - 80件表示
  • 永田裕志

    永田裕志から見たSTARMARIE

    STARMARIE「スタマリ入門?ファンタジーワールドへようこそ?」(2017年5月9日)アルバムジャケットビジュアル永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たケンドー・カシン

    2004年6月12日、全日本・愛知県体育館で、ケンドー・カシンと組んで、小島聡&カズ・ハヤシを倒し、世界タッグ王座を獲得する。3大メジャーのタッグを制覇したのはベイダー、高山善廣に続き3人目。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た金澤克彦

    父は千葉県立高校の校長兼野球部監督を務め、千葉県立成東高校では鈴木孝政、中村勝広らを指導。妹であるネイルアーティストの永田貴子は、アメリカで開催されるネイルトレードショー・WINBAで1999年入賞、2000年優勝の実績を持ち、裕志はもちろん、弟である総合格闘家の永田克彦のコスチュームデザインも行なう。克彦は、シドニーオリンピックのレスリングで、銀メダリストとなった。新日本プロレスの試合でレスリングルールによる対戦もしている。また、父と同様に裕志と克彦も教員免許を持っている。ケンドー・カシンとはチーム・ジャパンでユニットを組む等、特に仲がよい。カシンが大学院に合格した際には「東金デストロイヤー」なる覆面レスラーとして「祝福」に訪れた。現在プロレス界の各タイトルを獲得しながらも、「技をかけながら自ら白目を剥く」キャラを主として「現在、新日本プロレスで最も盛り上がるのが、永田が白目になった瞬間である(金澤克彦)」と言われるほどの人気を博しており、シリアスな試合展開ながらも「ひょうきんレスラー」として人気を博している。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たダニエル・グレイシー

    1月4日、レッスルキングダムにおいて、桜庭とタッグを組み、ダニエル・グレイシー、ホーレス・グレイシー組と対戦。ダニエルに道着での首絞めを受け反則勝ちとなった。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た平田淳嗣

    同年9月、平澤光秀、井上亘、スーパー・ストロング・マシンとともに青義軍を結成。12月5日には中邑真輔の持つIWGPヘビー級王座に挑戦するもボマイェで敗北を喫した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たホーレス・グレイシー

    1月4日、レッスルキングダムにおいて、桜庭とタッグを組み、ダニエル・グレイシー、ホーレス・グレイシー組と対戦。ダニエルに道着での首絞めを受け反則勝ちとなった。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た飯塚高史

    2009年2月15日、昨年脳内出血による体調不良で緊急欠場し実現できなかった後藤洋央紀と両国国技館で1年越しの対決を行い、最後はバックドロップ・ホールドで後藤を沈めた。4月5日には飯塚高史とチェーンデスマッチで対戦するがレフェリーストップで敗北。5月3日、飯塚とドッグカラー・チェーンデスマッチで再戦し飯塚をK.O.勝ちに収めた。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た越中詩郎

    永田の若手時代からの代表的なフィニッシュ・ホールド。投げられる相手は高角度でマットに叩きつけられる。ホールドにいく際にはブリッジをせずに自分の体を捻って覆いかぶさるような形になる場合が多い。元は通常型となるブリッジして固めるタイプを使用していたが、平成19年の越中詩郎とのIWGPヘビー戦あたりから、現在のフォームに変えた。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たドン・中矢・ニールセン

    2005年1月、マッチメイクに異を唱え、新日本離脱を示唆する発言をする。3月、フロントとの確執の末ヒール転向を宣言。BNJに合流せず、1人で戦うことを選択した。その後、中西学、ケンドー・カシン、藤田和之らとレスリング軍団「チーム・ジャパン」を結成。4月26日、前田日明がヒョードル戦の内容に苦言を呈したのに対し「ニールセン戦が悪いんじゃないが、ヒョードル戦とはジャンルが違うだろ。胸に手を当てて考えろ。」と発言。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た鈴木孝政

    父は千葉県立高校の校長兼野球部監督を務め、千葉県立成東高校では鈴木孝政、中村勝広らを指導。妹であるネイルアーティストの永田貴子は、アメリカで開催されるネイルトレードショー・WINBAで1999年入賞、2000年優勝の実績を持ち、裕志はもちろん、弟である総合格闘家の永田克彦のコスチュームデザインも行なう。克彦は、シドニーオリンピックのレスリングで、銀メダリストとなった。新日本プロレスの試合でレスリングルールによる対戦もしている。また、父と同様に裕志と克彦も教員免許を持っている。ケンドー・カシンとはチーム・ジャパンでユニットを組む等、特に仲がよい。カシンが大学院に合格した際には「東金デストロイヤー」なる覆面レスラーとして「祝福」に訪れた。現在プロレス界の各タイトルを獲得しながらも、「技をかけながら自ら白目を剥く」キャラを主として「現在、新日本プロレスで最も盛り上がるのが、永田が白目になった瞬間である(金澤克彦)」と言われるほどの人気を博しており、シリアスな試合展開ながらも「ひょうきんレスラー」として人気を博している。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

157件中 71 - 80件表示

「永田裕志」のニューストピックワード