157件中 21 - 30件表示
  • 畑 信也

    畑信也から見た永谷園永谷園

    永谷園 - 『超極太そば 噛む。』「いざ!」篇 (2008/9?) 単独メイン出演畑信也 フレッシュアイペディアより)

  • 粉末ジュース

    粉末ジュースから見た永谷園永谷園

    他の粉末飲料としてはゲータレードやポカリスエットなどの機能性飲料、紅茶や日本茶、昆布茶、ホットレモン、あるいはミルメーク、永谷園ミルクセーキといった乳製品用調味料なども販売されているが、これらを「粉末ジュース」の範疇に含めるかどうかは議論の分かれるところである。1990年代には、粉末をタブレット状に成形加工した「シーマックス」(レモンソーダ。ビタミンCが主成分)、「シーマックスアイアン」(ストロベリーソーダ。鉄分が主成分)が健康補助食品として大塚製薬より発売されていた。粉末ジュース フレッシュアイペディアより)

  • ミルメーク

    ミルメークから見た永谷園永谷園

    過去に永谷園から発売されていた「永谷園のミルクセーキ」や、カセイ食品(東京都大田区)の「ニューメート」などがある。ミルメーク フレッシュアイペディアより)

  • 碇由貴子

    碇由貴子から見た永谷園永谷園

    永谷園「中華ちまき」「すし太郎」碇由貴子 フレッシュアイペディアより)

  • 西秋愛菜

    西秋愛菜から見た永谷園永谷園

    永谷園「煮込みラーメン」(1995年)西秋愛菜 フレッシュアイペディアより)

  • 白馬童子

    白馬童子から見た永谷園永谷園

    テレビ版では、前番組『風小僧』で主演を務めた山城新伍が本作でも引き続き主演、当時の子供たちを中心に大きな人気を集めて高視聴率を獲得し、俳優・山城としての当たり役となり、代表作となった。テレビでは、長崎が舞台の『南蛮寺の決斗』に始まり、江戸を目指して東へ旅を続ける物語となっており、おおよそ1か月一篇のペースで9篇製作された。撮影は前期は京都で行われたが、第二東映の設置などからテレビ時代劇の製作が実質上困難となり、後期は大泉で行われた。以降1964年に東映京都テレビプロが設けられるまで東映製作のテレビ時代劇は全て大泉で撮影が行われた。最終回の最後では、スーツ姿の山城が他の出演者、スタッフらと一緒に、視聴者へ向けてのあいさつをして番組を締めくくっていた。スポンサーは前期が三洋電機、後期が永谷園であり、主演の山城自ら生でCMに出演したこともあった。白馬童子 フレッシュアイペディアより)

  • 萩野伶菜

    萩野伶菜から見た永谷園永谷園

    永谷園 大人のふりかけミニ / だるまさんがころんだ篇萩野伶菜 フレッシュアイペディアより)

  • 式守勘太夫 (9代)

    式守勘太夫 (9代)から見た永谷園永谷園

    永谷園 お茶づけ海苔「高見盛、懸賞旗に気をとられる」 実写式守勘太夫 (9代) フレッシュアイペディアより)

  • かっぱえびせん

    かっぱえびせんから見た永谷園永谷園

    通常の塩味以外にも、フレンチサラダ味、ごま油風味、えびちりソース味、さくさくチーズ味、おつまみ海老、ピリピリマヨネーズ味、ローストガーリック味、辛一味醤油味、松茸風味、韓国のり味、香港バーベキュー味、タイスパイシーヤンミー味、タイトムヤム味、紀州の梅 焼きのり風味、本わさび味、辛口たまりしょうゆ味、荒挽きえびせん、柚子こしょう味、お茶づけ海苔味(永谷園との共同開発)、都こんぶ味(中野物産の都こんぶとのコラボ)、ごはんですよ味(桃屋海苔佃煮とのコラボ)など数多くのフレーバーが発売された。かっぱえびせん フレッシュアイペディアより)

  • 中西龍

    中西龍から見た永谷園永谷園

    大人のふりかけ(永谷園)ナレーション中西龍 フレッシュアイペディアより)

157件中 21 - 30件表示

「永谷園ホールディングス」のニューストピックワード