汚職・贈収賄・談合 ニュース&Wiki etc.

汚職(おしょく)とは、公職(公職以外の場合は背任)にある者が、その地位や職権を利用して収賄や個人の利益を図る不正行為を行うことをいう。また汚職のうち、政治にからむ大規模な贈収賄事件や、犯罪の事実が特定しにくく判決のむずかしい裁判事件のことを、特に疑獄(ぎごく)という。警察用語では「汚」の部首からサンズイとも呼ばれる。 (出典:Wikipedia)

「汚職・贈収賄・談合」Q&A

  • Q&A

    あなたの回答は取り消されました。あなたが回答した質問は、質問としてわかりづらいとみな…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年6月3日 17:53

  • Q&A

    あなたの回答は取り消されました。あなたが回答した質問は、質問としてわかりづらいとみな…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年6月3日 17:52

  • Q&A

    国立競技場の建設が、すげー 怪しくなっていますが 東京地検特捜部が誰かパク るとか、…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2015年7月20日 18:57

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「汚職」のつながり調べ

  • 吉野川第十堰

    吉野川第十堰から見た汚職

    一方反対派の立場は環境問題と公共投資が大きな理由であった。可動堰を作ることで吉野川の環境、とくに下流域に広がる干潟に壊滅的な打撃を与えることが懸念された。また、1000億円を超える工費が試算されており、県も市も財政難の中、巨額の事業費を要する公共事業を行うことになるとの批判も強かった。特にこの時期は全国で公共事業に対する国民の疑念の声が上がるようになり、ダムや堰といった河川開発に対してはマスコミも批判的な姿勢を強め、こうした反対運動の後押しになった。更に公共事業を巡る汚職事件の頻発も、国民の事業に対する厳しい目を強める結果となった。(吉野川第十堰 フレッシュアイペディアより)

  • 個人タクシー認可汚職事件

    個人タクシー認可汚職事件から見た汚職

    個人タクシー認可汚職事件(こじんタクシーにんかおしょくじけん)とは、アメリカ占領下の沖縄の琉球政府通商産業局を舞台とした汚職事件。(個人タクシー認可汚職事件 フレッシュアイペディアより)