前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
269件中 1 - 10件表示
  • 汚職撲滅委員会

    汚職撲滅委員会から見た汚職汚職

    汚職撲滅委員会(おしょくぼくめついいんかい、インドネシア語:, )は、インドネシアの汚職捜査機関である。汚職撲滅委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 廉政公署

    廉政公署から見た汚職汚職

    廉政公署(れんせいこうしょ、Independent Commission Against Corruption,ICAC 汚職に対抗する独立委員会)は1974年に発足した香港の汚職捜査機関である。廉政公署 フレッシュアイペディアより)

  • 国連グローバル・コンパクト

    国連グローバル・コンパクトから見た汚職汚職

    国連グローバル・コンパクト(The United Nations Global Compact)とは1999年の世界経済フォーラムにおいて、当時国連事務総長であったコフィー・アナンが企業に対して提唱したイニシアチブである。グローバル・コンパクト(GC)は企業に対し、人権・労働権・環境・腐敗防止に関する10原則を順守し実践するよう要請している。国連グローバル・コンパクト フレッシュアイペディアより)

  • 福士 秀樹

    福士秀樹から見た汚職汚職

    e-ラーニング「国際的な賄賂及び汚職防止コース」(日本語版)福士秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 進歩党 (ブラジル)

    進歩党 (ブラジル)から見た汚職汚職

    政治腐敗度が比較的高いブラジルにおいて同党も汚職と無関係というわけではなく、()の()の調査によると、政治腐敗度は、ブラジル民主運動党、ブラジル社会民主党に次いで上位4番目に位置する。進歩党 (ブラジル) フレッシュアイペディアより)

  • 深川官製談合事件

    深川官製談合事件から見た汚職汚職

    北海道内で市長経験者が収賄罪に問われたのは1994年(平成6年)2月の恵庭市の汚職事件以来である。加重収賄罪に問われるのは戦後初めて。深川官製談合事件 フレッシュアイペディアより)

  • 情報の拡散

    情報の拡散から見た汚職汚職

    だが1970?80年代の時点でこれら機器の普及は、企業や団体内の情報が外部に漏洩した場合に於ける情報の拡散を促し、これが方々で事件として報じられるに当たって、新たな社会問題として注目を集めるようになっていった。裏帳簿の漏洩と各種メディアへの配布を発端とする疑獄事件が顕在化したり、個人のプライバシーに関わる情報が怪文書の形で拡散するに至っては、一度発信された情報はその内容如何で、当事者の手を離れて無秩序に拡散してしまう。情報の拡散 フレッシュアイペディアより)

  • 個人タクシー認可汚職事件

    個人タクシー認可汚職事件から見た汚職汚職

    個人タクシー認可汚職事件(こじんタクシーにんかおしょくじけん)とは、アメリカ占領下の沖縄の琉球政府通商産業局を舞台とした汚職事件。個人タクシー認可汚職事件 フレッシュアイペディアより)

  • 炭鉱国管疑獄

    炭鉱国管疑獄から見た汚職事件汚職

    炭鉱国管疑獄(たんこうこっかんぎごく)は、戦後の1947年から1948年に起きた汚職事件である。炭鉱国管疑獄 フレッシュアイペディアより)

  • 日本世直し党

    日本世直し党から見た汚職汚職

    汚職・政治腐敗打破、行政改革、不公平税制の是正、消費税反対、総理大臣の直接選挙、議員定数削減・医療の無料化、女性の地位向上、グローバリズム、反戦・反核、軍事大国化反対、元慰安婦や樺太残留朝鮮人への国家補償など日本世直し党 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
269件中 1 - 10件表示

「汚職・贈収賄・談合」のニューストピックワード