417件中 91 - 100件表示
  • 山田洋行事件

    山田洋行事件から見た汚職汚職

    山田洋行事件(やまだようこうじけん)とは、2007年下旬に発覚した軍需専門商社「山田洋行」に関する汚職事件。山田洋行事件 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡県町村会汚職事件

    福岡県町村会汚職事件から見た汚職汚職

    福岡県町村会汚職事件(ふくおかけんちょうそんかいおしょくじけん)とは福岡県内の地方自治体に絡む汚職事件。福岡県町村会汚職事件 フレッシュアイペディアより)

  • 探偵儀式

    探偵儀式から見た汚職汚職

    治安対策特命大臣。通称ミステリー担当大臣。JDCの利権屋で、JDC新社屋建設で汚職をしていた。探偵儀式 フレッシュアイペディアより)

  • フィリス・シュラフリー

    フィリス・シュラフリーから見た汚職汚職

    1964年アメリカ合衆国大統領選挙に立候補したバリー・ゴールドウォーターを支持する内容の自費出版の彼女の著書『A Choice, Not an Echo 』が何百万冊も売り上げたことで全米の注目を浴びた。この著書の中で彼女は北東部のロックフェラー・リパブリカンを非難し、汚職やグローバリズムの責めた。評論家は共和党を統制する「実力者達の秘密」の陰謀とした。フィリス・シュラフリー フレッシュアイペディアより)

  • セレツェ・カーマ

    セレツェ・カーマから見た汚職汚職

    転機は1967年、独立から一年後にやってきた。中部のオラパで世界最大級のダイヤモンド鉱脈が発見されたのである。カーマはすぐさまデ・ビアスと開発契約を結び、これによってボツワナ政府は安定的な財源を得ることができるようになった。天からの賜物を、カーマは無駄にはしなかった。ダイヤモンド鉱山の収益は初等教育・医療・インフラストラクチャー整備に優先的に振り向けられ、経済成長の礎となった。1967年から1980年まで、ボツワナ経済は世界最速の経済成長を記録し続けた。また、カーマは汚職に対し強力な対抗策をとり、アフリカの新独立国の中でボツワナはもっとも政府の腐敗が少ない国となった。政府腐敗の少なさと潤沢な資金による開発計画の実行は、行政効率の向上を促し、他国からの援助も効果的に使われるようになった。また、自身のプライベートにおいても人種対立に直面してきたカーマは建国当初より人種間の融和を重んじ、他国において急速に進められた政府職員の「アフリカ化」を積極的には行わず、代わり得る人材がいない限り継続して雇用された。これによって多くのアフリカ諸国で起こった行政能力の低下がおこらず、以後の国家の発展に外国人職員は重要な役割を果たした。セレツェ・カーマ フレッシュアイペディアより)

  • カントリーリスク

    カントリーリスクから見た汚職汚職

    政治家や公務員(警察、行政機関など)の腐敗(職務の怠慢、賄賂による汚職、職権濫用の横行など)カントリーリスク フレッシュアイペディアより)

  • 池上四郎 (大阪市長)

    池上四郎 (大阪市長)から見た汚職汚職

    1877年、池上は警視局一等巡査として採用され、間もなく警部として石川県に赴任した。その後、富山県などの警察署長、京都府警部などを歴任し、1898年からは千葉県警察部長、兵庫県警察部長を務めた。1900年には大阪府警察部長となり、その後13年間に渡って大阪治安の元締めとして活躍した。その清廉で、自ら現場に立ち責任を果たす働きぶりと冷静な判断力は、多くの市民からの信頼を集めた。しかし、大阪府警部長時代には高崎親章知事の汚職疑惑を放置したことなどを理由に、宮武外骨に批判されている。池上四郎 (大阪市長) フレッシュアイペディアより)

  • 服部緑地陸上競技場

    服部緑地陸上競技場から見た汚職事件汚職

    これを機に、かねて公営ギャンブル開催に反対していた当時の大阪府知事である赤間文三は、2月22日に記者団に対し、1956年度(昭和31年度)以降の大阪府営競輪・競馬の開催中止を発表した。これは、競馬については赤字であった事、競輪については、土日開催に限定すると売り上げが半減するとの試算によるものである他、1953年(昭和28年)に発覚した府の競輪事務所に勤務する職員の横領事件を発端とする汚職事件の発生による問題の払拭も図る意味があった。一方、競輪の売り上げが重要な財源であった大阪府下の各都市については、開催中止は死活問題である反面、府の開催分を各市が分担開催することが可能であれば、却って収益が向上するとの期待もあった。服部緑地陸上競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 薄熙来事件

    薄熙来事件から見た汚職汚職

    その後の再調査で、2011年11月15日に薄熙来の妻である谷開来は薄熙来の生活秘書と共謀し、薄熙来の生活秘書が英国人実業家に青酸カリを飲ませて殺害させていたことが明らかになった。英国人実業家は薄一家の不正蓄財した資産を海外移転する役割を担っていたが、谷開来が英国人実業家と諍いを起こしたことが殺害のきっかけとなった。薄熙来事件 フレッシュアイペディアより)

  • 腐敗

    腐敗から見た汚職汚職

    腐敗および腐るという言葉は、本来有機物が分解されるさまを表現した言葉であるが、この現象は視覚的および感覚的に醜い状態へ変貌するというイメージを受ける。この醜い状態へ変貌するさまを精神的に堕落して悪がはびこるさまに喩えて、しばしば人・組織・政治・業界などの社会的要素で起こる、汚職・賄賂など悪質な体制や性質が、半ば慢性化している状態に対して、この言葉が使われる(:Category:腐敗も参照)。腐敗 フレッシュアイペディアより)

417件中 91 - 100件表示

「汚職・贈収賄・談合」のニューストピックワード