269件中 91 - 100件表示
  • ダルース (ミネソタ州)

    ダルース (ミネソタ州)から見た汚職汚職

    またダルースは、ニューヨーク・タイムズ紙で「次のリタイア時限爆弾」として取り上げられた。市が行なった公的健康保険に関する調査で、退職した市民への保障が市の財政を圧迫しており、放置すれば破産する危険性があることが発覚したからである。同紙の記事中では、ダルースは退職者への保障をきちんと計算していない自治体の代表として取り上げられた。しかしダルースの地元紙ニュース・トリビューンは、1988年に元市長ジョン・フェド(John Fedo)が汚職裁判で無罪となったとき、この健康保険の保障に関してだけは掛け値無しに尊敬できると評した。地元の労働組合の力が強いため、地元の政治家たちは何十年にもわたってこの健康保険の問題には真っ向から向き合わず、選挙で勝つために機嫌を取る方向で活動をしてきた。ダルース (ミネソタ州) フレッシュアイペディアより)

  • 輸入割当制

    輸入割当制から見た汚職汚職

    汚職: 通関職員に便益を図る輸入業者に関係して、政府の汚職を引き起こす可能性がある。輸入割当制 フレッシュアイペディアより)

  • マクシム・バキエフ

    マクシム・バキエフから見た汚職汚職

    2009年、父の大統領選挙本部長。父親の後継者と目され、同年10月29日、発展・投資・新機軸中央局長官に就任。政権内で辣腕を振るうも、2010年キルギス騒乱により頓挫。キルギスを負われる身となりイギリスへ亡命を求めた。その後、キルギス暫定政府により汚職などの容疑で国際手配されたほか、アメリカ合衆国からもインサイダー取引の容疑などで身柄の拘束を狙らわれることとなった。このことから2012年10月12日、ロンドン市内の住宅地で逮捕されるに至った。マクシム・バキエフ フレッシュアイペディアより)

  • KDD事件

    KDD事件から見た汚職汚職

    KDD事件(ケイディーディーじけん)とは、1979年10月に明るみに出た戦後日本の汚職事件。KDD事件 フレッシュアイペディアより)

  • 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約

    国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約から見た汚職汚職

    国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約(こくさいてきなそしきはんざいのぼうしにかんするこくさいれんごうじょうやく、Convention against Transnational Organized Crime)とは、組織的な犯罪集団への参加・共謀や犯罪収益の洗浄(マネー・ローンダリング)・司法妨害・腐敗(公務員による汚職)等の処罰、およびそれらへの対処措置などについて定める国際条約である。略称は、国際組織犯罪防止条約。本体条約のほか、「人身取引」に関する議定書、「密入国」に関する議定書 、「銃器」に関する議定書の、三議定書がある(正式名称は下記。)。2000年11月15日、国際連合総会において採択された(A/RES/55/25)。2012年6月現在、署名国は147、締約国は168。国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 フレッシュアイペディアより)

  • 川上五千万円念書事件

    川上五千万円念書事件から見た汚職事件汚職

    川上五千万円念書事件(かわかみごせんまんえんねんしょじけん)は1981年(昭和56年)に千葉県で起きた汚職事件川上五千万円念書事件 フレッシュアイペディアより)

  • アベル=フランソワ・ポワソン・ド・ヴァンディエール

    アベル=フランソワ・ポワソン・ド・ヴァンディエールから見た疑獄汚職

    アベル=フランソワはフランソワ・ポワソンとその妻ルイーズ=マドレーヌ・ド・ラ・モットの息子。姉にジャンヌ=アントワネット、のちのポンパドゥール夫人がいた。父が疑獄事件に関わってフランスを追放されてからはシャルル=フランソワ・ポール・ル・ノルマン・ド・トゥルネームの保護を受けた。彼らの家族同様の交際は父フランソワの帰国後も継続した。アベル=フランソワ・ポワソン・ド・ヴァンディエール フレッシュアイペディアより)

  • 2012年12月クウェート国民議会選挙

    2012年12月クウェート国民議会選挙から見た汚職汚職

    2012年2月2日に行われた国民議会選挙の再選挙として実施された。2月の国民議会選挙では前首相による汚職疑惑を受け、腐敗根絶が選挙の争点となった。その結果イスラム主義や部族主義といった野党勢力が過半数を大きく超える34議席を獲得、そのうちイスラム主義勢力が20議席前後を確保した。反政府勢力の圧勝により国政は機能不全に陥ったが、6月20日、憲法裁判所が選挙の手続きに誤りがあり違憲であったとして無効を宣言。選挙前の議会の復活を命じた。選挙前の政府寄りだった議会が復活し、野党勢力はサバーハ・アル=アフマド・アル=ジャービル・アッ=サバーハ首長に改めて選挙を行うよう要求を行った。サバーハは10月7日に国民議会を解散し、12月1日に国民議会選挙を実施すると発表した。2012年12月クウェート国民議会選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 進歩

    進歩から見た汚職汚職

    進歩は、必ずしも究極的到達点(ゴール)を必要としない。第二次世界大戦前後の時代に於いて資本主義圏と共産主義圏は共にそれぞれの求める「より良い状態」を目指してはいたが、冷戦の時代には官僚ないし政治家の腐敗や汚職事件など、または社会的なヒステリー状態(例としては赤狩りやレッドパージ)も発生するといった現象で部分後退ないし迷走している。進歩 フレッシュアイペディアより)

  • 第4次伊藤内閣

    第4次伊藤内閣から見た汚職汚職

    これまでの3度の伊藤内閣と異なり、伊藤系官僚と旧憲政党によって結成された立憲政友会を与党とする事実上の政党内閣である。1900年(明治33年)9月15日に同党が結成されると、前首相山縣有朋が結党直後の同党を揺さぶるために総裁に就任した伊藤に強引に政権を押し付ける形で成立した。外務大臣・陸軍大臣・海軍大臣以外は全員が政友会に入党していた。だが、山縣は陸軍と貴族院を利用して政友会攻撃を行い、明治天皇の詔書によって漸く事態を収拾した。加えて政友会の実力者であった逓信大臣星亨が汚職で辞職に追い込まれると、未だに融和が進んでいなかった伊藤系官僚と旧憲政党系の意見対立が露呈する。一方、政友会内部では鉄道の新規着工を要求する予算を求める声が上がり、それを新しい逓信大臣であった原敬が必死に押止めていたが、そんな折に渡辺国武大蔵大臣が「公債に依存した事業の全停止」を提案した。当時、鉄道敷設法によって鉄道建設は鉄道公債の発行によって全て賄うこととされており、この提案は新規どころか既存の鉄道工事も全て停止すると言っているのにも等しかった。これに激怒した原や他の閣僚達の抗議を受けた渡辺が孤立するに至って伊藤は辞任を表明、1901年(明治34年)5月10日から班列であった西園寺公望枢密院議長が臨時首相を務めた。第4次伊藤内閣 フレッシュアイペディアより)

269件中 91 - 100件表示

「汚職・贈収賄・談合」のニューストピックワード