417件中 111 - 120件表示
  • 大西赤人

    大西赤人から見た汚職汚職

    1971年、大西は埼玉県立浦和高等学校の入学試験を受験した。先天性の特異体質(重度の血友病)という障害を持っていたため、父巨人が浦和高等学校の校長から「身体的条件は、まったく入学拒否理由ではあり得ない」との言質を取り付けた上での受験だったが、入試の結果は不合格だった。浦高側は、筆記試験における大西の成績が優に合格圏内に達していたことを認めつつも、内申書における実技科目の評点が劣っていたことを不合格の理由として説明した(実技科目の授業に出席できなかったのは血友病のためである)。この対応に抗議した大西父子は、1973年3月、埼玉県教育委員会ならびに浦高の両当局者を公務員職権濫用罪と涜職罪と文書偽造罪の容疑で刑事告訴。これに対して1974年1月、浦和地方検察庁は不起訴処分とすることを決定。大西側による浦和地方裁判所への付審判請求も、1974年2月に棄却となった。1974年3月6日、大西側は東京高等裁判所へ抗告するも再び棄却となる。続いて1974年3月27日、大西側は最高裁判所へ特別抗告をおこなったが、1974年5月2日、やはり棄却となった。大西赤人 フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・ブハリ

    ムハンマド・ブハリから見た汚職汚職

    緊縮政策の失敗、汚職の蔓延、さらに経済の悪化を受け、ブハリ政権は1985年8月27日にイブラヒム・ババンギダによって打倒された.。ブハリは1988年までベニンシティで拘留された。ムハンマド・ブハリ フレッシュアイペディアより)

  • 吉野川第十堰

    吉野川第十堰から見た汚職汚職

    一方反対派の立場は環境問題と公共投資が大きな理由であった。可動堰を作ることで吉野川の環境、とくに下流域に広がる干潟に壊滅的な打撃を与えることが懸念された。また、1000億円を超える工費が試算されており、県も市も財政難の中、巨額の事業費を要する公共事業を行うことになるとの批判も強かった。特にこの時期は全国で公共事業に対する国民の疑念の声が上がるようになり、ダムや堰といった河川開発に対してはマスコミも批判的な姿勢を強め、こうした反対運動の後押しになった。更に公共事業を巡る汚職事件の頻発も、国民の事業に対する厳しい目を強める結果となった。吉野川第十堰 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷光瑞

    大谷光瑞から見た疑獄事件汚職

    1914年(大正3年)、大谷家が抱えていた巨額の負債整理、および教団の疑獄事件のため法主を辞任し、大連に隠退した。二楽荘と探検収集品もこの時に手放している。現在、これらのコレクションは散逸し、二楽荘も1932年(昭和7年)に火災で焼失した。大谷光瑞 フレッシュアイペディアより)

  • 裏切り者 (2000年の映画)

    裏切り者 (2000年の映画)から見た汚職汚職

    ある日、ウィリーと共に仕事の入札現場へと向かうレオだったが、彼がそこで目にしたのは汚職や談合といった数々の不正の巣窟だった。しかもレオはウィリーに利用され、彼が犯した殺人の容疑をなすりつけられてしまう。これにより逃亡生活を強いられたレオは叔父を頼るも、叔父は自らの保身のために彼を始末しようとするのだった。裏切り者 (2000年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 狂四郎2030

    狂四郎2030から見た汚職汚職

    二条憲政の息子で行政監察官。一見すれば女性と思われるほど中性的で整った容姿の青年(狂四郎は股間を触ってひかるの性別を確認した)。役人の汚職を取り締まる立場にあり、その権力は相手に疑惑を抱いただけで死刑にできるほど。父親からの命令で、自ら罪人の首を刎ねてきたが、そのせいで精神のバランスが崩れ、度々自分が斬首して来た人々の幻影に悩まされている。ただしそれは、罪悪感というよりは殺しに慣れていないだけだと狂四郎は推測している。狂四郎2030 フレッシュアイペディアより)

  • 牧志恩河事件

    牧志恩河事件から見た疑獄汚職

    牧志恩河事件(まきしおんがじけん)とは、琉球王国末期の1859年に起こった疑獄事件と、それに連動した政変である。牧志恩河事件 フレッシュアイペディアより)

  • ねじれ国会

    ねじれ国会から見た汚職汚職

    政権に大きな影響力があると目される与党大物参議院議員への辞職勧告決議が可決しやすくなる。ただし、数の論理をもって多数派が議員の職を奪うような決議を行うには、汚職の嫌疑など、相応の大義名分が必要とされる。辞職勧告決議には法的拘束力はないが、政府・与党に大きな打撃を与えることができる。ねじれ国会 フレッシュアイペディアより)

  • フランス国家警察

    フランス国家警察から見た汚職汚職

    汚職対策部隊(BCLC)フランス国家警察 フレッシュアイペディアより)

  • SAFE/セイフ

    SAFE/セイフから見た汚職汚職

    生きる気力を失い地下鉄に飛び込み自殺をはかろうとしたルークは中国人の少女が、妻を殺したロシアン・マフィアたちに追われる現場に遭遇、彼女を助け出したルークにマフィアや汚職警官たちが襲いかかってくる。SAFE/セイフ フレッシュアイペディアより)

417件中 111 - 120件表示

「汚職・贈収賄・談合」のニューストピックワード