417件中 121 - 130件表示
  • 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

    攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXから見た汚職汚職

    西暦2030年、電脳化が一般化され情報ネットワークが高度化する中で、光や電子として駆け巡る意思を一方向に集中させたとしても、「孤人」が複合体としての「個」となるまでには情報化されていない時代。複雑化する犯罪に対抗するため、内務省直属の独立防諜部隊として設立された「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活躍を描く。サイバー犯罪の捜査やテロリズムの抑止・検挙、要人警護、汚職摘発など極秘裏な任務は多岐にわたるが、遂行していくうちにある一つの事件が浮かび上がっていく。攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX フレッシュアイペディアより)

  • がんばれ酢めし疑獄!!

    がんばれ酢めし疑獄!!から見た疑獄事件汚職

    およそ疑獄事件の名称としては考えづらい「酢めし疑獄」なるものを応援しているこのタイトルにさしたる意味はなく、当初は2、3回の読みきりの予定だったために「適当でいいか」とこのタイトルにしたが、いざ掲載されると新連載扱いになっていたという逸話がある。その時のもう1つのタイトル候補は「恋のドキドキ土器地獄!!」。がんばれ酢めし疑獄!! フレッシュアイペディアより)

  • ロッド・ブラゴジェビッチ

    ロッド・ブラゴジェビッチから見た汚職汚職

    2008年12月、ブラゴジェビッチはメールや電話での詐欺罪も含めた汚職の罪で逮捕された。ロッド・ブラゴジェビッチ フレッシュアイペディアより)

  • マフディー戦争

    マフディー戦争から見た汚職汚職

    この頃、大英帝国はエジプト政府の活動に深く関わるようになっていた。エジプトはヨーロッパ各国からの莫大な負債の返済に苦しんでいた。エジプトはこれ以上のヨーロッパの債権者からの干渉を避けるために利子を毎回期日通りに支払うよう保証せねばならなかった。この目的のために、汚職と官僚主義にまみれていたエジプト財務省はほとんど完全に英国人「財政顧問」の支配下に置かれるようになり、財政顧問は財政政策に関するほとんどすべての事項に拒否権を有していた。財政顧問の地位にある者(最初はオークランド・コルビン、後にサー・エドガー・ビンセント)はエジプトの財政に関して最大限の節減を行うよう指導していた。スーダン駐留軍の維持はエジプト政府にとって毎年10万エジプト・ポンドの負担となっており 、これは維持できない支出だった。マフディー戦争 フレッシュアイペディアより)

  • オジャンタ・ウマラ

    オジャンタ・ウマラから見た汚職汚職

    2016年7月28日に大統領を退任。ブラジルの大手建設会社オデブレヒトによる汚職事件に関連する資金洗浄(マネーロンダリング)の容疑で、ペルーの裁判所が2017年7月13日に夫妻の身柄拘束を命令し、出頭した。オジャンタ・ウマラ フレッシュアイペディアより)

  • ローラン・カビラ

    ローラン・カビラから見た汚職汚職

    カビラはマルクス主義者であったが、この時の政策は資本主義と集団主義の混合であった。西側の一部にはカビラを新世代のアフリカの指導者としてその政策を前任者の権威主義、腐敗、人権侵害と違うと評する者もいた。カビラはモブツ政権の情報相ドミニク・サコンビ・イノンゴの助言で個人崇拝を準備した為に自己顕示欲が強いと非難された。ローラン・カビラ フレッシュアイペディアより)

  • ベニグノ・アキノ3世

    ベニグノ・アキノ3世から見た汚職汚職

    アキノは、フィリピン国民の健康と教育に対する投資、また不正や汚職や賄賂や貧困と戦うことを選挙公約として選挙戦を戦い、2010年5月の投開票の結果2位以下を大幅に引き離して当選を確実とした後、2010年6月8日に行われたフィリピン議会上下両院合同委員会の公式集計で最終的に1520万8678票を獲得したことにより、正式に大統領選挙の当選が確定した。ベニグノ・アキノ3世 フレッシュアイペディアより)

  • 権藤恒夫

    権藤恒夫から見た汚職汚職

    1989年5月、明電工事件により、矢野絢也が公明党委員長を退任することにともない、後任の公明党委員長に就任した石田幸四郎の下で、公明党副書記長に就任する。権藤恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • ホンジュラスの経済

    ホンジュラスの経済から見た汚職汚職

    戦略が終了してから、世銀は汚職などの欠陥を報告している。ホンジュラスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 党錮の禁

    党錮の禁から見た汚職汚職

    後漢の和帝が外戚の竇憲らを排除するのに宦官を用いて以降、宦官の勢力が強くなるようになった。しかしこれら宦官の多くは自らの利権の追求に専念し、外戚が専横していた頃以上の汚職が蔓延するようになった。党錮の禁 フレッシュアイペディアより)

417件中 121 - 130件表示

「汚職・贈収賄・談合」のニューストピックワード