417件中 131 - 140件表示
  • 商業賄賂

    商業賄賂から見た汚職汚職

    かつて中国では会社間の取引であっても、担当者間の人と人との関係が重視されることが一般的であり、接待などが日常的に行われることも多かった。商慣習として「リベート」のやりとりが日常的に行われていることも多く、担当者の違法性の意識もそれほど高くなかった。しかし、習近平指導部は、共産党内の腐敗が中国という国を滅ぼすという強い危機感を訴え、大規模な「汚職・腐敗撲滅運動」やぜいたく追放運動を強力に進めている。そのため徐才厚・周永康・令計画といったかつて中国共産党の最高幹部を務めた者までもが汚職によって失脚し、有罪判決を受けた者もいる。そのため中国国民の腐敗に対する意識が高まっている。また、中国政府は国民の政府に対する不満を抑えるために、庶民の生活に直結する医薬品や食料品、さらには自動車などの価格に対するコントロールを強めようとしている。とくに医薬品に関しては、政府が重要な政策目標として誰もが利用できる医療制度を構築しようとしており、薬価の高止まりの原因になる製薬業界における商業賄賂の横行には厳しい態度で臨んだ。商業賄賂 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    ヴィクトル・ヤヌコーヴィチから見た汚職汚職

    これに対して野党候補のヴィクトル・ユシチェンコ元首相は民族主義勢力を糾合し、前政権下の汚職と非民主化的な政治手法を攻撃した。11月21日の決選投票でウクライナ中央選挙管理委員会は、24日ヤヌコーヴィチが49.64%、ユシチェンコが46.61%を獲得し、ヤヌコーヴィチの勝利を発表したが、その後、与党側の大がかりな選挙不正が明るみに出て、首都キエフでの大規模な抗議運動を引き起こし、決選投票をやり直すこととなった。12月26日選挙が行われ、開票の結果、ユシチェンコが52.12%、ヤヌコーヴィチが44.09%の得票でユシチェンコ側の勝利を発表した。ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • 日本党 (ギリシャ)

    日本党 (ギリシャ)から見た汚職汚職

    結党の背景には、1880年代から続いていた二大政党制が危機を迎えていたこと、1893年の国家財政破綻、1897年の希土戦争の敗北があった。エリート主義や汚職を糾弾し、道徳的価値や近代化を通じての成長を標榜した。日本党 (ギリシャ) フレッシュアイペディアより)

  • 新イタリア社会党

    新イタリア社会党から見た汚職汚職

    イタリア社会党は、1980年代に書記長のベッティーノ・クラクシが閣僚評議会議長(首相)に就任し、政権の中枢に関与していたが、1990年代に発覚した政界汚職事件(タンジェントポリ)によりクラクシは失脚、チュニジアへ亡命(同地で客死)し、党も1994年の総選挙で14議席の獲得にとどまる惨敗を喫した。新イタリア社会党 フレッシュアイペディアより)

  • タンジェントポリ

    タンジェントポリから見た汚職汚職

    タンジェントポリ()は、イタリアの政官業の癒着を表現した言葉。イタリア語で「汚職の町」を意味し、1992年から始まった大規模な汚職捜査とその結果としての政界再編を指している。タンジェントポリ フレッシュアイペディアより)

  • キリスト教民主主義 (イタリア 1942-1994)

    キリスト教民主主義 (イタリア 1942-1994)から見た汚職汚職

    しかし長期政権は汚職・腐敗を産んだ上、冷戦崩壊後の1990年代初頭にはジュリオ・アンドレオッティ首相がマフィアとの親密な関係を指摘され、多くの検挙者を出した。これによって支持率は低下。党は分裂し、解散に追い込まれた。キリスト教民主主義 (イタリア 1942-1994) フレッシュアイペディアより)

  • UDAR

    UDARから見た汚職汚職

    汚職の撲滅を訴え、憲法・裁判・税金・年金の制度などの改革を主張している。UDAR フレッシュアイペディアより)

  • 緑の革命

    緑の革命から見た汚職汚職

    メキシコおよびインドで成功したプロジェクトの計画を、アフリカに導入しようとする試みが数多く行われてきた。さまざまな理由から、それらの計画の多くは成功に至っていない。指摘されている理由には、広範囲な汚職・政情不安・社会基盤の欠如・政府側の意志の欠如が含まれる。その上、たとえば灌漑用水の利用可能性・地域内の標高や土壌の質のばらつきなどの環境要因がアフリカにおける緑の革命の普及を妨げている。緑の革命 フレッシュアイペディアより)

  • 全国ジャナタ・ダル

    全国ジャナタ・ダルから見た汚職汚職

    1997年、ジャナタ・ダルの党首でビハール州の州首相だったラールー・プラサード・ヤーダヴが汚職の嫌疑で逮捕され、釈放された後に主に自派のビハール州組織を率いて離党し創設した。主な支持基盤は中層カーストのヤーダヴとイスラム教徒である。ラールーは自身が州首相を続けられなくなったため、妻のラーブリー・デーヴィーを州首相とし、自分はいわば影の州首相として君臨した。全国ジャナタ・ダル フレッシュアイペディアより)

  • アーム・アードミ党

    アーム・アードミ党から見た汚職汚職

    社会運動活動家が開始した反汚職運動(en、en)の一部が政党化する形で、2012年11月結成された(アンナ・ハザレ自身は加わっていない)。主な主張は''の制定(インドの三権分立の上に汚職防止オンブズマン機関を新設するというもの)で、ほかにマハトマ・ガンジースタイルのスワラージ、脱中央集権などを掲げる。アーム・アードミ党 フレッシュアイペディアより)

417件中 131 - 140件表示

「汚職・贈収賄・談合」のニューストピックワード