417件中 21 - 30件表示
  • フランク・レズリー・スミス

    フランク・レズリー・スミスから見た汚職汚職

    レームダックの期間が1927年3月まであったマッキンリーは、1926年12月に死去した。州知事は、マッキンリーの残りの任期を務めるようスミスを指名した。スミスは上院議員被指名者としての資格を示そうとしたが、上院は選挙戦における詐欺と汚職を根拠として、彼に上院議員資格を与えないとの票決をした。1927年3月、彼は再び選挙された上院議員としての資格を得ようとしたが、再び拒絶された。1928年2月9日、ついに彼は議員を辞した。フランク・レズリー・スミス フレッシュアイペディアより)

  • ジャナタ党

    ジャナタ党から見た汚職汚職

    インドでは独立以来インド国民会議派(コングレス)が一党優位制を維持していたが、各地での地域政党の勃興、党内汚職、インディラ・ガンディー時代の強権政治(特に1975年の宣言)への不信感などにより1970年代より国民の支持を次第に失っていた。ジャナタ党 フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・チルバ

    フレデリック・チルバから見た汚職汚職

    2001年の大統領選挙にはチルバは出馬せず、レヴィー・ムワナワサ副大統領を後継に指名した。しかし2003年、ムワナワサはチルバの汚職を糾弾し、チルバは汚職の罪で逮捕・起訴されたが、2009年に無罪判決を受けた。フレデリック・チルバ フレッシュアイペディアより)

  • 民主進歩党 (マラウイ)

    民主進歩党 (マラウイ)から見た汚職汚職

    しかしながら、ムタリカは政党政治を行う都合上、統一民主戦線の議員に対する不正問題に取り組むことができなかった。そのため、再び統一民主戦線を脱退し、民主進歩党を新たに結成して、以降は反汚職などの政策を行っていった。民主進歩党 (マラウイ) フレッシュアイペディアより)

  • 第四政党制 (アメリカ合衆国)

    第四政党制 (アメリカ合衆国)から見た汚職汚職

    国内の中心課題は、鉄道や大企業(トラスト)の政府による規制、保護関税、労働組合の役割、年少労働者、新しい銀行制度の必要性、党利が関わる汚職、予備選挙、上院議員の直接選挙、人種分離政策、政府の効率、女性参政権、および移民の制御があった。外交政策としては、1898年の米西戦争、帝国主義(バナナ戦争)、ドル外交、メキシコ革命、第一次世界大戦および国際連盟の設立があった。この時代を率いた人物としては、ウィリアム・マッキンリー、セオドア・ルーズベルトおよびウッドロウ・ウィルソンの各大統領と、3度大統領候補として出馬したが当選を果たさなかったウィリアム・ジェニングス・ブライアンがいた。第四政党制 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン正義運動

    パキスタン正義運動から見た汚職汚職

    1996年4月25日、ラホールにおいて、クリケット選手として国民的英雄であり篤志家でもあるイムラン・カーンによって創設された。反汚職、現状打破、共同体主義、イスラーム的かつ現代的な福祉国家の建設などを掲げ、中道で穏健なスタンスながら反体制政党の色彩が濃い。ほかに封建主義の根絶、完全な司法権の独立、脱中央集権、パキスタン軍への文民統制などを掲げるが、パキスタンの核兵器については維持を主張、また対テロ戦争についてはアメリカ軍のパキスタン領内での活動を拒否し、カシミール問題についても強硬な姿勢をみせるなど、パキスタン民族主義的かつポピュリスト的な面もある。パキスタン正義運動 フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン・ムスリム連盟ナワーズ・シャリーフ派

    パキスタン・ムスリム連盟ナワーズ・シャリーフ派から見た汚職汚職

    しかしパキスタン人民党との確執から野党に転じ、ではザルダーリー大統領率いるパキスタン人民党政権の汚職体質や経済無策への批判票を一手に引き受け、またイスラーム過激派のパキスタン・ターリバーン運動からも対話の窓口として指名される形で大勝した。パキスタン・ムスリム連盟ナワーズ・シャリーフ派 フレッシュアイペディアより)

  • アワーミー国民党

    アワーミー国民党から見た汚職汚職

    現在の党首は(ワリー・ハーンの息子、バッチャ・ハーンの孫。ただしアワーミー国民党は党首の4年任期を厳格に守っており、バッチャ・ハーンの一族だけが党首となってきたわけではない)。主な地盤はカイバル・パクトゥンクワ州とバローチスターン州のパシュトゥーン人(一部カラチなどのパシュトー語コミュニティも含む)で、イスラーム主義の統一行動評議会とは真正面から競合する。このため、しばしばテロ組織パキスタン・ターリバーン運動の標的にされ、では自爆テロなどの攻撃にさらされるなか党の汚職体質や経済無策を批判されたパキスタン人民党と連立してきたこともあり、惨敗した。しかしなお上院では有力な勢力となっている。アワーミー国民党 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年の日本の女性史

    1982年の日本の女性史から見た汚職汚職

    6月8日 汚職に関係した候補者に投票しない運動をすすめる会、ロッキード疑獄政治家有罪判決に声明1982年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴切康雄

    鈴切康雄から見た汚職汚職

    1989年5月、明電工事件の疑惑による矢野絢也の公明党委員長退任にともない、公明党中央統制委員長を退任する。鈴切康雄 フレッシュアイペディアより)

417件中 21 - 30件表示

「汚職・贈収賄・談合」のニューストピックワード