269件中 21 - 30件表示
  • 松島遊郭疑獄

    松島遊郭疑獄から見た汚職汚職

    松島遊廓疑獄(まつしまゆうかくぎごく)とは松島遊廓疑獄とは、1926年に明るみに出た戦前日本の汚職事件。松島遊郭疑獄 フレッシュアイペディアより)

  • バル・ベルデ

    バル・ベルデから見た汚職汚職

    バル・ベルデは主人公の敵役(もしくはその出身国)としての登場が大半を占める。コロンビアやニカラグア、エルサルバドルのような比較的政情が安定していなかった上に、クーデターや汚職が蔓延している国家を想像させるが、このように架空の国家を設定した理由としては、上記の国家をはじめとする中南米諸国への偏見を避けるための配慮が考えられる。バル・ベルデ フレッシュアイペディアより)

  • 陸上交通事業調整法

    陸上交通事業調整法から見た汚職汚職

    当時乱立気味であった日本の交通機関は、他社との競合や昭和恐慌による経営悪化を招き、また、それによる利便性の低下による弊害が発生しつつあった。都市圏の交通機関は大手私鉄による吸収合併が進んでいたが、利益優先のあまり疑獄事件にも発展する種々の問題をはらんでいた。そのため苦心する交通事業者は、政府に交通統合を正当化する法律の立法を求め、要請を受けた政府は同法を制定した。当時日本は日中戦争に突入し戦時体制になりつつあったため、同法は国家総動員法による国家統制と見られがちだが、それとは趣旨の異なるものであった。陸上交通事業調整法 フレッシュアイペディアより)

  • 泉井事件

    泉井事件から見た汚職汚職

    泉井事件(いずいじけん)とは、石油卸商「泉井石油商会」が絡む汚職事件。泉井事件 フレッシュアイペディアより)

  • 高垣善一

    高垣善一から見た汚職汚職

    1963年、建設省関係の汚職事件に関与し、収賄罪の容疑で大阪地裁に起訴され、1964年10月からは和歌山市でリコール運動が巻き起こった。高垣は『情と非情の記』という冊子の中で「自分が収賄事件で起訴されたのは全く反対党の政治謀略である」と潔白を主張したが、事実関係が明らかになることはなく公判中の1966年5月31日に脳溢血で急死した。享年69(満68歳没)。死後、生前の功績により正五位勲三等に叙せられ、和歌山市名誉市民となった。高垣善一 フレッシュアイペディアより)

  • 特別養護老人ホーム汚職事件

    特別養護老人ホーム汚職事件から見た汚職汚職

    特別養護老人ホーム汚職事件(とくべつようごろうじんホームおしょくじけん)とは厚生省を舞台とした汚職事件特別養護老人ホーム汚職事件 フレッシュアイペディアより)

  • 小橋一太

    小橋一太から見た汚職汚職

    1929年 浜口内閣の文部大臣。越後鉄道にまつわる汚職事件(越後鉄道疑獄)に連座し文相辞任(裁判では無罪)。小橋一太 フレッシュアイペディアより)

  • 日沖靖

    日沖靖から見た汚職事件汚職

    大安町では、町長が収賄容疑で辞職する汚職事件があった。事件後の町長選挙(1995年)に出馬して36歳で当選。日沖靖 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・レズリー・スミス

    フランク・レズリー・スミスから見た汚職汚職

    レームダックの期間が1927年3月まであったマッキンリーは、1926年12月に死去した。州知事は、マッキンリーの残りの任期を務めるようスミスを指名した。スミスは上院議員被指名者としての資格を示そうとしたが、上院は選挙戦における詐欺と汚職を根拠として、彼に上院議員資格を与えないとの票決をした。1927年3月、彼は再び選挙された上院議員としての資格を得ようとしたが、再び拒絶された。1928年2月9日、ついに彼は議員を辞した。フランク・レズリー・スミス フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・チルバ

    フレデリック・チルバから見た汚職汚職

    2001年の大統領選挙にはチルバは出馬せず、レヴィー・ムワナワサ副大統領を後継に指名した。しかし2003年、ムワナワサはチルバの汚職を糾弾し、チルバは汚職の罪で逮捕・起訴されたが、2009年に無罪判決を受けた。フレデリック・チルバ フレッシュアイペディアより)

269件中 21 - 30件表示

「汚職・贈収賄・談合」のニューストピックワード