269件中 31 - 40件表示
  • 増田貴光

    増田貴光から見た汚職汚職

    上記の"処女妻騒動"で仕事を失った増田は遊興費にも事欠くようになり、1979年4月には東京都目黒区内の印刷所で「一件消滅書」などと題した書類や警視総監国島文彦の印章や総監秘書の名刺を偽造、秘書に成りすまして川口松太郎・三益愛子夫妻に接近。汚職や殺人以外の前科なら懲罰金130万円を払えば消すことができるとの作り話を持ちかけ、川口夫妻の子息の前科を抹消してやるから金を払うようにと勧誘。しかし川口方を訪ねる直前「警視庁の者」と偽って3回も電話をかけたため川口の家人に怪しまれて警視庁富坂署に通報され、川口たちに会う前に玄関先から任意同行された。取調べの結果、署名偽造と印章偽造で逮捕された上、警視庁の家宅捜索により増田の自宅から覚醒剤と注射器が発見された。このため増田は実刑判決を受けて刑務所で服役した。増田貴光 フレッシュアイペディアより)

  • パナマ運河疑獄

    パナマ運河疑獄から見た疑獄汚職

    パナマ運河疑獄(-うんがぎごく)またはパナマ事件(-じけん)とは、フランス第三共和制下で起きたパナマ運河建設会社の破綻と、それに端を発した疑獄事件である。パナマ運河疑獄 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年マラウイ総選挙

    1994年マラウイ総選挙から見た汚職汚職

    またムルジ政権になりマラウイが民主化して以降、バンダの独裁時代のような暗殺や亡命は鳴りを潜めた一方で、中央集権時代と異なり汚職や賄賂も"民主化"したことで、政治腐敗が進んだとの指摘があるほか、政治運営にも一貫性がなくなったとの指摘もある。1994年マラウイ総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 服部緑地陸上競技場

    服部緑地陸上競技場から見た汚職事件汚職

    これを機に、かねてより公営ギャンブル開催に反対していた当時の大阪府知事である赤間文三は、2月22日に記者団に対し、1956年度(昭和31年度)以降の大阪府営競輪・競馬の開催中止を発表した。これは、競馬については赤字であった事、競輪については、土日開催に限定すると売り上げが半減するとの試算によるものである他、1953年(昭和28年)に発覚した府の競輪事務所に勤務する職員の横領事件を発端とする汚職事件の発生による問題の払拭も図る意味があった。一方、競輪の売り上げが重要な財源であった大阪府下の各都市については、開催中止は死活問題である反面、府の開催分を各市が分担開催することが可能であれば、却って収益が向上するとの期待もあった。服部緑地陸上競技場 フレッシュアイペディアより)

  • ゴットロープ・ハインリヒ・フォン・トートレーベン

    ゴットロープ・ハインリヒ・フォン・トートレーベンから見た汚職汚職

    後に汚職の罪に問われると、彼は調査の結果を待たずに逃亡し、不在の間にザクセン選帝侯領から追放される。ゴットロープ・ハインリヒ・フォン・トートレーベン フレッシュアイペディアより)

  • ICT4D

    ICT4Dから見た汚職汚職

    他の例ではブルンジ共和国における汚職社会と戦う移動体通信とラジオ放送の例がある。ICT4D フレッシュアイペディアより)

  • 監視・鞭撻運動

    監視・鞭撻運動から見た汚職汚職

    政府や与党の動向について、常に監視の目を光らせ、それが右翼の主義主張に反したり、左翼の増長を招いている場合は、抗議活動を行うなど身体を張って阻止・牽制する。また、汚職などの金権腐敗が発覚した時も、「左翼に付け入る隙を与えた」という理由で、国政を担う政治家としての覚醒を促すべく行動する。監視・鞭撻運動 フレッシュアイペディアより)

  • 山田洋行事件

    山田洋行事件から見た汚職汚職

    山田洋行事件(やまだようこうじけん)とは、2007年下旬に発覚した軍需専門商社「山田洋行」に関する汚職事件。山田洋行事件 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年の日本の女性史

    1982年の日本の女性史から見た汚職汚職

    6月8日 汚職に関係した候補者に投票しない運動をすすめる会、ロッキード疑獄政治家有罪判決に声明1982年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡事件

    山岡事件から見た汚職汚職

    山岡事件(やまおかじけん)とは、1965年に発生した競馬法違反事件で、中央競馬史上最大と言われる不正事件(八百長)の通称である。名称については、事件の中心人物であった山岡忞に由来する。山岡事件 フレッシュアイペディアより)

269件中 31 - 40件表示

「汚職・贈収賄・談合」のニューストピックワード