269件中 41 - 50件表示
  • 岡野加穂留

    岡野加穂留から見た汚職汚職

    田中角栄の汚職事件もリクルート事件も、政党の内部問題として批判することなく、汚職を取り巻いている日本の政治風土や日本国民を断罪することのほうに力点がおかれている。また、汚職で逮捕された田中角栄を全否定するのではなく、その政治的業績の功罪両方をバランスよく総括的に評価するという政治学者としての義務をも果たしている。岡野加穂留 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダムの歴史

    日本のダムの歴史から見た汚職事件汚職

    もう一つの環境激変とは、公共事業見直しの機運が高まったことである。ゼネコン汚職など公共事業絡みの汚職事件頻発・必要性の有無が問われぬまま推進される公共事業・環境破壊等、公共事業に対して国民は次第に厳しい目を向け始めるようになって行った。納税者としての目も、不要な公共事業に対する批判を集中させる基となった。さらに地方自治体は税収の伸び悩みにより深刻な財政難に陥ることが多くなり、費用がかさむ公共事業に対して予算配分を再検討するようになった。こうしたことが、1990年代より始まる公共事業見直し論の原動力となって行ったのである。建設省は第2次橋本内閣時代の亀井静香建設大臣の時、大規模な直轄公共事業に対して再評価を行い、リスク&ベネフィット・コストパフォーマンスに欠ける事業に関しては事業を中止するという決断を下した。こうして宍道湖・中海干拓事業や千歳川放水路事業等大規模プロジェクトが中止となった。日本のダムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • キリスト教民主同盟=チェコスロバキア人民党

    キリスト教民主同盟=チェコスロバキア人民党から見た汚職汚職

    だがKDU-ČSLは二大政党である市民民主党、チェコ社会民主党(ČSSD)の双方と手を組めるキャスティング・ボートを握る中間的な政治的位置にいるため、議席・得票以上に大きな影響力を持てる状態にある。また他党と比べて汚職などのスキャンダルが少ないことも有利に働いている。キリスト教民主同盟=チェコスロバキア人民党 フレッシュアイペディアより)

  • モ・イブラヒム賞

    モ・イブラヒム賞から見た汚職汚職

    モ・イブラヒム賞は、自国の発展に寄与し、経済成長だけでなく医療や福祉も向上させ、ガバナンスを改善させ、民主的な統治を行った指導者に対し授与される。賞金が非常に大きい理由は、アフリカの政治家には引退後の保証が一切なく、在職中に汚職に走って引退後の生活保障を確保しようとする者が非常に多いため、汚職に走らなくとも生活が支えられるようにとの意図である。モ・イブラヒム賞 フレッシュアイペディアより)

  • チュワン・リークパイ

    チュワン・リークパイから見た汚職事件汚職

    1994年12月にチャワリット党首率いる新希望党が連立与党から離脱し、政権は少数与党政権となったが国家開発党を取り込みなんとか危機を切り抜けた。しかし、その後、プーケットにおける農地改革に絡む汚職事件を野党に攻撃され、下院を解散したものの総選挙で敗れて退陣した。チュワン・リークパイ フレッシュアイペディアより)

  • 野望の王国

    野望の王国から見た疑獄汚職

    父親は東大法学部を卒業後、国家公務員上級試験をパスして大蔵省に入ったエリートだったが、疑獄事件の罪を着せられた上、拘置所内で自殺に見せかけて殺された。この悲惨な体験が、裏世界の暴力で表の権力を支配するという野望をいだくきっかけとなった。野望の王国 フレッシュアイペディアより)

  • 第四政党制 (アメリカ合衆国)

    第四政党制 (アメリカ合衆国)から見た汚職汚職

    国内の中心課題は、鉄道や大企業(トラスト)の政府による規制、保護関税、労働組合の役割、年少労働者、新しい銀行制度の必要性、党利が関わる汚職、予備選挙、上院議員の直接選挙、人種分離政策、政府の効率、女性参政権、および移民の制御があった。外交政策としては、1898年の米西戦争、帝国主義(バナナ戦争)、ドル外交、メキシコ革命、第一次世界大戦および国際連盟の設立があった。この時代を率いた人物としては、ウィリアム・マッキンリー、セオドア・ルーズベルトおよびウッドロウ・ウィルソンの各大統領と、3度大統領候補として出馬したが当選を果たさなかったウィリアム・ジェニングス・ブライアンがいた。第四政党制 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • 重松九州男

    重松九州男から見た汚職汚職

    汚職・政治腐敗打破、行政改革、不公平税制の是正、消費税反対、総理大臣の直接選挙、議員定数削減・医療の無料化、女性の地位向上、グローバリズム、反戦・反核、軍事大国化反対、元慰安婦や樺太残留朝鮮人への国家補償など、穏健かつリベラルな政策を掲げていたものの、街宣右翼や総会屋に政治活動の面倒を見させるなど、清濁併せ呑む一面もあった。これは『世界政府創設委員会』などを名乗った南俊夫も同様であった。重松九州男 フレッシュアイペディアより)

  • 大浦事件

    大浦事件から見た疑獄汚職

    大浦事件(おおうらじけん)は、第一次世界大戦勃発を機に大日本帝国陸軍の師団増設案成立に関して、衆議院議員に贈収賄した大正時代の疑獄事件。高松事件ともいう。大浦事件 フレッシュアイペディアより)

  • 撚糸工連事件

    撚糸工連事件から見た汚職汚職

    撚糸工連事件(ねんしこうれんじけん)とは、日本撚糸工業組合連合会が元経理課長による横領を告訴したのをきっかけに明るみに出て、東京地方検察庁特捜部が1985年9月から翌年5月にかけて摘発した戦後日本の汚職事件。通商産業省幹部2名の収賄容疑を経て11人が逮捕、うち7人と任意で事情聴取をされていた現職の国会議員2名を含む9名が起訴された。撚糸工連事件 フレッシュアイペディアより)

269件中 41 - 50件表示

「汚職・贈収賄・談合」のニューストピックワード