269件中 51 - 60件表示
  • 族議員

    族議員から見た汚職汚職

    族議員の一部は集票または政治資金の獲得を目的としたロビイストであるとされることもあり、特定省庁や業界団体の利権を巡って汚職事件が起こるなど問題視された。族議員 フレッシュアイペディアより)

  • オリーブの木

    オリーブの木から見た汚職汚職

    1994年の第12回総選挙で勝利した中道右派連合は、シルヴィオ・ベルルスコーニを首相に政権運営を担ったが、ベルルスコーニの汚職疑惑によりわずか1年で崩壊した。第12回総選挙を政党連合「進歩主義者」で臨んだものの敗北した中道左派連合は、ベルルスコーニ政権総辞職後に発足したランベルト・ディーニ率いる非政治家内閣を信任、政権への影響力を持つ一方で次期総選挙に向けて中道勢力との連携が課題であった。オリーブの木 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保直彦

    大久保直彦から見た汚職汚職

    1989年5月、公明党委員長の矢野絢也が明電工事件に絡んだことで公明党執行部が総退陣となり、公明党書記長を退任する。大久保直彦 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州不正対策局

    欧州不正対策局から見た汚職汚職

    欧州不正対策局(おうしゅうふせいたいさくきょく、', OLAF')は、欧州連合の機構における汚職や不祥事などの違法行為のほか、欧州連合の財政に関する不正を取り締まることで、説明責任や透明性、適正支出などの観点から欧州連合の経済的利害関係を保護する部局。欧州不正対策局 フレッシュアイペディアより)

  • 権藤恒夫

    権藤恒夫から見た汚職汚職

    1989年5月、明電工事件により、矢野絢也が公明党委員長を退任することにともない、後任の公明党委員長に就任した石田幸四郎の下で、公明党副書記長に就任する。権藤恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 村井仁

    村井仁から見た汚職汚職

    大分県で発覚した教員採用試験汚職に関連して、2008年7月16日の定例会見などで村井は、長野県の県議会議員や国会議員などに採用試験の合否を事前に知らせていたことを認めた上に、「まあこれは社会常識として、社会通念上許容されることではないかな、と私は思います」と、採用試験の口利きを容認したと受け取られかねない発言をしている。村井仁 フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・ブハリ

    ムハンマド・ブハリから見た汚職汚職

    緊縮政策の失敗、汚職の蔓延、さらに経済の悪化を受け、ブハリ政権は1985年8月27日にイブラヒム・ババンギダによって打倒された.。ブハリは1988年までベニンシティで拘留された。ムハンマド・ブハリ フレッシュアイペディアより)

  • 道路特定財源制度

    道路特定財源制度から見た汚職汚職

    コスト削減と並行して道路の建設・維持管理等関係会社と公務員等の間で起こる談合や汚職の撲滅も重要である(談合・汚職事件がなければ低コストで建設・維持管理等ができた道路も少なくない)。道路特定財源制度 フレッシュアイペディアより)

  • ジャナタ党

    ジャナタ党から見た汚職汚職

    インドでは独立以来インド国民会議派(コングレス)が一党優位制を維持していたが、各地での地域政党の勃興、党内汚職、インディラ・ガンディー時代の強権政治(特に1975年の宣言)への不信感などにより1970年代より国民の支持を次第に失っていた。ジャナタ党 フレッシュアイペディアより)

  • 名川保男

    名川保男から見た汚職汚職

    帝人事件、炭鉱国管疑獄、昭和電工事件、日殖事件、造船疑獄といった汚職事件の弁護人を務めた。名川保男 フレッシュアイペディアより)

269件中 51 - 60件表示

「汚職・贈収賄・談合」のニューストピックワード