417件中 61 - 70件表示
  • 高垣善一

    高垣善一から見た汚職汚職

    1963年(昭和38年)9月11日、建設省近畿地方建設局の汚職事件に関与し、収賄罪の容疑で大阪府警に逮捕され、高垣は和歌山市内の道路工事の指名競争入札で便宜を図り謝礼として現金計210万円を受け取ったことを認めている。大阪府警は9月13日に大阪地検に送検。9月30日に処分保留のまま釈放されたが、10月23日には収賄罪で大阪地裁に起訴され、1964年(昭和39年)10月3日からは「汚職市長リコール運動本部」がリコール運動を始め、11月8日には和歌山市選管委に7万2,631人分の署名を提出したが、請求代表者の一人が国家公務員のため失格となり、署名は全部無効とされた。なお、和歌山市選管委は1964年(昭和39年)10月3日に請求代表者が適格であるとの証明書を出しており、杜撰な対応として批判された。高垣善一 フレッシュアイペディアより)

  • イドリサ・セック

    イドリサ・セックから見た汚職汚職

    2005年ティエスでの建設プロジェクトにかかる汚職の疑いをかけられ投獄されたものの起訴はされず2006年初頭に釈放された。2006年4月、彼は2007年の大統領選に出馬する意向を発表した。2007年3月の大統領選では、現職のワッド大統領に敗れて落選。イドリサ・セック フレッシュアイペディアより)

  • デクラン・ヒル

    デクラン・ヒルから見た汚職汚職

    デクラン・ヒル(Declan Hill)は、ジャーナリスト、学者、コンサルタント。国際スポーツの八百長と汚職の研究における世界の第一人者 。2008年にチーブニング奨学生としてオックスフォード大学(社会学)で博士号を取得している。デクラン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • 大久保直彦

    大久保直彦から見た汚職汚職

    1986年12月、公明党臨時党大会で公明党書記長に就任する。1989年5月、公明党委員長の矢野絢也が明電工事件に絡んだことで公明党執行部が総退陣となり、公明党書記長を退任する。大久保直彦 フレッシュアイペディアより)

  • パーヴェル・ラザレンコ

    パーヴェル・ラザレンコから見た汚職汚職

    1999年2月20日、ラザレンコは、ニューヨークを訪れ政治亡命を要請したが、逆に新たな嫌疑により逮捕されてしまった。アメリカの司法において、総額3億ドルの資金洗浄、汚職及び詐欺の被疑事実が突きつけられている。その後莫大な保釈金を払い保釈され、保護観察の身にある。2006年8月25日にアメリカの裁判所は恐喝、資金洗浄、汚職及び詐欺の罪で禁固9年と罰金1000万ドルの判決を下した。ウクライナにおけるラザレンコの裁判は、2001年夏に始った。2001年9月、ウクライナの検事総長は、請負殺人への関与という新たな被疑事実をラザレンコに突きつけた。しかし、ラザレンコのウクライナ送還は実現していない。パーヴェル・ラザレンコ フレッシュアイペディアより)

  • 有元史郎

    有元史郎から見た疑獄汚職

    1937年、岡山県津山市より市長就任の依頼を受け受諾。直前に日華事変が勃発し、当時の岡山県知事・伊藤武彦と共に出征軍人家族の救援資金集めに奔走するが、就任1ヵ月にして疑獄事件に巻き込まれ、僅か2ヵ月で辞任した。翌1938年、走行中の列車から転落し41歳で世を去った。有元史郎 フレッシュアイペディアより)

  • ヒト以外による選挙への立候補

    ヒト以外による選挙への立候補から見た汚職汚職

    カカレコ - ブラジルのサンパウロにある動物園で飼われていたサイ。政治汚職に抗議するために1958年の市議会選挙に担ぎだされた。選挙管理委員会は立候補届を受理しなかったが、最終的には他の政党よりも多い10万票を獲得した(この選挙では相当な数の投票棄権も行われた)。今日、ブラジルにおいて"Voto Cacareco"(カカレコに投票する)という言葉は、一般的に抗議票を投じることを意味する。カカレコの立候補に触発されてが結党される。これはサイのが率いるという体裁をとっていた。ヒト以外による選挙への立候補 フレッシュアイペディアより)

  • プライド&グローリー (映画)

    プライド&グローリー (映画)から見た汚職汚職

    ニューヨーク市警察に勤めるレイ・ティアニー刑事は、過去のトラウマが原因で現場から長らく遠ざかっていたが、警察高官の父フランシス・Srの命令で現場に復帰することになる。彼が特別捜査班を指揮することになった事件は、麻薬取引現場を市警察が取り押さえようとした際、相手の反撃によって警官2名が殺害され、残り2名も重体となるといった大事件であった。レイが生まれたティアニー家は、警察高官の父、警察分署長の兄フランシス・Jr、そしてその兄の部下である義弟のジミーといった警察一家であった。レイは警察内部に麻薬組織の内通者がいると睨み、捜査を開始する。だが、義弟であるジミーこそが内通者であり、裏で汚職を行っているという事実を掴んだ彼は、警察と家族との間で葛藤していく。プライド&グローリー (映画) フレッシュアイペディアより)

  • チュワン・リークパイ

    チュワン・リークパイから見た汚職事件汚職

    1994年12月にチャワリット党首率いる新希望党が連立与党から離脱し、政権は少数与党政権となったが国家開発党を取り込みなんとか危機を切り抜けた。しかし、その後、プーケットにおける農地改革に絡む汚職事件を野党に攻撃され、下院を解散したものの総選挙で敗れて退陣した。チュワン・リークパイ フレッシュアイペディアより)

  • 熊澤一衛

    熊澤一衛から見た汚職汚職

    1912年(明治45年)には四日市製紙の取締役に就任して、富士製紙との合併に尽力する。1920年(大正9年)には静岡電気株式会社の専務となる一方、昭和6年度の履歴書では、社長、取締役、監査役を兼務する会社が合計37社に及び、電力会社、電鉄会社、製紙会社、製材会社、林業会社、汽船会社、化学会社、工業会社、銀行業、倉庫会社などその他の多くの関連事業に関わり「東海の飛将軍」と称された。1923年(大正12年)に静岡鉄道の専務を兼任する。1925年(大正14年)には四日市銀行の頭取、伊勢電気鉄道社長となり、全線の電化と養老鉄道との合併を実現した。四日市の実業界・経済界の発展に寄与した。1929年(昭和4年)には諏訪公園内に四日市市立図書館を建設して、四日市市に私財を寄付して、四日市市のシンボルと称された。1929年(昭和4年)秋から開始された世界恐慌の影響で日本の昭和恐慌となり、伊勢電鉄の三重県から名古屋市への乗り入れを計画して名古屋駅?桑名駅の鉄道敷設免許を獲得するため関西本線の旧3鉄橋の払い下げを政界に働きかけた汚職事件の五私鉄疑獄事件があり贈賄容疑を受けて1929年(昭和4年)に逮捕された。「伊勢電鉄は三重県の電鉄である」との自負と「自分は三重県人だ」という誇りがあった。伊勢電鉄の独裁者と呼ばれた熊沢一衛から見た鉄道建設理論の考えでは、伊勢神宮がある宇治山田市をめざして東進や南下して路線を建設する大軌道の大阪電気軌道(参急)の三重県進出は、大阪資本の三重県への侵略と理解して、父や祖先の影響で代々伊勢神宮に対する熱烈な崇敬者の熊澤は妨害事件を犯した。結果的に四日市銀行の破綻を招いた。事件の責任をとって、寸松庵色紙(秋かせの)・源順像(佐竹本三十六歌仙)・茶器などの美術品を売り払った。また熊沢殖産や四日市倉庫などの社長をつとめた。熊澤一衛は悲嘆のうちに1940年(昭和15年)2月14日死去。64歳。三重県出身。号は月台。熊澤一衛 フレッシュアイペディアより)

417件中 61 - 70件表示

「汚職・贈収賄・談合」のニューストピックワード