269件中 71 - 80件表示
  • アラン・フリード

    アラン・フリードから見た汚職事件汚職

    1959年、フリードはペイオラ・スキャンダルという音楽業界内の汚職事件に巻き込まれた。ペイオラとは、特定のレコードを流してもらう見返りに、レコード会社がラジオ局のDJに支払っていた金品のことである。DJは雇用的に不安定な職業で賃金も低かったため、生活の大半をペイオラに頼っていた。また、1950年代当時はペイオラを違法とする法律も存在しなかったため、そのやりとりは業界内で慣例化し、謝礼行為として認知されていた。ところが1958年、ペイオラへの社会認識が賄賂へと一転した。米国作曲家作詞家出版者協会(ASCAP)はペイオラを放送倫理の腐敗と激しく非難し、下院議会に意見を聴聞したのである。議会はこの意見を聴き入れ、ペイオラを違法とする法律を制定した。これにより、1959年から1960年にかけて、DJをはじめペイオラに関わった音楽関係者の多くが、容赦なく業界から追放された。全米一有名なDJとして活躍していたフリードも、このスキャンダルから免れることはできなかった。彼は1959年11月に、所属のWABC局から「過去いかなるレコード会社からも金品をもらっていない」という宣誓書にサインを求められた。しかし彼はこれを断ったため、WABC局は彼を解雇した。これにより一切の後ろ盾を失ったフリードは、1960年5月に贈収賄の罪で告発され、その結果、罰金300ドルと6ヶ月の謹慎処分の実刑判決を受けた(1962年)。保守層が企てたペイオラ・スキャンダルによって、それまでのフリードの輝かしいキャリアは完全に摘み取られたのである。アラン・フリード フレッシュアイペディアより)

  • ヨウェリ・ムセベニ

    ヨウェリ・ムセベニから見た汚職汚職

    ウガンダのアミン以降の政権は腐敗、派閥抗争などで秩序回復の困難さを示し大衆的な合法性を得られなかった。ムセベニは、新政権が同じ目に遭わないために同様の誤ちの繰り返しを避ける必要があった。NRM は前任者達より幅広い民族的基盤を形成した上で、4年間の暫定政権であると宣言した。それにもかかわらず、様々な派閥の代表がムセベニによって精選された。ウガンダのそれまでの歴史に陰を落とした派閥間の暴力は政党活動と政党が民族的に異なる支持基盤を持つことを制限することを正当化させた。無党制により政党そのものは禁止されなかったが直接選挙で候補者を選ぶことはできなくなった。ムセベニが全てのウガンダ人に従うことを求めたいわゆる「抵抗運動」体制がこの20年間のウガンダ政治の基礎となった。ヨウェリ・ムセベニ フレッシュアイペディアより)

  • 審議拒否

    審議拒否から見た疑獄汚職

    審議拒否が行われる背景として、日本の国政政党は原則として議員の投票行動に対して党議拘束をかけるため、国会での審議・審査過程において政党に属する個々の議員に対して投票行動の変更を促すことがほぼ不可能であり、従って両院で与党が過半を占めている場合には政府案や与党案を審議・審査により覆す道が絶たれていることが挙げられる。そのため国会対策委員会間の交渉が不調の際に、少数党派が党議決定に基づいて審議拒否を行う。その際、政府与党の提出する議案に強く反対する野党は、議案に対する質問に関する回答が明白でないといった理由を掲げる。また与党側に疑獄などが生じた時、関係者の参考人招致や証人喚問を要求し、要求が通らないと審議拒否をする。審議拒否 フレッシュアイペディアより)

  • 売春汚職事件

    売春汚職事件から見た汚職汚職

    売春汚職事件(ばいしゅんおしょくじけん)は、1957年から1958年にかけて起こった、日本の汚職事件。政治家と赤線業者による贈収賄捜査の裏で、検察内部の派閥抗争が絡み、マスコミまでを巻き込んだ大事件へと発展した。売春汚職事件 フレッシュアイペディアより)

  • 党錮の禁

    党錮の禁から見た汚職汚職

    後漢の和帝が外戚の竇憲らを排除するのに宦官を用いて以降、宦官の勢力が強くなるようになった。しかしこれら宦官の多くは自らの利権の追求に専念し、外戚が専横していた頃以上の汚職が蔓延するようになった。党錮の禁 フレッシュアイペディアより)

  • 陳良宇

    陳良宇から見た汚職汚職

    その間も陳良宇は汚職撲滅をアピールし、解任5日前の9月19日にも市党委常務委員会を主催して「中央の指示に基づいてやれ。法に違反している幹部は解任後、処罰させるように」との演説もしていた。ところがその5日後の24日に党中央政治局会議で「社会保障基金の不正使用」「地位を利用した縁者の優遇」などの嫌疑により、党委書記など上海市の一切の職務は免職され、中央政治局委員、中央委員の職務を停止された。2007年3月に習近平が正式に任命されるまで、党委書記は市長で常務副書記の韓正が代行した。規律委員会が陳良宇解任後上海汚職疑惑を調査していたが、後になり側近や市幹部が摘発された。陳良宇 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴切康雄

    鈴切康雄から見た汚職汚職

    1989年5月、明電工事件の疑惑による矢野絢也の公明党委員長退任にともない、公明党中央統制委員長を退任する。鈴切康雄 フレッシュアイペディアより)

  • アルナルド・フォルラーニ

    アルナルド・フォルラーニから見た汚職汚職

    首相としてはDC党内の汚職スキャンダル、イタリア南部を襲った地震被害、極左テロリズムへの対処などに追われた。また反共産主義的で違法な武器密輸活動などをし、後にフリーメーソンから破門される秘密結社ロッジP2に所属していた者のリストを公開したが、これは遅きに失したとイタリア共産党などの野党から非難され、結局は首相辞任に追い込まれた。後任の首相となったジョヴァンニ・スパドリーニはイタリア共和党からの選出となったため、戦後のアルチーデ・デ・ガスペリ以来、36年間続いてきたDC出身の首相は、フォルラーニでいったん途切れることとなった。アルナルド・フォルラーニ フレッシュアイペディアより)

  • アルフレド・ストロエスネル

    アルフレド・ストロエスネルから見た汚職汚職

    大統領在任中は反共親米政権だったが、自身がドイツ系ということもあり、ヨーゼフ・メンゲレやエドゥアルト・ロシュマンなど、第二次世界大戦時のドイツの戦犯容疑者の亡命潜伏を黙認した。また、宗教弾圧や汚職、インディオの虐殺などの人権侵害で国際的な批判を浴びた。アルフレド・ストロエスネル フレッシュアイペディアより)

  • ジョセフ・クレーター

    ジョセフ・クレーターから見た汚職汚職

    1930年4月、当時のニューヨーク州知事であったフランクリン・ルーズベルトにより、州最高裁判所の判事に任命されたが、8月6日夜、ニューヨーク西45番街のレストランで友人と食事をした後、1人でタクシーに乗ったのを最後に行方不明となった。失踪は大々的に報道されて多くの目撃情報も寄せられたものの、現在もその消息は不明のままである。政界汚職に関与したとの噂も流れた。ジョセフ・クレーター フレッシュアイペディアより)

269件中 71 - 80件表示

「汚職・贈収賄・談合」のニューストピックワード