417件中 71 - 80件表示
  • バラ革命

    バラ革命から見た汚職汚職

    グルジアでは1992年以降、シェワルナゼを最高指導者とした統治体制が築かれていた。シェワルナゼ政権は漸進的で穏健な統治を推進していたが、しかしそのことが体制内に事なかれ主義を蔓延させ、政権周囲の一派にグルジアの経済成長を阻害することになる汚職が拡大していく原因となった。当時のグルジアは西欧の水準から見て経済の状態が非常に乏しいものであり(旧ソ連、旧東欧諸国の中では、経済は当初は比較的安定していたほうではあったが、東欧革命後の経済成長の退潮も影響を及ぼした)、またロシアの支援を受けて事実上分離・独立状態にあるアブハジアや南オセチアもグルジア政府の支配が及ばず、アジャリア自治共和国もグルジアからの分離を掲げるアスラン・アバシゼの統治下にあった。シェワルナゼはこのような状況に対して急進的で弾圧的な態度は取らなかった。その結果、政治的、社会・経済的な危機から2003年11月2日の議会選挙直前に国民の不満が募り、シェワルナゼ派の「新グルジアのために」やアバシゼが率いるグルジア再生民主同盟の選挙での勝利に対し、ミヘイル・サアカシュヴィリが率いる野党国民運動や議員であったニノ・ブルジャナゼやズラブ・ジワニアらが属する連合民主党はこの選挙結果に反発した。バラ革命 フレッシュアイペディアより)

  • バングラデシュ民族主義党

    バングラデシュ民族主義党から見た汚職汚職

    2008年12月の総選挙では汚職への批判などから大惨敗を喫し、再びシェイク・ハシナ率いるアワミ連盟に事実上、政権を明け渡すことになった。バングラデシュ民族主義党 フレッシュアイペディアより)

  • 孫春蘭

    孫春蘭から見た汚職汚職

    2014年12月、汚職容疑で、解任された令計画の後任として、統一戦線部部長に就任した。孫春蘭 フレッシュアイペディアより)

  • 個人タクシー認可汚職事件

    個人タクシー認可汚職事件から見た汚職汚職

    個人タクシー認可汚職事件(こじんタクシーにんかおしょくじけん)とは、アメリカ占領下の沖縄の琉球政府通商産業局を舞台とした汚職事件。個人タクシー認可汚職事件 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡事件

    山岡事件から見た汚職汚職

    山岡事件(やまおかじけん)とは、1965年に発生した競馬法違反事件で、中央競馬史上最大と言われる不正事件(八百長)の通称である。名称については、事件の中心人物であった山岡忞に由来する。山岡事件 フレッシュアイペディアより)

  • 平岡定太郎

    平岡定太郎から見た汚職汚職

    当時の報知新聞をみると、大正3年(1914年)の6月2日頃から事件は紙面を大きく飾っている。6月3日には「政友会の罪悪」と掲げ「漁場払下と政友会」の関係をあばく記事を載せている。簡単にいえば、明治45年(1912年)の衆院選挙にさきがけ、平岡長官は禁漁区域内の十七漁場での操業を一夜づくりの得体の知れぬ会社に許可し、その汚職で得た十万円の金を、かねて愛顧をこうむっていた政友会の原敬(当時内務大臣)に贈った、というものであった。火をつけたのは樺太の漁業業者である。いわゆる役職を乱用した政治献金の容疑であった。報知新聞の「政友会の罪悪-漁業払下と政友会」の記事が出たその日に定太郎は、原敬を訪問し辞職する由を伝えた。原敬はこの日の日記に、「余は平岡の何等非難を受くべき事実なきと認める。(中略)政府の仕向は如何にも陋劣にして大浦(兼武)が主となり江木書記官長及び安達謙蔵などと共謀して平岡を陥れた。(中略)平岡を陥るるために、平岡が政友会のために漁場を利用して選挙費用を作りたりとて、報知、やまとなどの御用新聞に掲載せしめて無根の風説を流布し、よりてもって平岡を傷つけ遂にその職を去らしむるか。(中略)而してこれみな大浦の陋劣なる悪計より出づるものなり、立憲政治にあるまじき所為なりと思う」と綴っている。平岡定太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 臨時石炭鉱業管理法

    臨時石炭鉱業管理法から見た汚職汚職

    法案成立過程における炭鉱主側の政界工作は後に炭鉱国管疑獄という汚職として露見された。臨時石炭鉱業管理法 フレッシュアイペディアより)

  • ラミズ・アリア

    ラミズ・アリアから見た汚職汚職

    大統領辞職と同時に政界を引退。後に汚職や権力乱用により裁判にかけられて懲役刑を受けている。ラミズ・アリア フレッシュアイペディアより)

  • オスマン帝国の社会構造

    オスマン帝国の社会構造から見た汚職汚職

    オスマン帝国の文人キャーティプ・チェレビーは「人のいない建物はなく、軍隊のない共同体はなく、金のない軍隊はなく、人がいなければ金もない」と、国民と国家の関係を簡潔に表した言葉を残し、人民は税と軍の源であるとした。キャーティプ・チェレビーと歴史家のムスタファ・ナイマは人間の成長段階は社会的な成長段階でもあると主張し、人間の誕生、成長、老化の段階を社会についても表現しようと試みていた。 オスマン帝国官僚のコチ・ベイと政治家ルトフィ・パシャは社会の崩壊と軍構造の乱れについて分析を行った。ムスタファ・アリは社会の衰退を汚職、政治家の無責任性、不正義、ハレムの女性達による政治への関与といった要素に起因すると考えた。 フライシャーによると、オスマン帝国社会が揺らいだことの象徴として、スレイマン1世が息子ムスタファを処刑したこと、セリム2世がその絶対的な権威をソコルル・メフメト・パシャへ委譲したこと、賄賂の容認などが挙げられるとした。オスマン帝国の社会構造 フレッシュアイペディアより)

  • ジョセフ・クレーター

    ジョセフ・クレーターから見た汚職汚職

    1930年4月、当時のニューヨーク州知事であったフランクリン・ルーズベルトにより、州最高裁判所の判事に任命されたが、8月6日夜、ニューヨーク西45番街のレストランで友人と食事をした後、1人でタクシーに乗ったのを最後に行方不明となった。失踪は大々的に報道されて多くの目撃情報も寄せられたものの、現在もその消息は不明のままである。政界汚職に関与したとの噂も流れた。ジョセフ・クレーター フレッシュアイペディアより)

417件中 71 - 80件表示

「汚職・贈収賄・談合」のニューストピックワード