269件中 81 - 90件表示
  • 狂四郎2030

    狂四郎2030から見た汚職汚職

    二条憲政の息子で行政監察官。役人の汚職を取り締まる立場にあり、その権力は相手に疑惑を抱いただけで死刑にできるほど。父親からの命令で、自ら罪人の首を刎ねてきたが、そのせいで精神のバランスが崩れ、度々自分が斬首して来た人々の幻影に悩まされている。ただしそれは、罪悪感というよりは殺しに慣れていないだけだと狂四郎は推測している。狂四郎2030 フレッシュアイペディアより)

  • 国防挺身隊

    国防挺身隊から見た汚職汚職

    右にしか曲がれない国防挺身隊が街のパトロールをしていると、川原で談合している国賊議員と地元建設業者の汚職現場に行き合ってしまうのであった。挺身隊への活動資金と誤解して、多額の金銭を受け取ってしまった挺身隊であるが、実は口止め料だったとの真相に気がついて……国防挺身隊 フレッシュアイペディアより)

  • 大蔵省接待汚職事件

    大蔵省接待汚職事件から見た汚職汚職

    大蔵省接待汚職事件(おおくらしょうせったいおしょくじけん)とは、1998年に発覚した汚職事件。大蔵省接待汚職事件 フレッシュアイペディアより)

  • KLAN

    KLANから見た汚職汚職

    東亜建設の社長。汚職の罪と責任を全て日高洋行に押し付け、証拠隠滅といったお膳立てを整えたところで自殺させようと計画していた。証拠物件を消し、事情を知る者を消そうと次男の幹二を差し向ける。KLAN フレッシュアイペディアより)

  • ヘリテージ財団

    ヘリテージ財団から見た汚職汚職

    経済面ではヘリテージ財団はサプライサイド経済学を提唱し、レーガノミックスと呼ばれる現象が起こった。また国際的にはウォールストリート・ジャーナルと共同で毎年世界各国の財産権の政府からの自由の度合いを示すとされる経済自由度指数を公表している。指数の指標として、政府の汚職、貿易障壁、所得税とその税率、歳出、法の支配、契約の履行率、規制による負担、銀行規制、労働法規、闇市場の活動などを用いているとされる。ヘリテージ財団 フレッシュアイペディアより)

  • 逮捕許諾決議

    逮捕許諾決議から見た疑獄汚職

    司法当局が逮捕状発付相当と判断した場合、内閣に逮捕許諾請求書を提出する。閣議決定を経て所属議院に許諾を求め、議院運営委員会(秘密会)で審査し採決する。その後で本会議で議決となる。なお、国会議員が関わる疑獄事件では、国会会期中の場合は1960年代から1990年代頃までは逮捕許諾請求をせず、在宅起訴または閉会を待ってから逮捕をするのが一般的であった(なお、国会議員の令状逮捕においては検察は指揮権を持つ法務大臣に対して事前報告をする慣例になっている)。これは、所属議院への許諾請求の際、議院運営委員会委員に対して捜査状況等の説明を求められる(すなわち司法当局が法務大臣だけでなく政界に対して手の内を明かすことになる)ことや、司法当局の手の内を知った政治家が政界人である法務大臣に対して指揮権発動を促すなどの政治介入を司法当局が嫌ったためとされる。1994年3月のゼネコン汚職では、中村喜四郎が東京地検特捜部による任意取調を拒否したため、逮捕許諾請求の扱となった。逮捕許諾決議 フレッシュアイペディアより)

  • 民主進歩党 (マラウイ)

    民主進歩党 (マラウイ)から見た汚職汚職

    しかしながら、ムタリカは政党政治を行う都合上、統一民主戦線の議員に対する不正問題に取り組むことができなかった。そのため、再び統一民主戦線を脱退し、民主進歩党を新たに結成して、以降は反汚職などの政策を行っていった。民主進歩党 (マラウイ) フレッシュアイペディアより)

  • マシュミ

    マシュミから見た汚職汚職

    1956年3月、選挙後に発足した国民党首班のアリ・サストロアミジョヨ内閣にはマシュミ党からも入閣した。インドネシア独立後の議会政治に安定をもたらすべく実施された選挙だったが、その後の議院内閣制による政治運営も混迷した。閣僚の汚職や不正行為、議会の空転、地方の不満など、インドネシアは国家の統一ではなく、分裂の危機に直面していたのである。マシュミ フレッシュアイペディアより)

  • 1957年の政治

    1957年の政治から見た汚職汚職

    5月3日 - 岸首相、汚職・貧乏・暴力の三悪追放を言明。1957年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・グラジエフ

    セルゲイ・グラジエフから見た汚職汚職

    結局、中央選挙管理委員会の候補者審査によってゲラシチェンコは、立候補することができず、審査を通過したグラジエフも独立系候補としてようやく立候補はしたが、ロシア国民の圧倒的な支持を得るウラジーミル・プーチンは揺るぎようもなかった。選挙戦でグラジエフは、オリガルヒ(新興財閥)を批判し、社会的公正と汚職の根絶を主張した。また、国民生活向上の憲法への明記、最低賃金の3倍増、労働組合の権利保護など、新興財閥の莫大な金を再分配、経済成長、マフィアやテロの根絶を公約に掲げた。グラジエフは大統領選挙において4.1%、282万6641票を獲得し、6人中3位につけた。セルゲイ・グラジエフ フレッシュアイペディアより)

269件中 81 - 90件表示

「汚職・贈収賄・談合」のニューストピックワード