417件中 81 - 90件表示
  • 青年の樹 (1977年の映画)

    青年の樹 (1977年の映画)から見た汚職汚職

    奇妙な大学デビューをはたした武馬のクラスには、汚職の舞台となった料亭・川北の女将の娘で、素晴らしい美貌を持つ山形明子、ヤクザの組長であった父が殺され、跡目の問題で悩んでいた和久宏、武馬が高校時代にラグビーのライバルであった杉達也などがいた。青年の樹 (1977年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 小橋一太

    小橋一太から見た汚職汚職

    1929年(昭和4年) 浜口内閣の文部大臣。越後鉄道にまつわる汚職事件(越後鉄道疑獄)で辞任(裁判では無罪)。小橋一太 フレッシュアイペディアより)

  • フョードル・フンチコフ

    フョードル・フンチコフから見た汚職汚職

    翌年にアシガバードでの労働者の騒乱が発生し、1月15日にフンチコフは「公安委員会」('''') の5人組によって汚職の罪で逮捕された。2月1日にはザカスピ暫定政府も倒された。やがて社会革命党中央委員会によって人民委員らの処刑についての調査が始まると、フンチコフは調査員である元中央委員のヴァジム・ チャイキン () に「そういったことが起こるのは分かっていた。だが止める手立てはなかった。処刑が決定されたのは、イギリスが任務の遂行に固執したからだ」と語った。フンチコフはマレソンと縁深いイギリス軍連絡将校のレジナルド・ティーグ=ジョーンズ (en) 大尉と、治安組織のドルシュキン () に責任があると非難した。だが他の逮捕者であるセディフ () はチャイキンに対し、フンチコフは「すべてを理解していた」と述べた。フョードル・フンチコフ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・ホーン

    ダニエル・ホーンから見た汚職汚職

    エミル・サイデルが1910年ミルウォーキー市長に当選、合衆国の主要都市では初の社会党員首長となった。同年ホーンは民主、共和両党の対立候補を、59000票のうち7300票以上もの差で破り、ミルウォーキー市の法定代理人に就く。6年間の任期は、役人の汚職を取り締まる事に費やされた。ダニエル・ホーン フレッシュアイペディアより)

  • 三矢宮松

    三矢宮松から見た涜職汚職

    1926年(大正15年)、帝室林野局長官に就任。1932年(昭和7年)9月に涜職罪で起訴されるが、1934年(昭和9年)11月に無罪判決が下された。1940年(昭和15年)に帝室林野局長官を退官。三矢宮松 フレッシュアイペディアより)

  • 下条康麿

    下条康麿から見た汚職汚職

    1929年(昭和4年) 濱口雄幸内閣の賞勲局総裁に抜擢される。当時の賞勲局は、下条の前任者である天岡直嘉にからむ売勲事件があり、汚職事件によって評判が地に堕ちていた。下条は、1940年(昭和15年)まで足掛け11年にわたり、賞勲局総裁を務め、厳正かつ公正に職務を全うし、同局の建て直しに尽力した。賞勲局総裁を辞した後、功績により、貴族院議員に勅選される。戦時中も東京大学で統計学の研究を続け、1944年(昭和19年) 日本大学に教授として招聘され、統計学・社会政策論の講義をする。下条康麿 フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・グラジエフ

    セルゲイ・グラジエフから見た汚職汚職

    結局、中央選挙管理委員会の候補者審査によってゲラシチェンコは、立候補することができず、審査を通過したグラジエフも独立系候補としてようやく立候補はしたが、ロシア国民の圧倒的な支持を得るウラジーミル・プーチンは揺るぎようもなかった。選挙戦でグラジエフは、オリガルヒ(新興財閥)を批判し、社会的公正と汚職の根絶を主張した。また、国民生活向上の憲法への明記、最低賃金の3倍増、労働組合の権利保護など、新興財閥の莫大な金を再分配、経済成長、マフィアやテロの根絶を公約に掲げた。グラジエフは大統領選挙において4.1%、282万6641票を獲得し、6人中3位につけた。セルゲイ・グラジエフ フレッシュアイペディアより)

  • 名川保男

    名川保男から見た汚職汚職

    帝人事件、炭鉱国管疑獄、昭和電工事件、日殖事件、造船疑獄といった汚職事件の弁護人を務めた。名川保男 フレッシュアイペディアより)

  • ダルース (ミネソタ州)

    ダルース (ミネソタ州)から見た汚職汚職

    またダルースは、ニューヨーク・タイムズ紙で「次のリタイア時限爆弾」として取り上げられた。市が行なった公的健康保険に関する調査で、退職した市民への保障が市の財政を圧迫しており、放置すれば破産する危険性があることが発覚したからである。同紙の記事中では、ダルースは退職者への保障をきちんと計算していない自治体の代表として取り上げられた。しかしダルースの地元紙ニュース・トリビューンは、1988年に元市長ジョン・フェド(John Fedo)が汚職裁判で無罪となったとき、この健康保険の保障に関してだけは掛け値無しに尊敬できると評した。地元の労働組合の力が強いため、地元の政治家たちは何十年にもわたってこの健康保険の問題には真っ向から向き合わず、選挙で勝つために機嫌を取る方向で活動をしてきた。ダルース (ミネソタ州) フレッシュアイペディアより)

  • 1957年の政治

    1957年の政治から見た汚職汚職

    5月3日 - 岸首相、汚職・貧乏・暴力の三悪追放を言明。1957年の政治 フレッシュアイペディアより)

417件中 81 - 90件表示

「汚職・贈収賄・談合」のニューストピックワード