262件中 111 - 120件表示
  • 二子玉川園

    二子玉川園から見た江ノ島江の島

    1939年3月10日 - 玉川第二遊園地は読売新聞と提携し、読売遊園と改称。のちにパラシュート練習塔が設けられる。(戦後、江ノ島に灯台として移築)二子玉川園 フレッシュアイペディアより)

  • はとバス

    はとバスから見た江ノ島江の島

    この頃、利用者急増に対応して、1956年5月に東京駅構内に八重洲案内所を設置したのを初めとして、新宿・錦糸町・本郷にも案内所を設置し、利用者の利便を図った。コースの充実も図られ、1956年6月には周遊コースに観劇を加えた「観劇Hコース」の運行も開始したほか、1958年3月16日には同社初の郊外コースとして、都内観光の後に江ノ島・鎌倉を周遊する「都内・江ノ島・鎌倉周遊Hコース」の運行が京浜急行電鉄(当時)との相互乗り入れにより開始された。また、日本遊覧航空の協力を得て、空から東京を観光するという「陸海空立体Lコース」の運行が1958年7月より開始されるなど、独創性のあるコースがこの頃から新設されるようになった。車両面でも、特別な車両が登場を始めることになる。1958年に「走るパーラー」と呼ばれる24人乗り冷房付バスを導入している。本社も1959年に銀座から車庫のある港区芝高浜町(現在の港区港南)に移転している。はとバス フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県道305号江の島線

    神奈川県道305号江の島線から見た江の島江の島

    神奈川県道305号江の島線(かながわけんどう305ごう えのしません)は神奈川県藤沢市にある県道である。国道134号江ノ島入口交差点より江の島島内に至る全長786メートルほどの道で、そのほぼ全域が「江ノ島大橋」という自動車専用の橋梁となっている。神奈川県道305号江の島線 フレッシュアイペディアより)

  • 安徳天皇漂海記

    安徳天皇漂海記から見た江ノ島江の島

    かつて源実朝に使えていたと思われる(第1部の)語り部の老人の口から、その実朝が幽閉中に江ノ島で、楕円形球体の中に神器とされる衣真床追衾に包まれ、天叢雲剣の携えた状態で見つかった安徳天皇を、天竺の遣いの力を借りて成仏させようとするまでの経緯を描く。安徳天皇漂海記 フレッシュアイペディアより)

  • 湘南音祭

    湘南音祭から見た江の島江の島

    湘南音祭(しょうなんおとまつり)とは、毎年6月または7月に神奈川県藤沢市の江の島湘南港特設野外ステージにて開催される、野外ロック・フェスティバルである。湘南音祭 フレッシュアイペディアより)

  • 山嵐 (バンド)

    山嵐 (バンド)から見た江の島江の島

    2007年6月の「湘南音祭 Vol.1」は、かねてからの目標だった江の島の特設野外ステージで開催。翌週には横浜でも開催され、本イベント初となる2day開催となった。山嵐 (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢七福神

    藤沢七福神から見た江の島江の島

    江島神社(えのしまじんじゃ) : 江の島に所在する神社。弁財天を祀っている。藤沢七福神 フレッシュアイペディアより)

  • 太田資清

    太田資清から見た江の島江の島

    成氏は父を殺した憲実の子の憲忠を憎んでことごとく対立するようになった。宝徳2年(1450年)、景仲と道真は鎌倉の成氏の御所を不意に襲った。成氏は江の島へ逃れ、小山氏、千葉氏、宇都宮氏らの味方を得て反撃し、由比ヶ浜で合戦になった。仲介が入って両者は和睦したが、遺恨が残った(江の島合戦)。太田資清 フレッシュアイペディアより)

  • だましゑ歌麿

    だましゑ歌麿から見た江の島江の島

    狂歌本や一枚絵を描く絵師。世間の評判も高まりつつあるが、生真面目さが絵にも現れ、艶っぽさに欠けていた。旅先の江ノ島で大水の報を聞く。だましゑ歌麿 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史文化ライブラリー

    歴史文化ライブラリーから見た江の島江の島

    原淳一郎『江戸の寺社めぐり 鎌倉・江ノ島・お伊勢さん』歴史文化ライブラリー フレッシュアイペディアより)

262件中 111 - 120件表示

「江の島花火大会」のニューストピックワード