423件中 11 - 20件表示
  • 江の島

    江の島から見た源実朝

    1204年(元久元年) - 良真、将軍源実朝の命により宋に渡り(実際には渡宋は行われなかったという説が有力)、慶仁禅師より江の島に因んで授けられたと伝えられる「江島霊迹建寺の碑」を辺津宮境内に建てる。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た一遍

    四囲を海蝕崖に囲まれた険阻な地形、海蝕洞「岩屋」の存在は、古来宗教的な修行の場として江の島を特色づけてきた。奈良時代には役小角が、平安時代には空海、円仁が、鎌倉時代には良信(慈悲上人)、一遍が、江戸時代には木喰が参篭して修行に励んだと伝えられている。1182年(寿永元年)に源頼朝の祈願により文覚が弁才天を勧請し、頼朝が鳥居を奉納したことをきっかけに、代々の将軍や御家人が参拝したといわれる。鎌倉時代以後も、その時々の為政者から聖域として保護され、参詣されてきた。弁才天は水の神という性格を有し、歌舞音曲の守護神とされたため、歌舞伎役者や音楽家なども数多く参拝した。ことに音曲に関連する職業に多い視覚障害者の参拝も見られ、中でも関東総検校となる杉山和一の存在は特筆すべきである。参拝者のための宿坊も門前に軒を連ね、関東一円に出開帳を行うなどの活動も見られた。宿坊の中でも岩本院(江嶋寺=こうとうじとも呼ばれた)は有名で、現在の旅館「岩本楼」の前身にあたる。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た円仁

    四囲を海蝕崖に囲まれた険阻な地形、海蝕洞「岩屋」の存在は、古来宗教的な修行の場として江の島を特色づけてきた。奈良時代には役小角が、平安時代には空海、円仁が、鎌倉時代には良信(慈悲上人)、一遍が、江戸時代には木喰が参篭して修行に励んだと伝えられている。1182年(寿永元年)に源頼朝の祈願により文覚が弁才天を勧請し、頼朝が鳥居を奉納したことをきっかけに、代々の将軍や御家人が参拝したといわれる。鎌倉時代以後も、その時々の為政者から聖域として保護され、参詣されてきた。弁才天は水の神という性格を有し、歌舞音曲の守護神とされたため、歌舞伎役者や音楽家なども数多く参拝した。ことに音曲に関連する職業に多い視覚障害者の参拝も見られ、中でも関東総検校となる杉山和一の存在は特筆すべきである。参拝者のための宿坊も門前に軒を連ね、関東一円に出開帳を行うなどの活動も見られた。宿坊の中でも岩本院(江嶋寺=こうとうじとも呼ばれた)は有名で、現在の旅館「岩本楼」の前身にあたる。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た酒井抱一

    1803年(享和3年) - 酒井抱一、奥津宮拝殿天井の「八方睨みの亀」を描く。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た加藤顕清

    10月1日 - 東京オリンピック記念「弁財天と世界女性群像」除幕式。彫刻:加藤顕清江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見たサムエル・コッキング

    1858年(安政5年)の日米修好通商条約から1899年(明治32年)の日英通商航海条約発効までの間、横浜の外国人居留地に住む人々は、行動範囲を居留地から10里以内に制限されていた。その制限範囲内にあり、風光明媚で宿泊施設が整っていた江の島には、明治初期以来多くの外国人が訪れるようになった。東京大学の初代動物学教授エドワード・S・モースは1877年(明治10年)7月から8月まで、シャミセンガイ研究のために江の島に日本最初の臨海実験所を開いた。アイルランド人貿易商サムエル・コッキングは、東山頂上部にあった与願寺の菜園を買い取り、別荘と庭園の造営を開始した。多くの熱帯植物を収集栽培し、本格的なボイラーを持つ大型温室やオオオニバスの栽培池を持つという画期的な熱帯植物園が完成したのは1885年(明治18年)のことであった。このように、文明開化の時代に江の島が近代博物学発祥地の一つとなった。1985年(昭和60年)4月14日、北緑地に「日本近代動物学発祥の地記念碑」が建てられ、2002年(平成14年)の江の島植物園リニューアル工事の際にコッキングの温室跡が再発見され、新しくオープンした公園は「江の島サムエル・コッキング苑」と名付けられた。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た加山雄三加山 雄三

    『光進丸』 - 作詞:松本隆・作曲:弾厚作・歌:加山雄三江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た尾上菊五郎 (7代目)

    江の島歌舞伎記念碑 - 1999年、五代目尾上菊之助、七代目尾上菊五郎の手形と扇面をあしらったもの。附近には1999年(平成11年)9月に開催された「江の島歌舞伎」の際、尾上菊之助が手植えしたしだれ梅が見られる。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た河竹黙阿弥

    1862年(文久2年) - 河竹黙阿弥作の歌舞伎「青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)(弁天娘女男白浪、通称「弁天小僧」)」江戸中村座で初演。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た久保田宵二

    『思い出の江の島』- 作詞:久保田宵二・作曲:竹岡信幸・歌:霧島昇江の島 フレッシュアイペディアより)

423件中 11 - 20件表示

「江の島花火大会」のニューストピックワード

  • ASUS 最新ビデオカード紹介&What’s PC VR?