423件中 31 - 40件表示
  • 江の島

    江の島から見た松本大洋

    松本大洋 『花男』、『ピンポン』など、他にも読み切り作品に、江の島を舞台にした漫画が多い。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た赤松健

    赤松健 - 1998年(平成10年) - 2000年(平成12年)、『ラブひな』を連載。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た役小角

    四囲を海蝕崖に囲まれた険阻な地形、海蝕洞「岩屋」の存在は、古来宗教的な修行の場として江の島を特色づけてきた。奈良時代には役小角が、平安時代には空海、円仁が、鎌倉時代には良信(慈悲上人)、一遍が、江戸時代には木喰が参篭して修行に励んだと伝えられている。1182年(寿永元年)に源頼朝の祈願により文覚が弁才天を勧請し、頼朝が鳥居を奉納したことをきっかけに、代々の将軍や御家人が参拝したといわれる。鎌倉時代以後も、その時々の為政者から聖域として保護され、参詣されてきた。弁才天は水の神という性格を有し、歌舞音曲の守護神とされたため、歌舞伎役者や音楽家なども数多く参拝した。ことに音曲に関連する職業に多い視覚障害者の参拝も見られ、中でも関東総検校となる杉山和一の存在は特筆すべきである。参拝者のための宿坊も門前に軒を連ね、関東一円に出開帳を行うなどの活動も見られた。宿坊の中でも岩本院(江嶋寺=こうとうじとも呼ばれた)は有名で、現在の旅館「岩本楼」の前身にあたる。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見たCFSコーポレーション

    支店名を江の島店あるいは江ノ島店とする店舗とその位置 - レッドロブスター(片瀬海岸)、備屋珈琲店(片瀬海岸)、ジャンボペットランド(片瀬海岸)、ハックドラッグ(片瀬海岸)、ほっかほっか亭(片瀬海岸)、やまか(片瀬海岸)、マルデナポリ(片瀬海岸)、カプリチョーザ(片瀬海岸)、PIZZERIA&DINING PICO(片瀬海岸)、中島生花店(片瀬)、マクドナルド(鵠沼海岸)、モスバーガーオーシャンカフェ(鵠沼海岸)、吉野家・134号線(鎌倉市腰越)江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た日本マクドナルド

    支店名を江の島店あるいは江ノ島店とする店舗とその位置 - レッドロブスター(片瀬海岸)、備屋珈琲店(片瀬海岸)、ジャンボペットランド(片瀬海岸)、ハックドラッグ(片瀬海岸)、ほっかほっか亭(片瀬海岸)、やまか(片瀬海岸)、マルデナポリ(片瀬海岸)、カプリチョーザ(片瀬海岸)、PIZZERIA&DINING PICO(片瀬海岸)、中島生花店(片瀬)、マクドナルド(鵠沼海岸)、モスバーガーオーシャンカフェ(鵠沼海岸)、吉野家・134号線(鎌倉市腰越)江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た江ノ島エスカー

    落語の大山詣りに見られるように、江戸時代後期には江戸庶民の行楽地として大山 - 江の島 - 鎌倉 - 金沢八景を結ぶ観光ルートが流行した。立て前は寺社参拝だが、景勝地や古蹟を訪ね、名物料理を味わい、名産を土産とするという側面が強くなってくる。江の島の風光は多くの浮世絵に描かれ、歌舞伎の舞台となるなど、広く知られるようになる。明治維新の廃仏毀釈により、与願寺は宗像三女神を祀る江島神社となり、宿坊は一般旅館へと転業した。1887年(明治20年)の鉄道開通、さらに1902年(明治35年)の江之島電氣鐵道の開通は江の島に多くの観光客を運ぶことになり、鎌倉まで全通すると、江の島、鎌倉を結ぶ観光ルートが確立し、修学旅行などで賑わうようになった。大正時代には新たな神社として児玉神社が祀られた。1923年(大正12年)9月1日 - 大正関東地震により島全体が2メートル近く隆起し、海蝕台が海面上に現れる。東岸の津波被害は著しく、島内のほとんどの建物は倒壊した。江の島桟橋は津波で流失する。震災の復興が進む中、1929年(昭和4年)には小田急江ノ島線が開通し、観光地発展のきっかけを与えた。神奈川県は湘南海岸一帯の国際観光地開発を目論み、湘南遊歩道路(現・国道134号)の敷設をはじめ、インフラ整備が進められた。江の島では1934年(昭和9年)4月、海底透視船が営業開始するなど、新しい魅力が加わった。戦後、1947年(昭和22年)4月1日、江の島を含む鎌倉郡片瀬町は藤沢市に編入され、藤沢市と江ノ島鎌倉観光による江の島の観光地開発が本格化する。木造の江の島桟橋はコンクリート橋脚の「江の島弁天橋」となり、「江の島植物園」「平和塔」の建設が続いた。1959年(昭和34年)3月5日、藤沢市は米国マイアミビーチ市と姉妹都市提携を結び、「東洋のマイアミビーチ」という触れ込みで江の島・片瀬・鵠沼地区の観光開発に力を入れる。この年、江ノ島鎌倉観光は日本初の野外エスカレータ「江ノ島エスカー」を建設した。1964年(昭和39年)の第18回東京オリンピックでヨット競技会場になった頃が観光客数のピークで、以後は漸減する。1971年(昭和46年)3月7日、岩屋で落石事故が起こり、立ち入り禁止となったことも江の島の魅力を失わせることとなった。そこで1986年(昭和61年)、「江の島地区整備計画検討会議」が発足し、観光地江の島の再生が図られた。神奈川県は1985年に「湘南なぎさプラン」を策定、さらに1990年(平成2年)、イベント「サーフ'90」を開催し、相模湾岸各自治体の連携と県の指導による相模湾岸地域の活性化が図られた。22年にわたり閉鎖した岩屋は、調査・整備の後、1993年(平成5年)に有料観光施設として再開された。その一環として藤沢市による江の島植物園のリニューアル工事が行われたのである。江の島サムエル・コッキング苑のオープン1年後に発表された年間入場者数は、旧江の島植物園時代の20万人弱から50万人を超えるまでになった。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た講談社

    吉川英治 - 1914年(大正3年)、講談社が募集した懸賞小説に応募、『江の島物語』が一等になる。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た江ノ電バス藤沢

    江ノ電バス藤沢(大船駅〔長島・手広・腰越経由〕・藤沢駅から)江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見たモスバーガー

    支店名を江の島店あるいは江ノ島店とする店舗とその位置 - レッドロブスター(片瀬海岸)、備屋珈琲店(片瀬海岸)、ジャンボペットランド(片瀬海岸)、ハックドラッグ(片瀬海岸)、ほっかほっか亭(片瀬海岸)、やまか(片瀬海岸)、マルデナポリ(片瀬海岸)、カプリチョーザ(片瀬海岸)、PIZZERIA&DINING PICO(片瀬海岸)、中島生花店(片瀬)、マクドナルド(鵠沼海岸)、モスバーガーオーシャンカフェ(鵠沼海岸)、吉野家・134号線(鎌倉市腰越)江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た吉野家

    支店名を江の島店あるいは江ノ島店とする店舗とその位置 - レッドロブスター(片瀬海岸)、備屋珈琲店(片瀬海岸)、ジャンボペットランド(片瀬海岸)、ハックドラッグ(片瀬海岸)、ほっかほっか亭(片瀬海岸)、やまか(片瀬海岸)、マルデナポリ(片瀬海岸)、カプリチョーザ(片瀬海岸)、PIZZERIA&DINING PICO(片瀬海岸)、中島生花店(片瀬)、マクドナルド(鵠沼海岸)、モスバーガーオーシャンカフェ(鵠沼海岸)、吉野家・134号線(鎌倉市腰越)江の島 フレッシュアイペディアより)

423件中 31 - 40件表示

「江の島花火大会」のニューストピックワード

  • ASUS 最新ビデオカード紹介&What’s PC VR?